2018年05月12日

映画『恋愛依存症の女』

以前お仕事をご一緒した木村聡志監督の、199分にも及ぶ初長編監督映画『恋愛依存症の女』初日を、池袋シネマロサにて鑑賞。

IMG_7350.JPG


この映画には美男美女は一人も登場しない。もちろん演ずるのは、舞台挨拶にずらりと登壇した見目麗しい男優・女優の方々なのだが、スクリーンで観る彼らは、どこにでも居そうな、でもちょっと一癖ある、等身大の男女だ。

知り合いと知り合いが自分の知らないところで知り合いだった━━そんな「世間は狭い」的「ありがち」な事象を、かくもスリリングにファンタジックに魅せる脚本のあざとさ。
友達、恋人、夫婦、仕事仲間などのさまざまな人間関係に流れる微妙な空気感を、さりげなくかつ印象的に映し出す、絶妙なカット割りとカメラワーク。

この男たちの何とみっともなくカッコ悪いことか。それに反して、女たちは男などに頼らず強く逞しく生きていく。
そうか、「恋愛依存症」なのは「女」ではなく「男」なのだ。
この逆説的な主題に気付かされた頃には、想像の遥か彼方へと飛ばされるラストシーンに向けての怒涛の展開から目が離せなくなる。

199分の長尺を全く「長い」と感じさない素晴らしい作品でした。
5/18(金)まで、連日19:00から池袋シネマロサにて公開中。お近くの方、是非観に行ってみてください。オススメです!

IMG_7351.JPG


公式サイトはこちら↓
https://www.renaiizon.com
posted by momo at 22:59| 東京 ☀| Comment(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする