2017年02月08日

週刊マンガ日本史「仁徳天皇」

勤務先の専門学校の地下には結構大きな書店が入っていて、さまざまな分野の本が揃っている。今日その書店に立ち寄ってみて、こんな本が店頭に並んでいるのが目に止まった。

「週刊マンガ日本史改訂版100号 仁徳天皇」
(朝日新聞出版ジュニアシリーズ)
http://www.bmshop.jp/cgi-bin/bms/item.cgi
IMG_1198.jpg

存在を知らなかったが、数年前に発刊されたシリーズの改訂版で、この100号は昨日2/7に改訂発刊されたばかりらしい。

「趣味は何ですか?」と尋ねられることがある。音楽を聴くのも映画や舞台を観るのもゲームをやるのも、全て仕事絡み。じゃあ純粋な趣味は何かというと、実は「古墳巡り」。特に前方後円墳のあの鍵穴型が好き。
古墳に興味を持ったのは、小学校の図書館にあった漫画「日本の歴史」がきっかけ。20巻以上のシリーズで、古墳時代の記述も豊富だった。だから、この仁徳天皇の漫画本を見かけて、とても懐かしく感じた。ただ、昔の漫画はこんな美形に描いてなかったけどね。

20年ほど前に妹が大阪勤務だったとき、母と一緒に妹のところへ遊びに行ったついでに、堺にある大仙陵古墳(伝・仁徳天皇陵)を観に行ってきた。墳丘基底部面積103,410u。日本最大の古墳であり、面積で競えばピラミッドや秦始皇帝陵を凌ぎ世界最大のお墓でもある。
大仙陵.jpg

全周約3kmをゆっくり1時間以上かけて歩いてみた。天理にある行燈山古墳(伝・崇神天皇陵)くらいの規模なら、横から前方後円墳の墳丘の鍵穴型を見渡すことが出来るが、大仙陵古墳は近くから見てもまったく全体像がつかめない。ただただその巨大さに圧倒されたのを覚えている。
最近は忙しく時間が取れないのと、見応えのある大きな前方後円墳は奈良周辺に集中していて遠いのもあって、古墳巡りに行けてないけど、また行きたくなってきたなぁ。

ちなみにこの仁徳天皇の漫画本、夜にもう一度書店に立ち寄ったときには既に売り切れていた。自分でも読みたいし、息子に読ませるのにもちょうど良いと思い買いに行ったのだけど、入手出来ず残念。他の書店を探すか、注文するしかないか。朝日新聞出版のサイトを見ると、次号は日本武尊らしい。こちらも併せて読んでみたいと思った。
posted by momo at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446891871

この記事へのトラックバック