2005年12月03日

北陸へ

ファンタスティック・ピアノコンクール北陸地区大会の審査のため、
朝8時45分羽田空港発のANA機で小松空港へ。
予定より少し遅れて10時過ぎに到着。小松駅にバスで直行。
雨が降っていてかなり寒かった。傘は持ってこなかったが、
会場のこまつ芸術劇場うららは、駅の隣にあったので濡れずにすんだ。

審査員の入り時刻より1時間早く会場入り。すでにサウンドチェック中。
このコンクールの各大会で使われるオープニング曲
授賞ファンファーレ(1,2,3,4)は私が作ったものだ。
いつもそんなことはないのに、この会場で鳴らすと
なぜか音がこもっていて、PAさんが苦労していた。
たぶんMDをアナログコピーしているだろうから、その際に音質劣化したのだろうか?
自分でオリジナルの音源を持ってくればよかったが、あいにく携えていなかった。

12時半より演奏開始。
このコンクールは日本ではめずらしいポピュラー曲による
ピアノコンクールで、ローランドの主催となってから今年で4回目。
11〜12月の各地区大会の入賞者が、来年東京の全国大会に出場する。
今日の開催は北陸大会中高生の部と一般の部。
出場者の演奏はどれも熱演で、審査するのは本当に難しい。

18時半ごろ表彰式が終了。会場そばのハイパーホテル小松にチェックイン。
その後、スタッフのみなさんと合流して夕食を食べることになったが、
まわりにお店が少なくどこも満員で、ようやく見つけた焼肉店に入った。
焼肉は美味しかったが、明日の匂いが心配。

明日は午前中から小学生の部だ。


posted by momo at 23:59| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 審査・研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。