2009年12月01日

ゾウ列車が走って60年記念音楽会

11月29日に名古屋市・つるまいプラザ(愛知県勤労会館)にて行なわれた
「ゾウ列車が走って60年記念音楽会」に出演してまいりました。

私は、第一部「ぞう列車を未来につなぐ若きソリストたち」のうち、
河崎麻栄さん(東京での活動名は岡村麻未さん)のピアノ伴奏を担当。
共演者は他に、男声の西野誠くんとヴァイオリンの伊東かおりさんで、
私の作品「音楽劇“銀河鉄道の夜”」より「夜空に輝く星たちよ」に続き、
有名ミュージカルのデュエット曲を二曲演奏しました。

写真は西野誠くんとのリハ風景。
img1B20091108192108.jpg

第三部では、藤村記一郎さんの作曲された合唱構成「ぞうれっしゃがやってきた」が、
全国から集まった300名の大合唱団と、長野県松本市の吹奏楽団「松本ウィンズ・コンソート」、
そして奥村晃平さん、伴真由子さんはじめ気鋭のソリストさんたちにより演奏されました。
この作品は、日本全国で歌われ続けている作品です。
舞台で通して聴かせていただいたのは初めての経験だったのですが、
やはり素晴らしい作品だな、としみじみと感じました。
何より合唱団の皆さんの作品を愛する気持ちがひしひしと伝わってきて、
とてもいい演奏会になりました。
これだけ多くの人たちに愛されている作品を作曲された藤村先生に、
改めて敬意を表させていただきます。

カーテンコールでは我々第一部の出演者も加わって、
再び大合唱で幕を閉じました。
終演後のレセプションでは、若い歌い手や演奏家の方々と交流でき、
有意義な時間を過ごすことが出来ました。

写真左から、長江真弥さん、伴真由子さん、私、河崎麻栄さん、鷲見真純さん。
zou.jpg
それぞれ、精力的に活動されている歌い手さんたちです。
またどこかで共演できる機会を持ちたいと思いました。
posted by momo at 22:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする