2005年12月23日

「クリスマスの夜」本番

心配した雪も降らず、予定通り17時に科学館に到着。
電子音楽協会会長の松井先生がもういらっしゃっていた。
毛利さんはドーム内で最終チェックの真っ最中。
通常の公演と違い、本番はただ聴いているだけなのだが、
それが返って妙に緊張する。
もう何も出来ない「俎板の上の鯉」状態なのだ。

科学館受付前には会場前から長蛇の列が出来ていて、
このイベントの人気の高さを再認識した。
予定より早く18時前に開場となって、400ある席も瞬く間に埋まっていく。
受付女性スタッフもサンタのコスチュームでお出迎え。
お役所なのにとってもフレンドリーな雰囲気なのは、
プラネタリウムスタッフのチームワークの成せる業。

ヴァイオリンを弾いてくれたかおりんも、お母様とご来場。
どんな風に聴いてくれるのだろうか、ちょっと心配。

いよいよ開演。いつもながら毛利さんのお話の内容の深さには感動。
自分の曲は2曲目。制作中に何度と無く聴いているのに、
本番の鳴りは全く違って聴こえる。単に音響的な意味でなく…。

xmasnight.jpg

イベントは成功裏に終了。お客さんの反応も良かった。

終了後は、電子音楽協会幹部の先生方と
プラネタリウムスタッフの方々とお食事。
名古屋駅から23:50発深夜バスで帰らねばならず、
残念ながら途中で抜けさせてもらった。

また次回も是非参加したい。


posted by momo at 23:23| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | プラネタリウム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
プラネタリウムコンサート、とても素適でした!
(いろいろな所に書き込んでいますが・・)

23日に最終的な音を聴いたことになりましたが、
思った以上の出来で、感激しました!

満天の星空の映像と共に音楽を聴いていると、
本当に「星空の彼方へ」吸い込まれそうに
なりました☆

本当にありがとうございました。
これからも、素適な曲を作り続けてくださいね♪
Posted by かおりん at 2005年12月26日 22:36
23日おつかれさまでした!
かおりんのおかげでいい作品に出来たと思います。
プラネタリウムのスタッフの方々にも、軒並み
好意的なご感想をいただけました。
ありがとうございました。

また機会があれば、今度は生演奏でやりたいですね。
Posted by momo at 2005年12月27日 23:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。