2008年07月29日

続々々・女子高生からのメール

(※同日のmixi日記からの転載です)

<女子高生からのメール> シリーズ第四回です。
初めてお読みになる方は、ここから読んでも話が見えないと思いますので、
できましたら第一回からお読みくださいませ。

<女子高生からのメール>
http://solid.seesaa.net/article/286229890.html
<続・女子高生からのメール>
http://solid.seesaa.net/article/286236010.html
<続々・女子高生からのメール>
http://solid.seesaa.net/article/286237238.html

※四回目でタイトルどうしようか迷ったのですが、結局「続々々」にしました。


前回の日記に載せたsato makiさんからの本人情報メールに、
その前後に私が出したメールを合わせて、
先週末メテオス制作会社Q社に転送しておきました。
そして、週が明けて担当Hさんより以下の返信が到着。

============
お世話になっております。

返信遅くなり申し訳ありません。
吹奏楽で演奏したいとおっしゃっている方の情報了解いたしました。
丁寧にご対応いただき誠にありがとうございます。

確認の上、演奏は問題ないと判断できました。
★★★★様にもその旨お伝えいただけますと有難いです。

以上、よろしくお願いいたします。
============

Great!! 許諾降りてよかった!

HさんはQ社の開発部長のようなポジションで、
現在は発売を控えた音楽ゲームの開発のため、
休みなしで連日深夜まで働いているそうです。
そんな中、この許諾のためにご尽力いただいて本当に頭が下がります。
丁重にお礼のメールを返しておきました。

で、早速sato makiさんに許諾連絡メールを出しました。

============
★★★★さま

メテオス制作会社の担当者の方よりメールが届き、
「演奏は問題ない」とお返事をいただきました。
これで「おまえがゆく道」を演奏するのに、
外部的な障害は無くなったわけです。
ひとまずよかったですね。

この後は★★さんの方で、顧問の先生への説明と、
他の部員の方々の了解を得る作業をしていただけますか?
ステージで演奏する機会はすぐでなくてもいいですよ。
とりあえず練習してみたいというのでも構いません。
H高校吹奏楽部の総意として、
「おまえがゆく道」を演奏したいという依頼をいただければ、
編曲・楽譜作成に取り掛からせていただきます。

正式な依頼をいただくにあたっては、はじめに送ったメールに書いたように、
一度顧問の先生からご連絡をいただけますと幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。
============

そして、昨晩sato makiさんから返事が来ました。

============
桃井様

こんにちは。
連絡、ありがとうございました。本当に嬉しいです!
今日、顧問の先生に大体の説明をし、
依頼の時に桃井さんの方へ連絡するように伝えておきました。

まだ日程、演奏できるかはあやふやですが、
こちらも全部員への説明等を早急に済ませようと思いますので、
先生から連絡が来た時にはよろしくお願いします。
============

makiさん、部員の人たちへの説明がんばってね☆
演奏実現まであと一歩です。

to be continued…


♪♪♪♪♪♪ ここからコメント欄 ♪♪♪♪♪♪

YY 2008年07月29日 09:50
音楽で広がる輪ですね♪
素敵o(^-^)o
演奏出来ると良いですね


♪♪♪♪♪♪

MOMO 2008年07月30日 04:41

>YYちゃん
ありがとう。
今のところ順調に進んでますが、
順調過ぎて逆に何かありそうで怖いですね。


♪♪♪♪♪♪

YN 2008年07月30日 06:11

おー!、いい感じで進んでますね。

次は、
先生からどういう連絡が来るか?
他の部員達の反応はどうか?
でしょうか。まだ興味深いところがありますね。


♪♪♪♪♪♪

MOMO 2008年08月01日 14:19

>YNさん
昨日ライブ本番だったので、レス遅くなり申し訳ありません。
実はこの回からもう話が進んでますので、近々続編アップしますね。


♪♪♪♪♪♪

MR 2008年08月01日 15:23

先生から絵文字入のメールが届いたりして :p


♪♪♪♪♪♪

MOMO 2008年08月01日 17:55

>MRさん
いえいえ、とても丁重なメールをいただいています。
詳しくは続報で!


〜 つづきはこちら 〜
「最終回・女子高生からのメール」
http://solid.seesaa.net/article/286241342.html
 
posted by momo at 09:10| 東京 🌁| Comment(0) | 吹奏楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

続々・女子高生からのメール

(※同日のmixi日記からの転載です)

前々回・前回の日記からの続き
<女子高生からのメール>
http://solid.seesaa.net/article/286229890.html
<続・女子高生からのメール>
http://solid.seesaa.net/article/286236010.html


昨夜、sato makiさんからメールの返事が届きました。

============
桃井様

お返事、ありがとうございました。
そして幾つか気を悪くするような文章があった事をお許し下さい。
今、答えられる質問は答えさせて頂きます。
私の本名は ★★★★と申します。
所属学校は 東京都立H高校です。

高校の行事の日程、その行事で演奏できる曲数まだ正確に決まっていませんので、
いつ演奏できるかはまだ決まっていません。また、大変恥ずかしい話ですが、
おまえがゆく道 を演奏したいというのも一部の部員での話であり、
顧問の先生や全部員に演奏したいという意思を伝えたというわけではありません。
無責任にこのような連絡をしてしまい、申し訳ありませんでした。
そして、適切な処置をして下さり、有難うございました。

また連絡・質問等がありましたら、気軽にメールを送って下さい。
よろしくお願いします。
============

とっても素直でいい子ですね。
で、今朝返事を送りました。

============
★★★★さま

ご連絡ありがとうございます。
別に気を悪くしてはいませんよ。

万事了解しました。
ではやはりメーカー許諾の結果を待ち、
OKが出たら顧問の先生にご相談いただくのがいいようですね。

許諾の結果が来たら連絡します。
よろしくお願いします。
============

そんなこんなで、あとはゲーム会社からの返事待ちです。

私自身、中学・高校と吹奏楽部に所属してました。
今回のやりとりで当時のいろいろなことを思い出しました。

中学では、顧問の先生が指揮・指導を行なうとともに、
事務的なことも全てしてくださっていましたが、
高校では、顧問の先生は飾り程度で、
生徒の中から指揮者を決め、仕切りは部長の仕事。
私は二年時に部長として事務手続一切を担当していました。

楽譜や楽器を買うための予算を申請するのもその仕事の一つ。
県立高でしたので、毎年の部活動費は微々たるもの。
生徒会から配分された部活動費の中ででやりくりして、
必要な楽譜や楽器を買い揃えなくてはいけませんでした。
おまけに私が部長のときに、生徒会顧問のY先生と揉めて、
予算を削られてしまったりして、悲しい思いをしました。

私にメールをくれた高校生は都立高のようなので、
たぶん同じように活動費は多くないのではないかと推測します。

そういえば、高校時代に著作権のことでも苦労しました。
コンクールの自由曲でプロコフィエフの曲を演奏しようとしたら、
著作権料20,000円と言われ、もちろん少ない活動費の中から払えるはずもなく、
泣く泣くその曲を演奏するのを諦め、他の曲に変更しました。
当時はまだプロコの版権切れてなかったんですね。

今となってはどれもいい思い出です。

それでは、次はメーカーの許諾結果が出たら続編アップします。


♪♪♪♪♪♪ ここからコメント欄 ♪♪♪♪♪♪

TK 2008年07月26日 12:25

素直ないい子ですね!!
今後が楽しみです。


♪♪♪♪♪♪

NA 2008年07月26日 17:19

いい教育者になってますね♪


♪♪♪♪♪♪

MR 2008年07月26日 17:21

maki さんが18歳になってMIXI始めたらこの日記読むかなぁ。
いい方向に話が進むといいですね。


♪♪♪♪♪♪

YN 2008年07月26日 21:25

いい感じですね。
都立なんですね。

メテオスをやってないので、失礼ながら、
問題の「おまえの行く道」を聞いてなかったのですが、
ネットで探して聞きました。
これは、makiさんが演りたくなるのもわかります。

各種手続き(makiさんがちゃんと先生や他の部員に話をする、も含む)が
的確に進んで、是非、演奏が実現するといいですね。
近くなら是非聞きに行きたい位です。


♪♪♪♪♪♪

MOMO 2008年07月27日 00:26

>TKさん
社会経験は未熟だけど、こちらの指摘を的確に受け止めることができる
頭の良い子だなと感じました。

>NAさん
教育と呼べるほどのことをしたかどうか分かりませんが、
この子に気持ちが通じてよかったなと思います。

>MRさん
そういえばmixiは18禁でしたね。普段は意識してませんでしたが…。
私の日記は全体公開していないので、彼女がmixiに入っても
読む確率は低いと思いますが、どうでしょうねぇ。
読んで欲しいような、欲しくないような…

>YNさん
「おまえがゆく道」どこで聴きました? 私もググってみましたが、
現在まともに聴けるのはニコ動にアップされているメドレーくらいかな。
検索して聴いてみてください。流れるコメントも面白いですしね。

他にいくつか引っかかったのは耳コピMIDIデータで、どれも音間違いが気になります。
外部ブログで話題にしたニンドリのサイトに、私が打ったサンプル音源がありますが、
バンブラの発音数や音域の限界から、かなりパワー不足です。
少し前まではメテオスオンラインのトップで曲の一部が聴けました。
でも現在ではオンラインサービスが終了してしまい載っていません。


♪♪♪♪♪♪

YN 2008年07月27日 07:54

<「おまえがゆく道」どこで聴きました? 
ご推察の通り、ニコ動のメドレー(前編)と、ニンドリのサイトです。
ニコ動のコメントはダメなときは全然ダメなんですが、
これは面白かったですね。(^^)


♪♪♪♪♪♪

MP 2008年07月28日 10:12

たぶんとてもきちんとした学生さんなんだと思いますよ。
でも、最近の若い子は(と言った時点ですでに「私はオバサンです」と告白しているようなものだが・・・)、メールという媒体に早くから触れているので、重要なお願いも「軽く」問い合わせちゃう傾向があるように思います。
私も時々初対面の人から「留学の情報ください☆」とか「このノルウェー語を翻訳して下さい♪」みたいなメールをいただきますけど、対応に困るときがあります。
個人的にはかなえてあげたいですけどね、一生懸命な人には。
でも忙しいときにボランティアはきつい。。。

しかし自分の曲を「演奏したい」と思う人がいるって作曲家冥利につきますね〜。


♪♪♪♪♪♪

MOMO 2008年07月28日 17:47

>YNさん
やっぱニコ動でしたか!
批判的なコメントが無くてホッとしました(笑)

>MP先輩
なるほどね! 我々の若いころとは感覚が違うんですね。
確かにフットワークが軽いという点では悪くない気がします。
今回もそれで山が動いたわけですからね。

> 作曲家冥利につきますね〜。
ホントにその通り。ありがたいことです。


〜 つづきはこちら 〜
「続々々・女子高生からのメール」
http://solid.seesaa.net/article/286239034.html
 
posted by momo at 11:58| 東京 🌁| Comment(0) | 吹奏楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

続・女子高生からのメール

(※同日のmixi日記からの転載です)

前回の日記「女子高生からのメール」の続報です。
http://solid.seesaa.net/article/286229890.html


皆様からいろいろご意見をいただきましたが、
基本的に何とか演奏させてあげる方向で動くことにしました。

まずメテオス制作会社Q社に女子高生のメールを転送し許諾を依頼。
早速担当のHさんから、「個人的には問題ないかと思いますが、
Q社内と発売元B社の許諾確認を取りますのでお待ちください」
とのお返事をいただきました。

それで、依頼主である女子高生には以下の返事を返しました。

============
sato makiさま

メール拝見しました。

「おまえがゆく道」を、気に入っていただきありがとうございます。
作曲した私としても、メテオスの楽曲の中で特に思い入れの深い曲なので、
makiさんのような多くのメテオスファンから支持されているのは、
ありがたいことです。

吹奏楽で演奏したいという気持ちもとてもうれしいですし、
できればそれが実現できるといいなと思っています。
でも、一般的なゲームミュージックの多くは作曲者ではなく、
ゲームを制作または発売した会社が著作権を持っているのです。

ですので、メテオスの制作会社に私から連絡しました。
まだ先方から演奏していいかどうかの返答が来ていないので、
しばらくお待ちください。

makiさんに、いくつかお願いがあります。

まず、makiさんの正確な氏名と、所属する学校名、
そして、どのような日程や場所で「おまえがゆく道」を演奏する予定なのか
早急にお知らせください。
このような依頼を行なうにあたっては、
はじめに自分が何者なのかをきちんと名乗るのがエチケットかと思いますので、
今後は気をつけてくださいね。

そして、makiさんもメールに書いているように、
そちらの吹奏楽部の編成に合わせて楽譜を作るのは、案外大変な作業になります。
一般的な吹奏楽団から比べて小編成ですし、
あまりにも演奏が難しい楽譜にならないように配慮しなくてはいけませんしね。
本来ならば、そこで相応の編曲料が発生してしまいます。
でも今回に関しては、メールを送ってきてくれたmakiさんの熱意をふまえて、
お金をいただくようなことは考えていません。
ただそれが特別なことなのだと、わかってください。

最後に、もしゲームメーカーから演奏の許諾がもらえたらの話ですが、
吹奏楽部の顧問の先生など、責任が持てる大人の方に事の詳細を伝え、
(このメールを印刷して読んでいただくのがいいかもしれません)
その方から私までご連絡をいただくようお願いいたします。

私の連絡先を一通り記しておきます。

以上、よろしくお願いいたします。
============

今のところはそんな状態です。
続報またアップします。


♪♪♪♪♪♪ ここからコメント欄 ♪♪♪♪♪♪

HE 2008年07月25日 11:58

こんにちは

著作権、難しすぎ
音楽の仕事をしていると
「これは合法」とか
「ちょっと違反」とか考えなくてはいけない場面がよくありますよね

今回の件、興味津々で読ませていただきました
桃井さんの音楽を愛するがゆえの暖かい判断に拍手
・・・ですが、本当に特別なことですよね

発表会で弾く曲にまで規制がかかるとは
この先悩みは増える一方

さっき元師匠から電話があって
発表会の歌の伴奏をたのまれ
「楽譜送るから」って言われました
まちがいなく「copy」の楽譜が届きます

これもNGですよね
ううっ


♪♪♪♪♪♪

YN 2008年07月25日 12:17

すばらしい返事ですねー。
送られてきた文面を見る限り、これで変に受け取るような子ではないでしょう。

この後、
ゲームメーカーの対応がどうなるか、
sato makiさんからどんな返事があるか、
など、興味は尽きませんが、
顧問の先生の反応も楽しみです。
顧問の先生は知っているのか(知らないと思いますが)
その先生に一般的な音楽活動についての知識がある
(=桃井さんにどんなことをお願いしているのか?を理解している)場合に、
どんな反応をするか、とか。

ゲームメーカーが×を出して終わり、という
最もつまらない結末にならないよう祈りつつ、
続報を楽しみにしてます。


♪♪♪♪♪♪

TK 2008年07月25日 12:33

こんにちは!

興味深く読ませてもらっています。
以前ニュースかなんかで読んだのでは「教育現場での使用に関しては著作権は問わない」という物でした。

その時は漫画を授業に使う為にコピーして配布する事に関しての記事でしたが、音楽も同様だと締めくくっていました。

教育が主な使用目的であり、営業とは異なるという判断だった様です。
この辺の基準が現在どういう状態になっているのか不明ですが、確かに「学校の発表会で演奏する主な目的はお金を儲ける事では無い」と思えば、著作権の適応外なのかな?…とも思いますが、どうなるんでしょうね…

当然僕なんかがドラムを教えている教室では営業に当たりますから、そういう質問に回答する事はNGとなります。
生徒にも市販の楽譜を持ってきた場合「その質問には答えられない」という事を説明しています。


♪♪♪♪♪♪

MOMO 2008年07月25日 20:03

>HEさん
そうそう、伴奏者にコピーの楽譜を渡したり、
オケのパート譜をプルートの数だけコピーをしたりするのはNGですね。
でも、私の個人的な意見を言わせてもらえば、
これは少々行き過ぎではないかと思います。
もちろん作曲家の印税収入を守るという大義名分はありますが、
どちらかといえば出版社の権益を守るための枠組みという意味合いが大きく、
音楽の普及という側面からは、明らかに障害となっている気がします。

>YNさん
「最もつまらない結末」にはならないような感触は得てますが、
一寸先は闇、どうなるか分かりませんね。
次の展開楽しみにしててください。

>TKさん
「教育現場での使用に関しては著作権は問わない」というのは、
あくまでも学内の使用に関してではないでしょうか?
学外の定期演奏会などで演奏するのなら、
入場料の有料・無料に関わらず、著作権処理は必須だと思いますよ。


♪♪♪♪♪♪

MR 2008年07月25日 23:23

makiさんはこの件ですごい勉強ができますね、いろいろと著作権以外まで。
いい経験になりそうです。


♪♪♪♪♪♪

TN 2008年07月26日 00:22

素晴らしい対応だと思います。頭が下がる思いです。

吹奏楽部で、やりたい曲がそれほど難しくなくできるのは何故だろう?と、
考えるきっかけになってくれれば嬉しいですね。

同じ譜面を演奏する仲間が全国にいて、そのために編曲という仕事をして譜面という
"商品"を作る人がいて…という全体図は、
ただ単に与えられた譜面をやっているだけでは気付きにくい現実なのかもしれません。
(元・吹奏楽部員の感想です)

大変な作業が残っていますが、頑張ってください


♪♪♪♪♪♪

NI 2008年07月26日 02:51

素晴らしい対応!権利を持つ会社やメールをくれた子に、この桃井さんの想いが正しく通じればサイコーですね!
結果が楽しみです。


♪♪♪♪♪♪

MOMO 2008年07月26日 10:33

>MRさん
中高生にとって吹奏楽やオケ、合唱などの部活動は、
音楽業界のしくみを知るいい機会になりますね。
自分も高校時代に吹奏楽部で部長をしていて、
著作権問題で四苦八苦したのを思い出しました。

>TNさん
TNさんも吹奏楽のご出身なんですね。
中高生のころの私は、誰それの編曲はいいとかコイツはだめだなんて
えらそうに言ってましたが、今思うと恥ずかしい限りで、
譜面を作り上げる苦労までは思いが至ってませんでした。
自分がその立場に置かれて初めて分かることってあるものです。

>NIさん
前の日記を書いたときにはどう処理しようか迷いがあったのですが、
NIさんのコメントに背中を押していただいた形になりました。
ありがとうございました。


♪♪♪♪♪♪

NA 2008年07月26日 17:18

すでに乗り遅れた話題になっている・・・。


♪♪♪♪♪♪

MOMO 2008年07月26日 23:49

>NAさん
いえいえ、乗り遅れてはいませんよ


〜 つづきはこちら 〜
「続々・女子高生からのメール」
http://solid.seesaa.net/article/286237238.html
 
posted by momo at 11:32| 東京 🌁| Comment(0) | 吹奏楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

女子高生からのメール

(※同日のmixi日記からの転載です)

昨夜、晩御飯を終えPCの電源入れてメールチェックすると、
見慣れないアドレスからのメールが…

----- Original Message -----
From: "sato maki"
To: <*****@momoi.**>
Sent: Tuesday, July 22, 2008 8:22 PM
Subject: こんにちは。

こんにちは、はじめまして。
吹奏楽部やってます高校生です。メテオスやってます高校生です。
「おまえがゆく道」が大好きで、これ聞く為だけにDSを起動させる事もしばしば。
そこで、おまえがゆく道を吹奏楽部で吹きたいと思っています・・・
楽譜を送っていただけると嬉しいんですが、大丈夫でしょうか?
問題がありましたら、許可を出さなくても構いません。
許可をする時にもしない時にも、返信をしてくださると嬉しいです。

返信は  にお願いします。

部員(楽器)は

クラリネット3人、フルート2人、チューバ1人、ユーフォニウム1人、
テナーサックス1人、アルトサックス2人、ホルン1人、
トランペット3人、トロンボーン2人、パーカッション2人 です。

それぞれの楽器のパート譜を作るのは大変だと思いますので、
返事はゆっくりで大丈夫です。

以上です、突然すみませんでした。
============

といった内容だった。

「メテオス」は2005年に発売されたNINTENDO DSのソフトで、
オープニングやメニューなど主にイベント系の曲を私が作曲した。
「おまえがゆく道」はメニューのBGMで、このゲームのテーマ曲とも言える。

※私の外部ブログ「音紡ぎ」に、
 「おまえがゆく道」の楽譜が雑誌掲載された際の記事があるので、
 よろしければご参照ください。
 http://solid.seesaa.net/article/26253352.html

私の曲をそれほどまで気に入ってくれたこの高校生。
気持ちは大変うれしいし、是非演奏させてあげたいと思う。
こうやって作曲者にメールしてくることも、相当勇気が必要だったであろう。

だが、何点か問題がある。


<1.著作権について>

私のようなフリーの音楽家がゲームミュージックの作曲を担当する場合、
作った楽曲の著作権がどこに帰属するかは、制作時の契約によるのだが、
通常は発売元のゲームメーカーが版権ごと買い取るという契約を結ぶことが多い。
でないと、二次商品を作るときなどにややこしいことになる。
「メテオス」も例に漏れず、発売元のB社と制作会社のQ社が版権を所持しているので、
私が許可を出せば演奏できるというものではないのだ。

もし学校内で演奏するだけなのなら、
それほど細かいことを気にしなくてもいいのではと思われるかもしれない。
だが、以前どこかの学校で卒業記念に学年全員でプールの底にミッキーマウスを描いたら、
ディズニーからクレームが来て、泣く泣く塗り潰したという事例もあるので、
学校内で演奏するだけだとしても、ちゃんと許諾を取った上でするのが最善だと思う。
少なくとも私が許諾無しで楽譜を送るわけにはいかない。


<2.アレンジについて>

文面から察する限り、この高校生は無償で「おまえがゆく道」の楽譜を
送ってもらおうと考えているようだ。
たしかにこの曲は、打ち込みでありながらオケを想定したアレンジを施してあるので、
吹奏楽にそのまま置き換えて楽譜を作るのは、それほど難しくはない。

ただし、メールにある楽器編成は一般的な吹奏楽団に比べかなり小編成なので、
相当な音減らしが必要だ。特に「ホルン1」というのがつらいな…
あとこの学校の演奏技術によっては、簡単に吹けるように配慮しなくてはいけない。
だからたぶん面倒なアレンジ作業になるであろう。

私は、もし上記の許諾問題がクリアになったとしたら、
この子の熱意に免じて無償でアレンジしてもいいと思っている。
ただ、それがどういうことなのか、この子にちゃんと理解をしてほしいのだ。


<3.マナーについて>

このメールには、はっきりとした差出人名がない。
送信者の欄で「sato maki」という名前は見て取れるが、
「佐藤まき」なのか「真木さと」なのかも不明。
性別も書いてないが、ローマ字名から考えると女子高生だろう。
また、この子が何県のどこの高校に通っているのかも全く分からない。

高校生といえども、見ず知らずの他人にものを依頼するときには、
所属する学校名と氏名をきちんと名乗ってから本題に入るべきではないだろうか。


以上のことを踏まえ、彼女を傷つけないような返事を書こうと思案中。
それに、やはり彼女の所属する吹奏楽部の顧問の先生を介して、
交渉を進めた方がいいだろうな。

返事を出して、何か進展があればここで報告します。


♪♪♪♪♪♪ ここからコメント欄 ♪♪♪♪♪♪

TN 2008年07月23日 08:11

ご無沙汰しています。お元気ですか?

なかなか難しい問題ですね。似たようなことが自分にもありました。
(「あなたがアレンジした曲をライブでやるために耳コピしてます!難しいですね!」という
メールが送られてきて、頭を抱えてしまいました…)

色々な人が作品に関わり、それぞれの権利があって、表からは見えない苦労が
たくさんあって、やっと音楽が完成している…という事は、アマチュアさんや若い人たちには
なかなか伝わりにくいのかもしれませんね。
それを教えるはずの教育も、どうかしてしまっている、というのが率直な感想です。

ご健闘と、万事上手く行くことをお祈りします。


♪♪♪♪♪♪

NI 2008年07月23日 19:29

学校の吹奏楽で演奏したいなんて、ステキな話ですね!版権元の会社に声掛けしてあげたらいかがでしょうか。桃井さんが少し手間にはなっちゃいますが、、
似た話がうちの版権物にも以前あって、楽しそうだったのでOK出したことがあります。吹奏楽アレンジや指導なんてのも面白そうですね。


♪♪♪♪♪♪

NA 2008年07月23日 23:26

悩まれますね・・・。
話が通れば、の中に、「誰が」ってのはありますよね。
youtube他では、むしろ推進派と、むしろ保護派も分かれていて、大変悩ましい気がします。

冷たいようなんですが、おいらの場合、「誰」がわからないと何もしない、なんてのが大人からの無言のメッセージのような気もしますが・・・・。

ちなみに、学校って、結構な無法地帯ですよね。教育ならなんでもあり、見たいな・・・。

書きたいこと書いちゃいました。


♪♪♪♪♪♪

MR 2008年07月24日 00:44

やっと文化に対しても理解が広がってきた昨今なので、そろそろ学校で著作権っていうものの教育をしてもいい頃になってきたかしれませんね。
ついでに著作隣接権のことも付随させておいていただければ、スタジオ仕事をやってきたもんとしてはうれしい限りです。

続報をいい意味で楽しみにしています。


♪♪♪♪♪♪

MOMO 2008年07月24日 01:18

お三方それぞれのご意見参考になりました。ありがとうございます。

>TNさん
ご無沙汰です。いつもお忙しそうですね。
うちにも耳コピMIDIデータが送られてくることがありますが、
「ごくろうさま」と言ってあげます。音間違いは指摘しますが…。
他の芸術分野は、創り手⇒受け手の関係が割りとシンプルなのに対し、
音楽は、作曲⇒編曲⇒演奏⇒鑑賞と段階が多いのも、問題が複雑化する要因ですかね。
プロの音楽家でも版権のことを細かく把握してない人もいるくらいなので、
アマチュアの人たちにはなお一層伝わりにくいのでしょう。

>NIさん
私もできるだけ彼女の夢を叶えてあげる方向で考えてますし、
いろいろ周りを巻き込んで話を大きくするのもありかなとも思います。
ゲーム会社がどこもみんな、NIさんの会社のように
「楽しければOK」みたいな大らかさを持っていればいいのですが、
N社さんのように、子供がピアノ発表会で大好きなMリオの曲を弾くのも
許さないみたいなところもあるのは寂しい限りです。

>NAさん
前世紀の権利ビジネスモデルは、この時代には最早通用しないのに、
未だに頭の転換ができない人たちがいるのには困ったものです。
本当の意味で創り手の権利が守られ、受け手が芸術資産の恩恵を享受できる、
そんな体制が早く確立できたらいいなと思います。


♪♪♪♪♪♪

YN 2008年07月24日 01:20

いろいろお世話になっております。

いやー、何はさておき、ネタとしてものすごく
「面白い」
ですね。(失礼!)

3.マナーの観点だけでも、
「大丈夫でしょうか?」とか、
「許可を出さなくても」とか、
表面的にはかなり失礼な物言い。
がんばって、丁寧に、敬語を使おうとしている気持ちは
伝わってくるんですが..

動きがあったらぜひ教えてください。


♪♪♪♪♪♪

MOMO 2008年07月24日 01:34

>MRさん
コメントすれ違いでした。ごめんなさい。
TNさんやMRさんのご指摘のように、
音楽教育のあり方を根本的に見直す時期なのかもしれません。
著作隣接権の保護も確かに重要ですね。

>YNさん
面白く感じていただきありがとうございます。
いやいや、一般高校生に社会人並みの敬語を期待するのは無理なので、
言葉遣いはご愛嬌ですね。ご指摘の通りで寧ろ微笑ましい。
でも最低限「ちゃんと名乗れよ」というのは、柔らかい言い方で返そうと思います。


さてさて、こんなに反響があると続報アップせざるを得ませんね。
皆様、しばしお待ちくださいませ。


〜 つづきはこちら 〜
「続・女子高生からのメール」
http://solid.seesaa.net/article/286236010.html
 
posted by momo at 07:11| 東京 🌁| Comment(0) | 吹奏楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

ライブチケット完売です

おかげさまで7/31「ASAMI and MOMOI Summer Live」チケット
彩響舎取扱分は完売いたしました。
どうもありがとうございました。

お買い求めいただけなかった方も、
またの機会によろしくお願いいたします。
posted by momo at 17:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | うつくしい のはら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

ライブのお知らせ

summer_live.jpg

今月末7月31日の夜、高田馬場でライブをやります。

メインボーカルは岡村麻未さん。
「銀河鉄道の夜」「うつくしい のはら」の各初演時に主演を務めた、桃井作品には欠かせない歌い手さんです。これまでさまざまなミュージカルステージやコンサートでずば抜けた歌唱力を披露してきました。ライブでは、私の作品以外にも、ポップス、ミュージカルナンバーを聴かせてくれます。

ゲストボーカルは松原剛志さん。
東宝ミュージカル「レ・ミゼラブル」フイイ役や、ウルトラマンTVシリーズの主題歌で活躍中。ライブでは、ポップス、ミュージカルナンバーのレパートリーに加え、ウルトラマンシリーズの主題歌も歌ってくれます。

ゲストヴァイオリンは鈴木智子さん。
6月14日の「宇宙からの贈りもの」で共演したオーケストラのコンサートマスターを務めた、若手実力派のヴァイオリニストです。桃井作品を演奏してくれるのは初めてなので、どんな融合反応が起きるのかとても楽しみです。

以下詳細です。


【〜ASAMI and MOMOI Summer Live〜】

▼日時
2008年7月31日(木)
オープン 19:00 スタート 19:30
▼場所
四谷天窓.comfort (高田馬場駅徒歩3分)
新宿区高田馬場3-4-11 BaBahatch5階
TEL:03-5338-6241
▼チケット
前売:2500円、当日:3000円
+(1drink)500円
▼出演
岡村麻未(Vo)、桃井聖司(Pf)
ゲスト:松原剛志(Vo)、鈴木智子(Vl)
▼プログラム
♪音楽劇「銀河鉄道の夜」(原作:宮澤賢治 脚本・音楽:桃井聖司)より
 「夜空に輝く星たちよ」「沈没」etc.
♪ウルトラマンシリーズ主題歌より
 「ウルトラマンメビウス」
 「ウルトラマンコスモス〜君にできるなにか〜」
♪ミュージカルナンバー
 「ポピュラー」(ウィキッド) 「愛せぬならば」(美女と野獣)
 「星のさだめ」(アイーダ) etc.
♪ディズニーナンバー
 「カラー・オブ・ザ・ウィンド」(ポカホンタス)
 「ホール・ニュー・ワールド」(アラジン) etc.
♪洋楽・邦楽ポップス
 「素顔のままで」「太陽の地図」「最後の雨」etc.


チケット申込は彩響舎 sks@composer.jp まで
ご来場お待ちしております!
posted by momo at 08:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

「うつくしい のはら」東京初演 〜 ライブのお知らせ

summer_live.jpg

今月末7月31日の夜、高田馬場でライブをやります。

5月24日に豊橋のいのちの音楽会で初演した私の新作、音楽詩「うつくしい のはら」東京地区での初演となります。西原理恵子さんの同名漫画を原作とした短編一人ミュージカルです。それに加え前作「銀河鉄道の夜」から選りすぐりの数曲を演奏します。

メインボーカルは岡村麻未さん。
「銀河鉄道の夜」「うつくしい のはら」の各初演時に主演を務めた、桃井作品には欠かせない歌い手さんです。これまでさまざまなミュージカルステージやコンサートでずば抜けた歌唱力を披露してきました。ライブでは、私の作品以外にも、ポップス、ミュージカルナンバーを聴かせてくれます。

ゲストボーカルは松原剛志さん。
東宝ミュージカル「レ・ミゼラブル」フイイ役や、ウルトラマンTVシリーズの主題歌で活躍中。ライブでは、ポップス、ミュージカルナンバーのレパートリーに加え、ウルトラマンシリーズの主題歌も歌ってくれます。

ゲストヴァイオリンは鈴木智子さん。
6月14日の「宇宙からの贈りもの」で共演したオーケストラのコンサートマスターを務めた、若手実力派のヴァイオリニストです。桃井作品を演奏してくれるのは初めてなので、どんな融合反応が起きるのかとても楽しみです。

以下詳細です。


【〜ASAMI and MOMOI Summer Live〜】

▼日時
2008年7月31日(木)
オープン 19:00 スタート 19:30
▼場所
四谷天窓.comfort (高田馬場駅徒歩3分)
新宿区高田馬場3-4-11 BaBahatch5階
TEL:03-5338-6241
▼チケット
前売:2500円、当日:3000円
+(1drink)500円
▼出演
岡村麻未(Vo)、桃井聖司(Pf)
ゲスト:松原剛志(Vo)、鈴木智子(Vl)
▼プログラム
♪歌とヴァイオリンとピアノによる音楽詩「うつくしい のはら」
 (原作:西原理恵子 脚色・音楽:桃井聖司)
♪音楽劇「銀河鉄道の夜」(原作:宮澤賢治 脚本・音楽:桃井聖司)より
 「夜空に輝く星たちよ」「証明の歌」etc.
♪ウルトラマンシリーズ主題歌より
 「ウルトラマンメビウス」
 「ウルトラマンコスモス〜君にできるなにか〜」
♪ミュージカルナンバー
 「ポピュラー」(ウィキッド) 「愛せぬならば」(美女と野獣)
 「星のさだめ」(アイーダ) etc.
♪ディズニーナンバー
 「カラー・オブ・ザ・ウィンド」(ポカホンタス)
 「ホール・ニュー・ワールド」(アラジン) etc.
♪洋楽・邦楽ポップス
 「素顔のままで」「太陽の地図」「最後の雨」etc.


チケット申込は彩響舎 sks@composer.jp まで
ご来場お待ちしております!
posted by momo at 22:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | うつくしい のはら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする