2008年08月03日

最終回・女子高生からのメール

(※同日のmixi日記からの転載です)

<女子高生からのメール> シリーズ第五回です。
初めてお読みになる方は、ここから読んでも話が見えないと思いますので、
できましたら第一回からお読みくださいませ。

<女子高生からのメール>
http://solid.seesaa.net/article/286229890.html
<続・女子高生からのメール>
http://solid.seesaa.net/article/286236010.html
<続々・女子高生からのメール>
http://solid.seesaa.net/article/286237238.html
<続々々・女子高生からのメール>
http://solid.seesaa.net/article/286239034.html


7/31にライブ本番があり、その後も仕事が詰まっていたせいで、
すっかり更新間隔が空いてしまいました。
ですが、事態はちゃんと進展していました。

前回の日記からほどなくして、sato makiさんの所属する吹奏楽部の顧問の先生より
ご丁寧なメールを頂戴しました。

============
桃井様

私は東京都立H高等学校吹奏楽部顧問 ◆◆◆◆と申します。

この度は本校吹奏楽部 ★★の無理なお願いにお答えくださってありがとうございます。
★★からの申し出を聞き、桃井様のお返事のメールを読み驚いております。
演奏の件は私を含めた部員たちにとっても大変喜ばしくありがたいことと考えています。
ただ、著作権などの諸問題について桃井様にご迷惑をおかけしないのかと心配しておりますが、
諸問題がクリアできるのであれば是非「おまえがゆく道」演奏の件お願いしたいと思います。

とりいそぎ失礼とは思いましたが、メールにてご連絡いたしました。
後日あらためましてお願いのお電話をさせていただきます。
============

それに対し、私もすぐに返事を書きました

============
◆◆◆◆様

はじめまして。早速のご連絡ありがとうございます。
「おまえがゆく道」の件ではお世話になります。
どうぞよろしくお願いいたします。

★★★★さんからのお申し出、確かにメールをいただいた当初は戸惑いました。
でも、私の曲を気に入ってくださりメールまでいただいた熱意に絆され、
「メテオス」制作会社であるQ社に話を持ちかけましたところ、
販売元であるB社にもご確認いただいた上で、演奏についてご快諾いただきました。
両社から許諾をいただいた時点で、貴校に演奏していただくことについて
著作権上の障害は無くなりましたので、ご安心くださいませ。

ただし、今後私が楽譜などの楽曲資料を提供した場合に、
それらが無断で二次使用されるような事態が起こりますと、
版権元である上記二社のご好意を踏みにじる結果となります。
ですので、私が提供させていただく楽譜および楽曲資料について、
◆◆先生の手で責任を持って管理していただくようお願いできますでしょうか?

また、★★さんへのお返事に書きましたとおり、
今回については編曲料その他の料金をいただくつもりはありません。
演奏実現の際、できましたら公演の録音もしくは録画を
いただくことができましたらうれしいです。

それでは、またのご連絡をお待ちしております。
よろしくお願いいたします。
============

sato makiさんも部員の人たちへの説明を終えたようで、

============
演奏の日程ですが、文化祭はもうすぐなのでちょっと厳しいので、
曲の演奏は一年の締めの定期演奏会にできると思います。
よろしくお願いします。
============

というメールが来ました。
で、その後は実際の曲サイズをどうするかやりとりしてます。
彼女たちの文化祭が終わる時期に合わせてアレンジを完成させ送るつもりです。

一人の女子高生の熱意が大人を動かし、ここまでこぎつけました。
その過程では、この日記にコメントを付けていただいたマイミクさんたちの、
的確なアドバイスがあったことは見逃せません。

TNさん、NIさん、NAさん、MRさん、YNさん、
HEさん、TKさん、MPさん、YYさん

どうもありがとうございました。
やはり“持つべきものは、マイミク”ですかね。

<女子高生からのメール>シリーズは今回で一旦終了させていただきます。
彼女たちが高らかに「おまえがゆく道」を演奏してくれたときには、
また報告をアップしたいと思っています。

長文を読んでいただき、どうもありがとうございました。


♪♪♪♪♪♪ ここからコメント欄 ♪♪♪♪♪♪

MK 2008年08月04日 00:01

やりとり全部拝見し、心温まりました。
きっと彼女たちは高校時代の部活の思い出として一生このことを忘れないでしょうね。
じーんときました。


♪♪♪♪♪♪

HE 2008年08月04日 00:42

一曲の演奏のために
こんなにたくさんの大人が動いてくれたこと
&動いてくれないと演奏も難しいこと

多くのことを学んで
きっと彼女はひとまわり成長するんじゃないかなあ。。。
と思います

定期演奏会が楽しみですね


♪♪♪♪♪♪

TY 2008年08月04日 01:58

最近、mixiできてなくて...ようやく全部 まとめて読みました〜〜
「著作権」に関する事を、知らない人に伝えるのって、
本当に難しいですよね〜
それを...ホント素晴らしいです。桃井さん
先程 ググって、さっそく聴いてみました カッコイイ曲ですねぇ
演奏したくなる気持ちが すごーーく わかります
吹奏楽での生演奏も聴きたいです!!!
それにしても。その女子高生は、一生の思い出になるでしょうね


♪♪♪♪♪♪

MOMO 2008年08月04日 08:05

>MKちゃん
大人になってからの出来事は昨日のことすらよく思い出せないのに、
高校時代のことって結構記憶に残っているものなんですよね。
彼女たちにとって、良い思い出になってくれるといいなと思います。

>HEさん
彼女はいろいろなことを吸収してくれていると思います。
現在、曲構成のやりとりをしている中でも、音に関する感性がとてもいい。
将来有望な高校生です。
どんな演奏をしてくれるか、定期演奏会が私も楽しみです。

>TYさん
お忙しそうですね。暑い中お体に気をつけてくださいね!
お褒めいただきありがとうございます。
でも私一人の力でなく、皆さんが誠意を持って対応していただいた結果だと思います。
「おまえがゆく道」聴いていただいたんですね。ありがとうございます。
ネットにいろいろな形態でアップされているので、
どんな音で聴いていただいたのか気になりますが…


♪♪♪♪♪♪

MR 2008年08月04日 09:57
すごいなぁ、桃井さん、本当にすごいなぁ。
こころ温まるお話をありがとうございました。


♪♪♪♪♪♪

NA 2008年08月05日 13:07

なんか名前がある!(^^)テレテレ・・・。

なんかちゃんと物語になってますね!
すばらしいなぁ、音楽の世界って。

おいらもなんか活動したいなぁ・・・なんてね。
↑意外と地味でも活動やめないアマチュアタイプ


♪♪♪♪♪♪

MOMO 2008年08月06日 06:38

>NAさん
プロ・アマ関係なく音楽を通して心が通い合うことってありますよね。
それはお金や名誉には変えられない部分だと思います。
もちろんお金や名誉あってのプロだという前提で言えることですが…


♪♪♪♪♪♪

SP 2008年08月07日 00:06

毎回、ドキドキしながらこの記事を読ませていただきました
彼女達の心を動かした「おまえがゆく道」も素晴らしいし、
演奏できる様に動かれた桃井さんはすごいです
音楽で繋がっていけるって本当に幸せですね
定期演奏会が待ち遠しいですね


♪♪♪♪♪♪

MOMO 2008年08月07日 02:16

>SPさん
長い日記を読んでいただきありがとうございました。
音楽の神様に感謝しなくてはいけませんね。

まだアレンジ作業が残っているので、
そんなに安穏とはしてられないのですが…
まだ歴史の浅い吹奏楽部のようなので、
平易に演奏できるよう配慮しなくてはいけません。
楽器も少ないのでやりくりが大変です。


〜 つづきはこちら 〜
「新・女子高生からのメール ☆ 演奏実現編 その@」
http://solid.seesaa.net/article/286250516.html?1344746267
 
posted by momo at 16:05| 東京 🌁| Comment(0) | 吹奏楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする