2010年03月30日

新・女子高生からのメール ☆ 演奏実現編 そのB

(※同日のmixi日記からの転載です)

前の日記からの続きです
<新・女子高生からのメール ☆ 演奏実現編 その@>
http://solid.seesaa.net/article/286250516.html
<新・女子高生からのメール ☆ 演奏実現編 そのA>
http://solid.seesaa.net/article/286252102.html


今回の演奏実現にあたり30日の本番はもちろん聴きに行くつもりでしたが、
事前に練習を見せてもらいたいと思い、
楽譜を渡してしばらくしてから顧問の◆◆先生にメールしました。

============
◆◆様

その後、練習の進み具合はいかがでしょうか?
できるだけ難しくない譜面になるよう心がけたつもりですが、変拍子などもあり、たぶんそれほど容易には演奏できないのではないかと思います。
定期演奏会本番に伺う予定でおりますが、もし可能ならば、来月初旬〜中旬のどこかで練習も聴かせていただけますと幸いです。
外部の者が学校に伺うのは昨今難しい面もあるとは存じますが、もし練習見学が可能な状況であれば、組まれている練習日程の中で伺っても差し支えないお時間をお知らせください。
============

そしたらすぐにお返事をいただきました。

============
桃井様

楽譜を拝見させていただきました。なかなかレベルが高い内容だと思います。
しっかり練習させるつもりですが、結果が心配だなぁと少し弱気になっております。
とはいえご好意にこたえるためにも精一杯練習させますので、お待ちいただきたいと思います。
事前においでいただけるとしても3月下旬(本番少し前)ころになることも思います。
練習をみていただくことはそれほど難しいことではありませんので、ある程度見通しが立ちましたらまた連絡します。
============

女子高生★★さんからもメールが来ました。

============
桃井様

編曲、本当に有難う御座います!
楽譜も無事届き、皆で他の曲と一緒にちまちまと練習しております。
ボーンの人は高いーとか全体的にも三連符ーとか色々言っているものの、徐々に形になるように頑張っています。
全てのパート譜を、しかもそれぞれの管に合わせて作成するだけでもとても大変だったと思います。
本番は、メテオスを知らない人でも「格好良い音楽だ!」と思ってもらえるようにしっかりと仕上げて臨みたいと思います!
============

そして先週、◆◆先生から連絡が来ました。

============
桃井様

H高校の◆◆です。ご連絡が遅くなりました。
「メテオス」なんとか合奏にこぎつけました。
私は社会科の教員なので音楽の専門家ではありませんが、スコアから桃井さんの情熱が伝わってきます。
さて、練習を見ていただく件ですが28日か29日のどちらかでいかがでしょうか。
本番前ですので、両日とも9時から17時まで練習しています。
合奏は午後中心に行っていますので、13時から16時の間でおいでいただける時間を教えていただければそれに合わせます。
============

ということで、一昨日の28日にH高校吹奏楽部の練習にお邪魔してまいりました。

H高校はKM高校とKY高校が合併してできた新しい高校で、
今月に第一期生が卒業式を迎えました。
合併までの二年間は新入生の募集を停止していたので、
吹奏楽部も前身二校の所有楽器を引き継ぎつつも新しい部としてスタートしたそうです。
そのため部員の人数も少なく、今回編曲した編成は
通常の小編成よりもさらに小さい形態となりました。

H駅で電車を降りて、歩いて学校へ向かいました。
川のほとりには、菜の花が綺麗に咲いていました。
100330a.jpg
都心から電車で20分程度の場所ですが、牧歌的でのどかな環境に包まれた素晴らしい環境です。

川に沿って歩くこと10分あまり、川岸に面して建つ真新しい校舎が見えてきました。
100330b.jpg
約束の時間ぴったりに着き、◆◆先生に玄関に出迎えていただきました。

そして部員の皆さんとご対面、挨拶を交わしたあと、
とりあえず一回通して聴かせていただきました。
100330c.jpg
メールをくれた★★さんとも初の対面。
担当楽器は聞いてなかったのですが、アルトサックス担当でした。
緩やかな部分にアルトのソロを入れたので、彼女を引き立たせることができて良かったです。

通しで聴かせてもらったあとは、部分的に止めながら注文をつけていきました。
本番直前なので、あまり細かすぎる指示は負担になるかと思い控えましたが、
全体のノリとパートバランスそしてテンポ変化の解釈などでお願いをいくつかさせてもらいました。
外部の私が聴いているせいか初めは演奏がちょっと固かったのですが、次第にほぐれていい感じになってきました。
◆◆先生が指揮をされていましたが、社会科の先生というよりは体育会系の風貌の先生で部員からの信望も厚いようです。

小一時間ほど練習に立ち合わせてもらいました。
プロや吹奏楽名門校のような精緻な演奏とはいきませんが、
高校生の皆さんがひたむきに難しい演奏に挑んでくれている姿に心打たれました。

もうお一人の顧問である女性の先生に見送りをしていただいた際に、
「アレンジしていただくことが決まったときは、部員たちは皆、大騒ぎして喜んでいたんですよ」と聞かせていただきました。
うれしいエピソードです。

そして、いよいよ本日午後が本番です。

♪東京都立H高等学校吹奏楽部 第二回定期演奏会

2010年3月30日(火) 13:30開場 14:00開演
T市民文化センター Cホール
入場無料

ここ何日か続いた寒気も弱まり、春の陽気もやや戻ってきて絶好の演奏会日和となりました。
H高校の皆さんが高らかに「おまえがゆく道」を奏でてくれる姿を、しかと目に焼きつけてまいります。


♪♪♪♪♪♪ ここからコメント欄 ♪♪♪♪♪♪

SK 2010年04月04日 00:07

すごい!
女子高校生の熱意に答えた桃井さん、尊敬します!
私もまた桃井さんの楽曲を歌わせていただきたいです!


♪♪♪♪♪♪

MOMO 2010年05月02日 16:27

>SKさん

レスが遅くなり大変申し訳ありません。
先日は久しぶりにお会いできてよかったです。
舞台がんばってくださいね。観に行きます。
私の曲も是非是非また歌ってくださいね!


〜 つづきはこちら 〜
「新・女子高生からのメール ☆ 演奏実現編 最終回」
http://solid.seesaa.net/article/286254382.html
 
posted by momo at 09:41| 東京 ☀| Comment(1) | 吹奏楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とてもいい話だと思いました〜!
普段の先生とは違う姿の先生を見た気がします(笑)
Posted by J.S at 2017年05月28日 13:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。