2017年03月08日

国際女性デーに寄せて

今日は国際女性デー。性差別を解決する方法はただ一つ、全ての人々が多様性を寛容的に甘受することしかない。

異性を愛する人(ヘテロセクシャル)、同性を愛する人(ホモセクシャル)、両性を愛する人(バイセクシャル)、両性とも愛さない人(ノンセクシャル)と、性の在り方にはいろいろな形があり、旧来の男女感に基づく「男らしい」生き方や「女らしい」生き方にとどまらず、さまざまな性のあり方が衆知され一般化されてきている。そして、今後その傾向は進んでいくだろう。

そういった流れの中で性に対する偏見は薄らいで来たとはいえ、未だ日本社会にも隠然と偏見は残っている。謂れなき偏見には、断固NOを突きつけるべきなのは間違いない。

ただ、性差別をする差別主義者も、性差別を断じる反差別主義者も、「多様性を認めない」という点においては同じ穴のムジナである。要するに了見が狭いのだ。だから、過剰な表現弾圧が生じ無用な反発を産む。

「男らしい」生き方や「女らしい」生き方を誰かに強制するのは明らかに間違っている。と同様に「男らしい」生き方や「女らしい」生き方を好んで追求している人や団体に対して、「それはやめろ」というのも明らかに間違った姿勢である。

その昔、ソナタ形式の「第一主題」と第二主題」を、「男性主題」と「女性主題」と呼んだのを、後輩作曲家のRさんに咎められ撤回したことがあった。両主題の対比的な性格を旧来の男女感になぞらえる呼称、…子供の頃にどこかで学習し何の疑問も持たずにそれを使っていた。

Rさんはジェンダー論者なので、旧来の男女感を持ち出すこと自体に異議を唱えたのだろうが、私が撤回を受け入れた理由はそこに納得したからではない。音楽的に見て多種多様な対比性を持っている第一主題と第二主題の性格を、旧来の男女感というステレオタイプの二元論に嵌め込むことの愚を悟ったからである。

第一主題と第二主題が男性的・女性的というような二元論に押し込められるべきではないのと同様に、男性・女性の在り方も二元論に留まらず多種多様であるべきだ。しかし、第一主題=第二主題ではない(むしろ対比性を求められる)のと同様に、男性=女性とはならないのは自明の理である。

男性、女性、そしてトランスジェンダーの人たちが、それぞれに尊重し合う社会を築くために、行き過ぎた反差別主義とは今すぐに決別すべきだ。重箱の隅をつつくような表現弾圧からは何も生まれない。より自由でポジティブな発想で我々の未来を創り上げて行こうではないか。
posted by momo at 23:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

浜松駅のピアノ

よく浜松駅でひかりからこだまへ、またはこだまからひかり乗り換えるのですが、浜松駅の新幹線コンコース内には、SHIGERU KAWAIモデルが展示してあって、皆が弾くのでなかなか良く鳴ります。
今日も乗り換え時間を気にしつつ弾いて来ました。

♪DeaR『Re:LieF 〜親愛なるあなたへ〜』より
 作曲・演奏/せいんと☆ぴーち
https://youtu.be/LHDrQJTuDfM



周りの音がうるさいし、iPhoneの内蔵マイクで低音質。
フレーズを弾き間違えてるけど弾き直す時間なかったのは御勘弁を。

この曲は、ゲーム『Re:LieF 〜親愛なるあなたへ〜』に提供した、主要キャラクター司くんのテーマです。
http://rask-soft.com/product/first/

Unknown-2.jpeg
posted by momo at 11:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

東京ゲーム音楽ショー2017

本日2/25ディファ有明で開催の東京ゲーム音楽ショー2017、無事終了しました。
ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。

電車移動でこの荷物。これでもコンパクトにまとめた方なんです。

16938811_1318066874898962_3036920800773840014_n.jpg

我がゲーマデリックは2014年より4回連続出場。物販ブースにはCDやライブチケットをお買い求めのお客様の長蛇の列が。とてもありがたいことです。

16998160_1320756341296682_4393277940501682949_n.jpg

66aa4e_6e05234cc0144366a0eb5f8dd4be7c37~mv2.jpg

ライブステージに先立ち、出展コンポーザーによる集合写真撮影会。

16997718_1320757621296554_4414293043239414062_n.jpg

16998216_1320756381296678_437112675439547989_n.jpg

ステージからの逆客席撮影。熱烈なゲーム音楽ファンの皆様のおかげで我々の仕事が成り立ってます。感謝感激!

16998974_1320756397963343_1438419532304307860_n.jpg

お待ちかねのライブステージは、先月亡くなったゲーマデリック映像制作者の斎藤浩一さんの追悼トーク、そして4/29に発売を控えたニューアルバム「Re:birth」と同日開催のレコ発ライブのプロモーショントークに時間を割いたため、予定の5曲のうち3曲を演奏したところで残念ながらタイムオーバー。

16998201_1320756301296686_6365436457021779576_n.jpg

元セガS.S.T Bandの現在形Blind Spotのキーボード松前公高さん、森藤晶司さんの両巨頭と、東京ゲーム音楽ショー会場ディファ有明にて貴重な鍵盤3ショット。

16730344_1318283154877334_5551672519354072774_n.jpg

そして来る4/29(土)にはBlind Spotさんと、植松伸夫さん率いるEARTHBOUND PAPASさんをゲストにお迎えして、渋谷ギルティにてGamadelicレコ発ライブを決行!

66aa4e_e8595706421044da9df5a8cf58b192cf~mv2.jpg

ゲームミュージック3バンドのレアな共演。是非聴きに来てくださいね!
チケット購入はこちらから↓
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002218873P0030001
posted by momo at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーマデリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

古墳巡りの旅その2「芝丸山古墳」

先週の甲山古墳に続く古墳巡りの旅第二弾は、東京・芝公園内にあり、都内最大級の墳丘長125メートルを誇る前方後円墳・芝丸山古墳に行って来ました。
ずっと行きたかったのだけどなかなか機会が作れなかったのですが、今日は用事が午後遅くからだったのでちょっと廻り道をして見に行って来ました。

16649221_1312514402120876_7949601366916079235_n.jpg

16832372_1312514425454207_9173054304450353838_n.jpg

芝公園内は梅まつりの真っ最中。ピンクや濃い赤や白や様々の品種の梅が咲いて、春の訪れを感じさせました。

16640713_1312515152120801_3603823369034313919_n.jpg

後円部の直径が40メートルと、先週の甲山古墳より少し小ぶり。

16807688_1312514465454203_6725753688168653_n.jpg

頂上部からは東京タワーや増上寺を真近に望むことが出来て、よい立地です。

16640993_1312515532120763_7688451114414185424_n.jpg

16832187_1312515535454096_3098260287290617830_n.jpg

築造は五世紀前半と言われていて古墳としては比較的後期。きっとこの地方を治めた豪族のお墓なのでしょう。
posted by momo at 19:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

再び瀬戸へ

来たる2018年度公演の打ち合わせに瀬戸へ行って来ました。
昨年8月の「合唱劇“銀河鉄道の夜”」以来の瀬戸蔵ミュージアム。
ロビーの「ひなミッド」見事でした。

16684244_1306758222696494_7405788003930358329_n.jpg

16683906_1306758262696490_542392982057428447_n.jpg

ホールではピース合唱団の専属ピアニスト、野村知子先生の教室の試演会が行われてました。

16640761_1306758309363152_8910826091977176739_n.jpg

残念ながら本番は聴けませんでしたが、リハーサルをしっかり聴かせていただきました。

そして、瀬戸に来たらやっぱりここ。
田代のうなぎを食べなきゃ。

16708422_1306810079357975_4539491272746433870_n.jpg

16681543_1306810132691303_3905599081378624084_n.jpg

時間無くてテイクアウトでしたが…

16711886_1306810092691307_5886955811856703106_n.jpg
posted by momo at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 葉っぱのフレディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古墳巡りの旅その1「甲山古墳」

趣味の古墳巡りを復活させようと、今朝早起きして最初に訪れたのは、故郷愛知県岡崎市の甲山古墳(かぶとやまこふん)。
私が通ってた中学校の近くにあります。当時はここが古墳だなんて、誰も教えてくれなかった。

16711490_1306552532717063_28116995572007560_n.jpg

今でも表看板は無し、登って行くとようやく小さな看板に説明が。

16711533_1306929106012739_5255453653311500067_n.jpg

郷土の史跡をもっと大切にしてほしいなぁ。

この階段を上ると墳丘頂上。

16729149_1306552576050392_7493794268380515890_n.jpg

ここが頂上。何も目印がなく、国土地理院の三角点があるのみ。

16508582_1306552596050390_6180302185899593540_n.jpg

頂上付近からは市内が一望出来て、なかなか良い立地。

16603041_1306552542717062_5958843549331873242_n.jpg

この甲山古墳、長い間円墳だと思われていたのですが、最近の研究で前方後円墳では?という説が急浮上。もしそれが事実なら墳丘長100メートル超となり、三河地方最大の前方後円墳だそうです。

たぶんこんな感じだったのでは?

kabutoyama-s.jpg

続報が待たれますね。
posted by momo at 11:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

建国記念日

本日は建国記念日。

日本書紀にある「辛酉(かのととり)の年の元日に初代神武天皇が即位した」という記述を基に、江戸時代に旧暦紀元前660年1月1日(新暦2月11日)が日本建国の日と定められました。
伝承に基づく必ずしも正しくはない日付だろうけど、太古の昔に日本の礎が築かれた事実に想いを馳せ、日本の明るい未来を祈念する日だと思っています。

建国記念日を祝い、玄関に国旗を立てました。

IMG_1207.jpg

青空に日の丸がとても映えます。

小学校の図書館にあった漫画「日本の歴史」で古墳時代に興味を持った私は、次に現代語版の「古事記」を読んで日本神話の奥深い世界に傾倒しました。「因幡の白兎」や「海幸山幸」の逸話は有名ですが、冒頭のイザナギ・イザナミによる国造から魅力的なストーリーのオンパレードです。

特に小学生の私の心を捉えたのは、登場する神々のひたすら長い名前。
神武天皇の即位前の名前は「神日本磐余彦火火出見尊(かむやまといわれひこほほでみのみこと)」。そのお父上はさらに長くて「天津日高日子波限建鵜草葺不合命(あまつひこひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと)」。それらの長い名前を暗記することに夢中になっていました。さすがに35年経った現在では、もうほとんど忘れてしまいましたが…

歴代天皇の諡号を暗記することにも挑戦しました。神武−綏靖−安寧−懿徳−孝昭−孝安−孝霊−孝元…と続き、当時の124代昭和天皇までは遠く及びませんでしたが、33代推古天皇くらいまではスラスラと言えました。

今年の大河ドラマの「井伊直虎」は残された史料が少ないからドラマにしやすかったと制作者の談話がありましたが、神話時代こそ史料が少ないから脚色しやすいですよね。是非、神武建国の大河ドラマ作ってほしいなぁ。
posted by momo at 11:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

週刊マンガ日本史「仁徳天皇」

勤務先の専門学校の地下には結構大きな書店が入っていて、さまざまな分野の本が揃っている。今日その書店に立ち寄ってみて、こんな本が店頭に並んでいるのが目に止まった。

「週刊マンガ日本史改訂版100号 仁徳天皇」
(朝日新聞出版ジュニアシリーズ)
http://www.bmshop.jp/cgi-bin/bms/item.cgi
IMG_1198.jpg

存在を知らなかったが、数年前に発刊されたシリーズの改訂版で、この100号は昨日2/7に改訂発刊されたばかりらしい。

「趣味は何ですか?」と尋ねられることがある。音楽を聴くのも映画や舞台を観るのもゲームをやるのも、全て仕事絡み。じゃあ純粋な趣味は何かというと、実は「古墳巡り」。特に前方後円墳のあの鍵穴型が好き。
古墳に興味を持ったのは、小学校の図書館にあった漫画「日本の歴史」がきっかけ。20巻以上のシリーズで、古墳時代の記述も豊富だった。だから、この仁徳天皇の漫画本を見かけて、とても懐かしく感じた。ただ、昔の漫画はこんな美形に描いてなかったけどね。

20年ほど前に妹が大阪勤務だったとき、母と一緒に妹のところへ遊びに行ったついでに、堺にある大仙陵古墳(伝・仁徳天皇陵)を観に行ってきた。墳丘基底部面積103,410u。日本最大の古墳であり、面積で競えばピラミッドや秦始皇帝陵を凌ぎ世界最大のお墓でもある。
大仙陵.jpg

全周約3kmをゆっくり1時間以上かけて歩いてみた。天理にある行燈山古墳(伝・崇神天皇陵)くらいの規模なら、横から前方後円墳の墳丘の鍵穴型を見渡すことが出来るが、大仙陵古墳は近くから見てもまったく全体像がつかめない。ただただその巨大さに圧倒されたのを覚えている。
最近は忙しく時間が取れないのと、見応えのある大きな前方後円墳は奈良周辺に集中していて遠いのもあって、古墳巡りに行けてないけど、また行きたくなってきたなぁ。

ちなみにこの仁徳天皇の漫画本、夜にもう一度書店に立ち寄ったときには既に売り切れていた。自分でも読みたいし、息子に読ませるのにもちょうど良いと思い買いに行ったのだけど、入手出来ず残念。他の書店を探すか、注文するしかないか。朝日新聞出版のサイトを見ると、次号は日本武尊らしい。こちらも併せて読んでみたいと思った。
posted by momo at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

映画「ガチャガチャ/GACHA GACHA」ゆうばり映画祭にて上映

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017の上映作品ページに、私が音楽を担当した映画「ガチャガチャ/GACHA GACHA」の情報が掲載されました。
http://yubarifanta.com/films/4014/

gachagacha580x411.jpg

3/4土10:00〜と3/5日12:00〜の二回上映。楽しみです。
posted by momo at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画「ガチャガチャ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

Macと元号

新元号のことがあちらこちらで話題になってますが、Macユーザーにちょっとした豆知識。

Macの「日付と時刻」設定の「暦法」表示を「和暦」に設定すると、「平成29年」と元号で表示されます。私は和暦が好きなのでずっと前からその設定で使ってます。
ここまでならWindowsでも表示出来るのかもしれませんが、何とMacOSのカレンダーには綿々と続く歴代日本の全ての元号が登録されているのです。さすがApple!

このスクリーンショットは建久2年(西暦1192年)のカレンダー。
calender.png
そう、「いい国作ろう」でお馴染み、源頼朝が鎌倉に幕府を開いた年のカレンダーです。

なぜ私がそこに気がついたかというと、写真アプリで見た写真の撮影日付が「大化-618年」になっていたからです。
taika.png
「大化の改新」で知られる「大化」は日本で初めて使われた元号で、大化元年は西暦645年。何故かこの写真ファイルの日付が狂って西暦26年に撮影したことになって、それで「大化マイナス618年」という表示になったようです。
「何でMacで大化?」と思ってカレンダーを遡ってみたら、出るわ出るわいろんな元号。改めてAppleの底力を見せつけられた思いがしました。

そんなこんなで新しい元号がどんな元号になるのか楽しみです。よく若者が口にする「昭和の香りがする」とか、ヒーロー物の時代区分で使われる「平成ライダー」とか、我々日本人の生活に元号の感覚は染みついてますよね。
小学校の教室にあった日本史年表では「江戸時代」の次は「明治時代」「大正時代」となっていましたが、その後は「昭和時代」「平成時代」と続くのでしょうか?
30年で幕を引くことになるであろう「平成時代」とは、後から振り返るとどんな時代だったのでしょうか?
そして、再来年からスタートする日本の新時代が、明るく輝かしいものであることを祈るばかりです。
posted by momo at 23:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする