2006年04月25日

李香蘭

夜、劇団四季のミュージカル「李香蘭」を観るため、
新名古屋ミュージカル劇場
rikoran.jpg

1999年にオープンしたこの劇場に行くのは初めて。
昨日下見に付き合ってくれた、我々のカンパニーの元メンバーである、
やよいちゃんがアンサンブルで出演。
彼女の四季での舞台を観るのは、オンディーヌに続き二回目だ。

日本人でありながら中国人の養女となり、
中国名で活躍した女優、李香蘭。
史実を基にしている上に、このところ騒がしい日中関係を扱っているので、
難しい題材だ。でもこういう時代だからこそ、
この演目を観て欲しいという、浅利慶太さんの強いメッセージを感じた。
構成・演出面でも参考になる部分が多かった。

先日きょんきょんに頼まれてアレンジした「蘇州夜曲」も、
もちろん歌われていた。
三木たかしさんによるオリジナルナンバーも
親しみやすいメロディで、特に「中国と日本〜」と歌われる
主題歌が、なかなか耳について離れなかった。
posted by momo at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

時任家の坦々麺

夜はローランド東海センターのマネージャーT谷さんに
坦々麺の美味しい店「時任家」へ連れて行ってもらった。

tokitoya1.jpg

昼間下見に行ったアートピアのすぐ南側、
繁華街の路地を入ったところに時任家はあった。
普通の民家のような佇まいで、ちょっとした隠れ家的な雰囲気を漂わせている。

目的の坦々麺を注文。

tokitoya2.jpg
スープを辛めで注文したら、かなり辛かった。
でもさすがに美味しかった。機会があればまた食べに行きたい。
posted by momo at 22:00| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

氷川神社祭礼(音付き)

今日は自宅近くにある氷川神社のお祭り。
DSC00112.jpg

境内には屋台が並ぶ。今年は若干少なめかな?
DSC00109.jpg DSC00110.jpg
姫にたこ焼とりんご飴を買ってあげた。

笛太鼓の生演奏が風情を誘う。
DSC00002.jpg
(画像をクリックすると音が鳴ります)

神輿の行列が街を練り歩く。
PAP_0006.jpg DSC00129.jpg
この行列が出るのは3年に一度だそう。

いつも土日の祭礼が多くて、仕事で出ていることが多かったから、
こうやってゆっくり見物できたのは越してきて10年で初めてと言っていいかな?
日本の祭りはやっぱりいいね。

posted by momo at 18:34| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

合格!

土曜の午後は、小4・小1の兄弟にピアノを教えている。

一家が東京に越してきたのが昨年。
お兄ちゃんのまあくんを9月から教えている。
弟のあっくんは今月小学校入学と同時にピアノを始めた。
お兄ちゃんに刺激されたからだ。

お兄ちゃんのまあくんはとても耳がいい。
imageなどに入っているピアノ曲を聴いて、
楽譜に起こして弾いてしまう。
自分が小学生のころを思い起こしても、彼ほど聴音力はなかっただろう。

いつもレッスンの最後に聴音をやっている。
まず3〜4声の和音聴音♪
簡単なものだとすぐに取れてしまうので、
こちらも調子に乗ってかなりの不協和音を入れてみる。
調性判別が付かないような進行でも、彼は正確に聴き取れるのだ。

そして2声の旋律聴音♪。
即興で4小節くらいのを作って聴き取らせるのだが、
何回か聴いて楽譜を書き終えると、彼のアレンジ作業が始まる。
ところどころオクターブユニゾンにしてみたり、バス進行を変えたり、
エンディングを付けたり…。
そして、先生である私がその楽譜を完璧に覚えて弾けるまで、
許してくれないのだ。
今日はレッスン中p(ピアノ=弱く)の表現をうるさく言ったので、お返しとばかり、
エンディングにpppp(ピアニシシシモ=とてもとてもとても弱く)を付けて来た。
しかもとても速いアルペジオ(--;
何回か弾いて、やっと合格をもらった。
一体どちらが生徒か分からないね。

自分もそうだったが、男の子でピアノを続けるというのは、
いろいろ難しい面も多い。
彼らには大人になるまで続けて欲しいものだ。
posted by momo at 16:45| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

蘇州夜曲

3/29フレディ公演でダニエルを演じてくれたきょんきょんから、
アレンジの依頼が来た。

彼女は今月18日から、蘇州親善大使として訪中し、
向こうの音楽家たちと共演する。
その模様は中国全土にTV中継されるそうだ。
その舞台で日本の名曲「蘇州夜曲」とオリジナル曲「川蛍」を
歌うのにあたって、私にカラオケをアレンジ制作してほしいとのこと。
他ならぬきょんきょんの頼み、二つ返事で引き受けた。

訪中までの期間はわずか。超特急で仕上げなくては…。
でもきょんきょんは温泉に行ってしまった。
オリジナル曲の楽譜は帰り次第ファックスをもらうとして、
「蘇州夜曲」の資料をネットで集めてみた。

西条八十作詞・服部良一作曲のこの曲は、
昭和15年に公開された東宝映画「支那の夜」の主題歌。
最近だとサントリー烏龍茶のCMで使われたり、
平原綾香Jupiterのカップリング曲で歌ったりしている。

今まであまりこの曲に関心を払っていなかったが、
改めて聴くと、とっても美しくいい曲だ。
アレンジしがいがあるね。時間は無いが…。

とにかくきょんきょんの歌声が映えるアレンジを
心がけてがんばります。
posted by momo at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

花見

公演が一段落して時間が出来たこともあり、
家の近くの石神井川の川べりを、家族で花見がてら散歩してみた。

cherry1.jpg cherry2.jpg

川面に枝垂れかかるような咲き方が、何ともいえず美しく、
毎年この光景を見に行くのがとても好きだ。
posted by momo at 23:41| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二日間の公演を終えて

3/28、4/1とArt Blossomの公演が無事終了した。

3/28は「Dear England」と「葉っぱのフレディ」の
二つのオリジナル作品を演奏。

freddie01.jpg

メインの「葉っぱのフレディ」を2001年に初演した際は
演じ手一人にピアノ伴奏という編成だった。
それを2003年に二重唱と朗読に分け、2004年にピアノトリオの伴奏に編曲。
そして今回、伴奏を10人編成のサロンオケに拡張して上演した。

freddie02.jpg

歌や楽器を多人数でアンサンブル演奏したときの
魂の迸るような感覚は何物にも変えがたい。
フレディの編成を大きくするごとに、その感覚が強くなり、
新たな領域へと登っていく感じがする。
この作品は自分が一生かけて付き合っていくべき作品で、
これからきっとまた新しい形態へと変化していくことだろう。

4/1は打って変わって、カンツォーネをはじめ世界の歌のアレンジ。
川村哲也さんの歌とサロンオケの響きに、私のピアノを
うまく溶け合わせることができたと思う。

対象的な二つのステージを体験できて、充実した時間を
過ごすことができた貴重な1週間だった。

二日間通して、全てのメンバーと初共演だったにも関わらず、
予想以上に素晴らしい内容の公演にできたのは、
みなさんの実力と音楽に向き合う真摯な姿勢があったからこそだ。
フレディキャストのたっちゃん、きょんきょん、かよさん、
世界の歌の川村さん、そしてサロンオケのみなさん、
改めて感謝させていただきます。
どうもありがとうございました。
posted by momo at 23:07| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 葉っぱのフレディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

ゲネ中です

第二部ジャズのステージリハ風景。

takano.jpg

私の出演は第一部世界の歌です。
posted by momo at 18:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界の歌リハ

今夜が本番の「世界の歌」のオケ合わせのため、
昨日夕方からオリンピックセンターへ。

自分がアレンジした4曲とそれ以外に3曲、
全7曲を順番に合わせて行った。
今日は小練習室でアップライトだったため、
背中を向いてオケと合わせなければならず、
ちょっとやりにくかった。

オケのチェリストしまりす☆♪さんから、
エイプリルフールバトン回ってきました。
バトンて書き慣れないんだけど、とりあえず挑戦してみます。

============エイプリルフールバトン============
☆条件☆
4月1日のうちに、回答してまわす24時間限定バトン!

☆問い1☆
嘘の出来事X個と本当の出来事Y個。
X+Y=15になるように計15個の短文を書きましょう。
※どれが嘘か本当かは書く必要はありません。

1.子供の頃の夢は考古学者だった
2.パチンコへ行ったことがない
3.実は高所恐怖症だ
4.四国へ行ったことがない
5.ゴキブリを素足で踏み潰したことがある
6.ディズニーシーに行ったことがない
7.蜂に刺されたことがある
8.アメリカへ行ったことがない
9.布団よりベッド派
10.名古屋から京都まで原付で往復したことがある
11.足の大きさは28cm
12.納豆は大粒に限る
13.絶対音感がある
14.ラーメンはこってり派
15.夢の中で作曲することがある

☆問い2☆
とにかく回しまくりましょう。目標15人。
24時間限定バトンですから♪

回すのも苦手なんだよね。
誰か気が向いたらやってください。
posted by momo at 09:21| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | アレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする