2010年06月25日

【コンサートのお知らせ】 Musical Flower 〜ミュージカル名曲の花束〜

omote.jpg ura.jpg


来る7月16日に、愛知県岡崎市リブラホールにて開催のミュージカル曲コンサートに出演します。先日の千代田チャリティコンサートの内容を拡充してお届けする予定です。

※千代田チャリティコンサート「あの感動をもう一度〜ミュージカル曲に秘められた思い出」の模様はこちら
http://solid.seesaa.net/article/153702283.html

ゲストにお招きする佐野文彦さんは大学の先輩ですが、ステージでは初共演。楽しみです。

お近くにお住まいの方、お時間ありましたら是非聴きに来てください。たくさんのお客様のご来場をお待ちしています。

=====

♪Musical Flower 〜ミュージカル名曲の花束〜

「サウンド・オブ・ミュージック」「オズの魔法使い」「シェルブールの雨傘」などの名作から「オペラ座の怪人」や「ウィキッド」など現代の話題作まで、珠玉のミュージカルナンバーを時代背景や作品の成り立ちなどの解説を織り込みつつお届けします。後半には西原理恵子原作、桃井聖司脚本・音楽の短編一人ミュージカル「うつくしい のはら」を上演。夏の夜のひととき、流麗なるミュージカルの調べをどうぞお楽しみください。

◆日時:平成22年7月16日(金) 午後7時開演 6時30分開場
◆会場:岡崎市図書館交流プラザ Libraホール
 http://www.libra.okazaki.aichi.jp/
◆入場料【全自由席】
 <前売>一般2,000円、中学生以下1,000円
 <当日>一般2,500円、中学生以下1,500円
◆出演:岡村麻未(ヴォーカル)、佐野文彦(ゲストヴォーカル)
    巻渕麻利子(ヴァイオリン)、桃井聖司(ピアノ)
◆お問い合わせ・チケット販売
 SOUND麻未 Tel. 0533-86-0764
 彩響舎 Tel. 0564-23-0024
 <公演お問い合わせ専用メールアドレス> musical-flower@mm-op.com
◆主催:SOUND麻未、彩響舎
◆後援:岡崎市、岡崎市教育委員会。豊川市、豊川市教育委員会
posted by momo at 13:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

母のこと

1511952339_125.jpg


今日は先月12日に亡くなった母の月命日に当たり、岡崎の実家にて初月忌法要を執り行いました。母が亡くなってもう一ヶ月になるとは、時の流れというのは早いものです。

母は35歳で父と結婚し、翌年に私を、その三年後に妹を出産しました。当時としてはかなり晩婚で高齢出産だったと思います。それまでキャリアウーマンだった母が、いきなり姑である祖母と同居する専業主婦に収まるという生活の変化への適応も順調とはいえなかったようです。

それでも私が小学校に上がる頃までは、親戚の経営する会社で取締役を務めていた父の稼ぎも多く、生活に不自由はしていませんでした。でも父の会社が倒産の憂き目にあってからは、母も慣れない料理屋の下働きに出るなどして私と妹を育ててくれました。

晩年になってそういった苦労から解き放たれ、卓球、太極拳、ゴルフなど趣味を通して多くの友人の方々と交流を深め、暇を見つけては国内や海外への旅行にいそしんでいました。中国、台湾、ベトナム、カンボジア、モロッコ、スコットランドetc.と、世界各地を旅していたので、そういう面では悔いの無い人生だったのかなと思います。

でも、昨年の夏にがんが見つかり腎臓摘出手術を行ないました。手術で入院する前日まで卓球に興じていたくらい、それまで本当に元気でした。その後は入退院を繰り返しながら闘病生活を送っていましたが、自分の病状について、主治医の説明を全てありのまま受け止め、自分が亡くなった後のことも事細かに私に指示をして最期を迎えました。自分が母の立場だったら、そんなに潔く「死」を受け止めることは、たぶんできないでしょう。最期まで気高く生きた母だったと思います。

写真は、妹夫婦が赤坂に購入した新居マンションへ、今年の三月に母を連れていったときに家族で撮影したものです。ワゴン車にベッドをこしらえ、酸素吸入器を積み込んでの高速往復道中でした。本当はそんな旅に耐えられるような状態ではなかったのですが、母がどうしても行きたいと望み、そのためにつらい治療にも耐えていたので、主治医の先生に特別に許可をいただいて実現しました。

そして先月、父と妹と私の三人が見守る中で息を引き取りました。四月から政治部に異動し多忙な新聞記者の妹と、公演本番やセミナーなどでどうしても抜けられないスケジュールを抱える私が、揃って母の最期を看取ることが出来たのは、本当に奇跡的だったと思います。

通夜・葬儀の際には多くの方々にお世話になりました。喪主として行き届かなかった点も多々あり、あのときはこうすればよかったと後悔することばかりです。

葬儀を終えてからのこの一ヶ月は、母の遺志に基づき、東京と岡崎を行き来しながら、いろいろな手続きを進めてまいりました。話には聞いていましたが、悲しんでいる暇がないくらいにやらなければならないことが山積みで、まだまだ終わりません。でもそういったことが、母がこの世に生きたという証を一つ一つ刻むことになるのかもしれません。几帳面な母があの世で気を揉むことのないように、できるだけ迅速に進めて行きたいと思います。
posted by momo at 20:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする