2015年08月03日

ワンコイン公開練習会

昨日8/2(日)13:30より、愛知県岡崎市のせきれいホールにて、
吹奏楽の「ワンコイン公開練習会」が開催され、私が指揮をしました。

Facebook吹奏楽部東海支部で、月に一度「ワンコイン練習会」を開催しています。
毎回違うメンバーで合奏を楽しむ会で、今回はそのお披露目の場となる初の試み。
「コンサート」というと大げさなので「公開練習会」と銘打ちました。

私がこの「ワンコイン練習会」アレンジした童謡メドレー
「組曲『日本の四季』より『春』『秋』」もプログラムにラインナップ。
Facebook吹奏楽部東海支部のグループ内で季節ごとの童謡の投票を行い、
人気の高かった曲をメドレーにアレンジした、ワンコイン練習会のオリジナルナンバーです。
他にも、人気の高い吹奏楽曲、アンサンブル曲を演奏しました。

ご参加・ご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました。
その日に集まった演奏者による、その日にしか生まれない音楽…
これからも続けていけたらと思います。


onecoin.jpg

OBK.jpg
posted by momo at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 吹奏楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

おりべえ会の記事が中日新聞に掲載されました!

oricon_kiji.jpg

本日の中日新聞夕刊の社会面(後ろのTV欄を開いたところ)右側に、5/5日曜日に岡崎市民会館で開催される「織部一良先生退職記念演奏会」の記事が掲載されました。西三河だけでなく東海三県全体での掲載です。

織部先生は35年の間、西三河の吹奏楽の発展に寄与され、今年度で退職されます。先生が赴任された岡崎市内の4中学校+1小学校の卒業生が、先生への感謝の意を込めて演奏会を企画しました。公立の小中学校で、しかも学校の枠を超えてこういった企画が実現するのは、全国的にも例を見ないことだと思います。

私は、先生の教え子のプロの音楽家の皆さんと共に、第二部アンサンブルステージでピアノを弾きます。また、第三部で現役中学生と卒業生の合同吹奏楽団で演奏される「甲山・美川・岩津・北 〜 四校の校歌によりメタモルフォーゼ」は、私が今回関わった4中学の校歌を1曲につなげてアレンジした、この演奏会のためのスペシャル楽曲です。

東海地区にお住まいの皆様、本日の中日新聞夕刊の記事を是非お読みください。
そしてお時間ありましたら、5/5(日)14時から岡崎市民会館で開催の「織部一良先生退職記念演奏会」へ、是非足をお運びください。入場無料です。

演奏会を企画するおりべえ会の公式サイトです。
http://oricon.mm-op.com

★ 演奏会チラシ画像 ★

oricon_omote.jpg oricon_ura.jpg
posted by momo at 18:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 吹奏楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月22日

「おりべえ会」のこと その1

私は中学生のとき吹奏楽部でトランペットを吹いていました。
その吹奏楽部で顧問をされていた織部先生が来年度で定年退職されます。
そこで織部先生に教えを受けた吹奏楽部卒業生が集まり、来年2013年5月5日こどもの日に、岡崎市民会館にて、先生の退職記念演奏会を開催することになりました。

織部先生は、1977年に新任の音楽科教師として赴任されてからの35年間で、岡崎市内の甲山中、美川中、岩津中、北中の四つの中学を順に転任され、ずっと吹奏楽の指導に当たって来られました。
私は、先生が甲山中学に新任で赴任されてから四年目の新入生になります。

この演奏会企画のすごいところは、上記の四つの中学で先生に教えを受けた歴代の卒業生が一同に集い、現役の中学生と一緒に演奏を行うところです。
中学を卒業してから30年を超えるような世代から、昨年中学を卒業したばかりの若い世代まで、さまざまな年代の卒業生たちが集まっています。

もしこれが私立の中学なら定年までずっと同じ学校で務める先生もいらっしゃるでしょうから、同窓会組織がしっかりしている学校であれば幅広い年代の卒業生が集っても不思議はないのですが、公立の学校で、しかも学校の枠を超えてこういった企画が持ち上がるのは、極めて稀なことだと思います。
ひょっとしたら全国でも類を見ない試みかもしれません。

卒業生の集まりは、先生のお名前をいただいて「おりべえ会」と名づけられました。
来年5月に向かって「おりべえ会」が演奏会の企画・準備を進めていく過程を、今後不定期にこちらでレポートしていきたいと思います。

以下つづく…
 
posted by momo at 07:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 吹奏楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月12日

女子高生からのメール(目次)

100328.jpg

2008年と2010年の2シーズン・全9回に渡りmixi日記に連載した
シリーズ日記「女子高生からのメール」を、こちらのブログに転載しました。

ある日見知らぬ女子高生から届いた一本のメール。
「メテオスの『おまえがゆく道』を吹奏楽で演奏させてください」
果たして彼女の願いは実現するのか?

長文ですが、よろしければお時間あるときに読んでみてください。

なお、コメントをいただいたマイミクの皆さんのmixiネームは
アルファベット二文字に変えさせていただきました。
一部削除させていただいたコメントもあります。
何卒ご了承いただけますと幸いです。

実際の日付に合わせてアップしてありますが、
順に読んでいけるように各ページの最後に次回のリンクをつけました。

以下が目次になります。

<女子高生からのメール>
http://solid.seesaa.net/article/286229890.html
<続・女子高生からのメール>
http://solid.seesaa.net/article/286236010.html
<続々・女子高生からのメール>
http://solid.seesaa.net/article/286237238.html
<続々々・女子高生からのメール>
http://solid.seesaa.net/article/286239034.html
<最終回・女子高生からのメール>
http://solid.seesaa.net/article/286241342.html

<新・女子高生からのメール ☆ 演奏実現編 その@>
http://solid.seesaa.net/article/286250516.html
<新・女子高生からのメール ☆ 演奏実現編 そのA>
http://solid.seesaa.net/article/286252102.html
<新・女子高生からのメール ☆ 演奏実現編 そのB>
http://solid.seesaa.net/article/286253314.html
<新・女子高生からのメール ☆ 演奏実現編 最終回>
http://solid.seesaa.net/article/286254382.html
 
posted by momo at 15:08| 東京 ☀| Comment(0) | 吹奏楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

新・女子高生からのメール ☆ 演奏実現編 最終回

(※同日のmixi日記からの転載です)

前の日記からの続きです
<新・女子高生からのメール ☆ 演奏実現編 その@>
http://solid.seesaa.net/article/286250516.html
<新・女子高生からのメール ☆ 演奏実現編 そのA>
http://solid.seesaa.net/article/286252102.html
<新・女子高生からのメール ☆ 演奏実現編 そのB>
http://solid.seesaa.net/article/286253314.html


シリーズ日記「女子高生からのメール」の最終回を書きたいと思います。

3月30日の午後、H高校吹奏楽部定期演奏会の本番を聴きに行ってまいりました。
会場はK駅から徒歩10分にあるT市民文化センターのCホール。

開演前のステージ。
100502a.jpg
キューブ型の小ホールでしたが、案外響きは良かったです。

学校の吹奏楽部の定演というものに足を運ぶのは何年ぶりでしょうか。
H高校吹奏楽部は部員数が少ないこともあり、
手作りの演奏会という感じがしてとても微笑ましかったです。
顧問であり指揮もされる◆◆先生が「いつか我々も隣の大ホールで演奏会を」と挨拶をされました。
その夢は是非実現させてほしいです。

コンクール課題曲のマーチ、ディズニーメドレー、ピンクレディーメドレーなどの演奏が続き
「メテオス」はプログラム最後の演目でした。
「メテオス」演奏に先立ち私の名前が呼ばれ、サプライズで花束をいただきました。
100502b.jpg

手渡してくれたのは、アレンジ提供のきっかけとなったメールをくれた★★さんです。
会場からの拍手に包まれながら花束を受け取り、彼女としっかり握手を交わしました。

私が席に戻り、いよいよ「メテオス」より「おまえがゆく道〜最後の星」の演奏が始まりました。
「メテオス」吹奏楽版の記念すべき世界初演です。
普段私は自分が演奏する場合でも全く緊張しないのですが、
このときばかりは何だかとても緊張しました。

そんな私の緊張をよそに演奏は堂々としたものでした。
二日前に私が学校へ練習を見に行った際お願いした数々の注文を完璧にクリアしてました。
よくぞこの難しい譜面を短期間でここまで仕上げてくれたと感謝しきりです。

演奏会が無事終了し、ロビーに出てみると一部の部員が客出しに来ていたのですが、
★★さんの姿はありませんでした。
副顧問の先生に「くれぐれもよろしく」と伝え、会場をあとにしました。

家に帰ってからいただいた花束をよく見ると、★★さん直筆のお手紙が挟まっていました。

======
桃井様

本日はお忙しい中、演奏会に来ていただきありがとうございます。
その節は突然メールを送ってしまい大変失礼しました。
後から考えると、自分でも大胆なことをしたなと思います。
アレンジとても大変だったと思います。
念願かなってメテオスを演奏することができてとてもうれしいです。
部員一同、心から感謝いたします。
本当にありがとうございました。

★★★★
======

◆◆先生からも後日メールが届きました。

======
桃井様

今回の演奏会のために、メテオスの吹奏楽バージョンをご提供いただき、また私をふくめ吹奏楽部を直接指導していただき本当にありがとうございました。
今回の経験は部員たちにとって本当に楽しく思い出深いものとなりました。指揮する私にとってもプレッシャーの連続で久しぶりに緊張しました。ですが、とても楽しい時を過ごすことができました。
演奏会当日はお忙しいにもかかわらず、所沢までおいでいただき本当にありがとうございます。いつか、大編成のバンドで演奏できることを目指して日々がんばっていこうと思います。
また、演奏会などご連絡することもあるかと思います。その時には是非おいで下さい。お待ちしております。
暖かくなったり、寒くなったり体が不調になるような気候が続いております。どうぞお元気でお仕事頑張ってください。
この度は本当にありがとうございました。部員ともども心より感謝しております。

東京都立H高校吹奏楽部顧問 ◆◆◆◆
======

初めに★★さんのメールを受信してから約一年半。当初はどう対応しようか迷いました。
でも、マイミクの皆さんから助言をいただき、何とか彼女の思いをかなえてあげたいと考え、
「メテオス」のメーカーや制作会社の方々のお力添えもあり、演奏が実現しました。
最後に彼女から「メール」ではなく丁寧な直筆の「手紙」を受け取り、感無量です。

長期に渡って「女子高生からのメール」としてお送りした日記もこれにて完結とさせていただきます。
今回の演奏に関わっていただいた全ての皆様に深く感謝申し上げます。
ありがとうございました!

<完>


♪♪♪♪♪♪ ここからコメント欄 ♪♪♪♪♪♪

AK 2010年04月13日 00:13

ずーっと興味深く読ませて頂いてました。
★★さんの「この曲が大好きだ!何が何でも演奏したいっっ!」
という熱意を、真正面から真摯に受け止めて
桃井さん、素晴らしい事をされたと思います。

私にも、そういう情熱だけで突き進む年頃があったから、★★さんがどれだけ嬉しかったかっていうのが良く分かります。

ちなみに20年ちょっと前、私が所属していたジュニアオーケストラで、
当時一世を風靡していたドラクエ3の全曲をファミリーコンサートで演奏しました。(私はまだ入団前でしたが)
その時のスコアは、すぎやまこういちさんが無償で提供してくださったものでした。
当時まだファミコンは子供たちのものという風潮だったためか「ジュニアオケの方たちに演奏してもらえるなら、こんな嬉しい事はない」と言って、演奏会当日は飛び入りで何曲か指揮まで振ってくださったそうです。

★★さんがこれから音楽の道に進むかは分からないけど、この一連の経験が彼女にとってとてつもない財産になるのは間違いないと思います。
本当にお疲れ様でした。。。


♪♪♪♪♪♪

MOMO 2010年04月13日 08:12

>AKさん

長い文章を読んでいただき、ありがとうございました。

AKちゃんがルーズソックスの高校生だった時代が懐かしいですね。
当時は現在のようなマルチにご活躍の様子が想像できなかったので、
担当講師として先見の明がなかったようです。
この高校生★★さんも今後いろいろな可能性を秘めていると感じました。
アルトサックスの演奏表現力も素晴らしかったし、
何より優れた感性の持ち主だなとメールのやり取りを通じて思いました。

ジュニアオケでドラクエを演奏した経験をお持ちでしたか。
今ほどゲーム音楽の著作権が厳しくなかった時代でもありますね。
いい経験が出来てよかったですね。


♪♪♪♪♪♪

YN 2010年04月13日 10:36

成功おめでとうございます。

約1年半お疲れ様でした。
様々な要素が詰め込まれていて、大変面白かったです。

変に擦れて
「こんなことを頼むのは失礼なんじゃないか」とか、
「著作権上の問題が発生するんじゃないか」とか、
「私たちのために編成に合わせて編曲をお願いする、
 なんて、ずうずうしいにもほどがあるんじゃないか」とか、
分別くさいことを考えて、
彼女が好きな曲を演奏するのを諦めていたら、
こんな結末はむかえられなかったわけですし、
桃井さんはいろいろ大変だったとは思いますが、
純粋な音楽的な情熱が推し進めた結果はすばらしいなあと
思いました。


♪♪♪♪♪♪

MOMO 2010年04月13日 15:57

>YNさん

YNさんには、初めの日記からコメントもいただいてましたね。
ずっと経緯を見守っていただきありがとうございました。
ご指摘の通り、彼女が純粋さと情熱があったからこそ実現した試みでした。
むしろ、こちらの方が学ぶべきところが多かったように思います。
 
posted by momo at 16:20| 東京 ☀| Comment(0) | 吹奏楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

新・女子高生からのメール ☆ 演奏実現編 そのB

(※同日のmixi日記からの転載です)

前の日記からの続きです
<新・女子高生からのメール ☆ 演奏実現編 その@>
http://solid.seesaa.net/article/286250516.html
<新・女子高生からのメール ☆ 演奏実現編 そのA>
http://solid.seesaa.net/article/286252102.html


今回の演奏実現にあたり30日の本番はもちろん聴きに行くつもりでしたが、
事前に練習を見せてもらいたいと思い、
楽譜を渡してしばらくしてから顧問の◆◆先生にメールしました。

============
◆◆様

その後、練習の進み具合はいかがでしょうか?
できるだけ難しくない譜面になるよう心がけたつもりですが、変拍子などもあり、たぶんそれほど容易には演奏できないのではないかと思います。
定期演奏会本番に伺う予定でおりますが、もし可能ならば、来月初旬〜中旬のどこかで練習も聴かせていただけますと幸いです。
外部の者が学校に伺うのは昨今難しい面もあるとは存じますが、もし練習見学が可能な状況であれば、組まれている練習日程の中で伺っても差し支えないお時間をお知らせください。
============

そしたらすぐにお返事をいただきました。

============
桃井様

楽譜を拝見させていただきました。なかなかレベルが高い内容だと思います。
しっかり練習させるつもりですが、結果が心配だなぁと少し弱気になっております。
とはいえご好意にこたえるためにも精一杯練習させますので、お待ちいただきたいと思います。
事前においでいただけるとしても3月下旬(本番少し前)ころになることも思います。
練習をみていただくことはそれほど難しいことではありませんので、ある程度見通しが立ちましたらまた連絡します。
============

女子高生★★さんからもメールが来ました。

============
桃井様

編曲、本当に有難う御座います!
楽譜も無事届き、皆で他の曲と一緒にちまちまと練習しております。
ボーンの人は高いーとか全体的にも三連符ーとか色々言っているものの、徐々に形になるように頑張っています。
全てのパート譜を、しかもそれぞれの管に合わせて作成するだけでもとても大変だったと思います。
本番は、メテオスを知らない人でも「格好良い音楽だ!」と思ってもらえるようにしっかりと仕上げて臨みたいと思います!
============

そして先週、◆◆先生から連絡が来ました。

============
桃井様

H高校の◆◆です。ご連絡が遅くなりました。
「メテオス」なんとか合奏にこぎつけました。
私は社会科の教員なので音楽の専門家ではありませんが、スコアから桃井さんの情熱が伝わってきます。
さて、練習を見ていただく件ですが28日か29日のどちらかでいかがでしょうか。
本番前ですので、両日とも9時から17時まで練習しています。
合奏は午後中心に行っていますので、13時から16時の間でおいでいただける時間を教えていただければそれに合わせます。
============

ということで、一昨日の28日にH高校吹奏楽部の練習にお邪魔してまいりました。

H高校はKM高校とKY高校が合併してできた新しい高校で、
今月に第一期生が卒業式を迎えました。
合併までの二年間は新入生の募集を停止していたので、
吹奏楽部も前身二校の所有楽器を引き継ぎつつも新しい部としてスタートしたそうです。
そのため部員の人数も少なく、今回編曲した編成は
通常の小編成よりもさらに小さい形態となりました。

H駅で電車を降りて、歩いて学校へ向かいました。
川のほとりには、菜の花が綺麗に咲いていました。
100330a.jpg
都心から電車で20分程度の場所ですが、牧歌的でのどかな環境に包まれた素晴らしい環境です。

川に沿って歩くこと10分あまり、川岸に面して建つ真新しい校舎が見えてきました。
100330b.jpg
約束の時間ぴったりに着き、◆◆先生に玄関に出迎えていただきました。

そして部員の皆さんとご対面、挨拶を交わしたあと、
とりあえず一回通して聴かせていただきました。
100330c.jpg
メールをくれた★★さんとも初の対面。
担当楽器は聞いてなかったのですが、アルトサックス担当でした。
緩やかな部分にアルトのソロを入れたので、彼女を引き立たせることができて良かったです。

通しで聴かせてもらったあとは、部分的に止めながら注文をつけていきました。
本番直前なので、あまり細かすぎる指示は負担になるかと思い控えましたが、
全体のノリとパートバランスそしてテンポ変化の解釈などでお願いをいくつかさせてもらいました。
外部の私が聴いているせいか初めは演奏がちょっと固かったのですが、次第にほぐれていい感じになってきました。
◆◆先生が指揮をされていましたが、社会科の先生というよりは体育会系の風貌の先生で部員からの信望も厚いようです。

小一時間ほど練習に立ち合わせてもらいました。
プロや吹奏楽名門校のような精緻な演奏とはいきませんが、
高校生の皆さんがひたむきに難しい演奏に挑んでくれている姿に心打たれました。

もうお一人の顧問である女性の先生に見送りをしていただいた際に、
「アレンジしていただくことが決まったときは、部員たちは皆、大騒ぎして喜んでいたんですよ」と聞かせていただきました。
うれしいエピソードです。

そして、いよいよ本日午後が本番です。

♪東京都立H高等学校吹奏楽部 第二回定期演奏会

2010年3月30日(火) 13:30開場 14:00開演
T市民文化センター Cホール
入場無料

ここ何日か続いた寒気も弱まり、春の陽気もやや戻ってきて絶好の演奏会日和となりました。
H高校の皆さんが高らかに「おまえがゆく道」を奏でてくれる姿を、しかと目に焼きつけてまいります。


♪♪♪♪♪♪ ここからコメント欄 ♪♪♪♪♪♪

SK 2010年04月04日 00:07

すごい!
女子高校生の熱意に答えた桃井さん、尊敬します!
私もまた桃井さんの楽曲を歌わせていただきたいです!


♪♪♪♪♪♪

MOMO 2010年05月02日 16:27

>SKさん

レスが遅くなり大変申し訳ありません。
先日は久しぶりにお会いできてよかったです。
舞台がんばってくださいね。観に行きます。
私の曲も是非是非また歌ってくださいね!


〜 つづきはこちら 〜
「新・女子高生からのメール ☆ 演奏実現編 最終回」
http://solid.seesaa.net/article/286254382.html
 
posted by momo at 09:41| 東京 ☀| Comment(1) | 吹奏楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

新・女子高生からのメール ☆ 演奏実現編 そのA

(※同日のmixi日記からの転載です)

meteos_pkg.jpg

前の日記からの続き
<新・女子高生からのメール ☆ 演奏実現編 その@>
http://solid.seesaa.net/article/286250516.html


「おまえがゆく道」を吹奏楽編曲するにあたり、この曲だけを演奏すると
ちょっと短いので「メテオス」の他の楽曲と組み合わせてはどうかと思っていました。

ゲーム中はプレイヤーの操作によって音楽の演奏時間が変わってくるので、
たいていのシーンでは音楽を無限に繰り返すように作るのが一般的です。
電源入れたまま放っておけば、ひたすら同じ曲が流れ続けることになります。
「おまえがゆく道」は「イントロ⇒A⇒B」という構成で、
Bが終わるとAにダル・セーニョして戻り終わり無く繰り返します。
フィーネの無い三部形式と言えば説明がつくでしょうか?
それを通常の三部形式で演奏すると二分強で終わってしまいます。

依頼主の★★さんも同じ考えを抱いていたようで、メールのやり取りをする中で、
オープニングムービーの曲「最後の星」と組み合わせることになりました。
「最後の星」は「おまえがゆく道」と同じモチーフが使われていることもあり、
組み合わせても比較的違和感が少ないからです。

メテオス公式サイトでオープニングムービーを観ることができます。
http://planetmeteos.com/movie/index.html#opeNIng

あと、ニコニコ動画にある「【メテオス】BGMメドレー【前編】」という動画で、
上記二曲を聴くことができます。
http://www.nicovideo.jp/
よかったら検索して聴いてみてください。
一曲目が「最後の星」、二曲目が「おまえがゆく道」です。
ちなみに、動画真ん中あたりの「帰って来た平穏」とラストの「宿命」も私の曲です。

その間に流れるのはゲームプレイ中のBGMの数々です。
私は「メテオス」でイベントの音楽を主に作曲して、プレイ中のBGMは他の作曲家のお二人が担当。
実はこれらのBGMがとてもユニークな構造になっているのです。

まず、コンスタントにバックに流れているのはリズムのみで、
ゲーム中で何かアクションが起きるごとにリズムに同期したフレーズが流れます。
通常なら効果音で処理するところに音楽を充てているのです。
だから、プレイするごとにフレーズの組み合わせが変わることになり、
それがゲームに抜群の臨場感を与えています。
しかも、ゲームの各ステージが「メテオス」では惑星になっていて、
それぞれの惑星のイメージに合わせ、リズムやフレーズがレゲエ風だったりヘビメタ風だったりします。
こういった工夫がメテオスの音楽がユーザーに広く支持されている一因なんですね。

少し話がそれましたが、次回はいよいよ私が吹奏楽部の練習を見に行く「学校訪問の巻」です。


〜 つづきはこちら 〜
「新・女子高生からのメール ☆ 演奏実現編 そのB」
http://solid.seesaa.net/article/286253314.html
 
posted by momo at 09:04| 東京 🌁| Comment(0) | 吹奏楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

新・女子高生からのメール ☆ 演奏実現編 その@

(※同日のmixi日記からの転載です)

100328.jpg

一昨年「女子高生からのメール」としてシリーズで書いた日記の続編です。

<女子高生からのメール>
http://solid.seesaa.net/article/286229890.html
<続・女子高生からのメール>
http://solid.seesaa.net/article/286236010.html
<続々・女子高生からのメール>
http://solid.seesaa.net/article/286237238.html
<続々々・女子高生からのメール>
http://solid.seesaa.net/article/286239034.html
<最終回・女子高生からのメール>
http://solid.seesaa.net/article/286241342.html


これまでの概要をまとめますと…

ある日一人の女子高生から突然私にメールが届き、
私が作曲したDSのゲーム「メテオス」の楽曲「おまえがゆく道」を高校の吹奏楽部で演奏したいから
楽譜を送ってほしいという内容でした。
実名や所属する学校名の記載のないそのメールにどう対処しようか迷ったのですが、
見知らぬ私にメールを送ってきた彼女の熱意に応え、
版権を持つメーカーと制作会社に許諾を取り、無償で吹奏楽編曲を引き受けることにいたしました。

その節はマイミクの皆さんから多数の反響とご意見をいただきありがとうございました。
いよいよ彼女の熱意が実り、明後日3月30日に彼女の所属する都立H高校吹奏楽部の定期演奏会で
「お前がゆく道」の演奏が実現します。

でも、一昨年に持ち上がった話がどうして今頃?と思われるかもしれません。
実は昨年初めにその女子高生★★さんから、以下のようなメールを受け取っていました。

============
From: "sato maki"
To: "Seiji Momoi"
Sent: Wednesday, January 07, 2009 6:04 PM
Subject: お久しぶりです

桃井様

お久しぶりです。H高校の★★です。
今日、定期演奏会の曲決めをしたのですが、
できる曲数とやりたい曲数がオーバーしてしまったので、
今回はちょっとはぶられてしまいました。すみません。
でも先輩曰く「来年度に回せると思う」とのことなので、
その時はまたよろしくお願いします…。
来年度は後輩も入ってきて、楽器編成も変わるかもしれないので、
また連絡します。今回は本当にすみませんでした。
演奏できそうな機会が見えてきたら、再び部員及び顧問の先生に説明、
桃井さんへの連絡をしたいと思います。宜しくお願いします。
============

ということで演奏は暗礁に乗り上げていたのですが、昨年暮れに改めて彼女からメールが届きました。

============
From: "sato maki"
To: "Seiji Momoi"
Sent: Wednesday, December 23, 2009 6:57 PM
Subject: お久しぶりです。

桃井様

お久しぶりです。覚えていらっしゃいますでしょうか。
去年に「お前がゆく道」の演奏についてのメールをしました、H高校の★★です。
演奏の日程ですが、やはり定期演奏会での演奏となりそうです。
今年度の定期演奏会は3月30日となりました。
今日、部長及び他の部員、顧問の先生に「演奏したい」との返事を得る事ができましたので、お知らせします。
しかし、一部の3年生が受験等で忙しく出られない人が出てくる為、編成がまだ少しはっきりしていません。
3年の都合次第で結構変わってしまうので、編成をお伝えできるのはまだちょっと先になりそうです。
============

そして、年が明け1月末に編成の詳細な連絡を受け取り、私は編曲に取り掛かりました。

顧問の◆◆先生からもメールをいただきました。

============
桃井様

H高校吹奏楽部顧問 ◆◆です。編曲の件 本当にありがとうございます。
楽譜は私宛て着払いでお送りください。ご好意に甘えさせていただくこと心から感謝いたします。
子供たちにも一生懸命練習させます。よろしくお願いします。
============

そして、2月中旬に編曲が完成。無事楽譜を引き渡すことが出来ました。


〜 つづきはこちら 〜
「新・女子高生からのメール ☆ 演奏実現編 そのA」
http://solid.seesaa.net/article/286252102.html
 
posted by momo at 11:37| 東京 🌁| Comment(0) | 吹奏楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

最終回・女子高生からのメール

(※同日のmixi日記からの転載です)

<女子高生からのメール> シリーズ第五回です。
初めてお読みになる方は、ここから読んでも話が見えないと思いますので、
できましたら第一回からお読みくださいませ。

<女子高生からのメール>
http://solid.seesaa.net/article/286229890.html
<続・女子高生からのメール>
http://solid.seesaa.net/article/286236010.html
<続々・女子高生からのメール>
http://solid.seesaa.net/article/286237238.html
<続々々・女子高生からのメール>
http://solid.seesaa.net/article/286239034.html


7/31にライブ本番があり、その後も仕事が詰まっていたせいで、
すっかり更新間隔が空いてしまいました。
ですが、事態はちゃんと進展していました。

前回の日記からほどなくして、sato makiさんの所属する吹奏楽部の顧問の先生より
ご丁寧なメールを頂戴しました。

============
桃井様

私は東京都立H高等学校吹奏楽部顧問 ◆◆◆◆と申します。

この度は本校吹奏楽部 ★★の無理なお願いにお答えくださってありがとうございます。
★★からの申し出を聞き、桃井様のお返事のメールを読み驚いております。
演奏の件は私を含めた部員たちにとっても大変喜ばしくありがたいことと考えています。
ただ、著作権などの諸問題について桃井様にご迷惑をおかけしないのかと心配しておりますが、
諸問題がクリアできるのであれば是非「おまえがゆく道」演奏の件お願いしたいと思います。

とりいそぎ失礼とは思いましたが、メールにてご連絡いたしました。
後日あらためましてお願いのお電話をさせていただきます。
============

それに対し、私もすぐに返事を書きました

============
◆◆◆◆様

はじめまして。早速のご連絡ありがとうございます。
「おまえがゆく道」の件ではお世話になります。
どうぞよろしくお願いいたします。

★★★★さんからのお申し出、確かにメールをいただいた当初は戸惑いました。
でも、私の曲を気に入ってくださりメールまでいただいた熱意に絆され、
「メテオス」制作会社であるQ社に話を持ちかけましたところ、
販売元であるB社にもご確認いただいた上で、演奏についてご快諾いただきました。
両社から許諾をいただいた時点で、貴校に演奏していただくことについて
著作権上の障害は無くなりましたので、ご安心くださいませ。

ただし、今後私が楽譜などの楽曲資料を提供した場合に、
それらが無断で二次使用されるような事態が起こりますと、
版権元である上記二社のご好意を踏みにじる結果となります。
ですので、私が提供させていただく楽譜および楽曲資料について、
◆◆先生の手で責任を持って管理していただくようお願いできますでしょうか?

また、★★さんへのお返事に書きましたとおり、
今回については編曲料その他の料金をいただくつもりはありません。
演奏実現の際、できましたら公演の録音もしくは録画を
いただくことができましたらうれしいです。

それでは、またのご連絡をお待ちしております。
よろしくお願いいたします。
============

sato makiさんも部員の人たちへの説明を終えたようで、

============
演奏の日程ですが、文化祭はもうすぐなのでちょっと厳しいので、
曲の演奏は一年の締めの定期演奏会にできると思います。
よろしくお願いします。
============

というメールが来ました。
で、その後は実際の曲サイズをどうするかやりとりしてます。
彼女たちの文化祭が終わる時期に合わせてアレンジを完成させ送るつもりです。

一人の女子高生の熱意が大人を動かし、ここまでこぎつけました。
その過程では、この日記にコメントを付けていただいたマイミクさんたちの、
的確なアドバイスがあったことは見逃せません。

TNさん、NIさん、NAさん、MRさん、YNさん、
HEさん、TKさん、MPさん、YYさん

どうもありがとうございました。
やはり“持つべきものは、マイミク”ですかね。

<女子高生からのメール>シリーズは今回で一旦終了させていただきます。
彼女たちが高らかに「おまえがゆく道」を演奏してくれたときには、
また報告をアップしたいと思っています。

長文を読んでいただき、どうもありがとうございました。


♪♪♪♪♪♪ ここからコメント欄 ♪♪♪♪♪♪

MK 2008年08月04日 00:01

やりとり全部拝見し、心温まりました。
きっと彼女たちは高校時代の部活の思い出として一生このことを忘れないでしょうね。
じーんときました。


♪♪♪♪♪♪

HE 2008年08月04日 00:42

一曲の演奏のために
こんなにたくさんの大人が動いてくれたこと
&動いてくれないと演奏も難しいこと

多くのことを学んで
きっと彼女はひとまわり成長するんじゃないかなあ。。。
と思います

定期演奏会が楽しみですね


♪♪♪♪♪♪

TY 2008年08月04日 01:58

最近、mixiできてなくて...ようやく全部 まとめて読みました〜〜
「著作権」に関する事を、知らない人に伝えるのって、
本当に難しいですよね〜
それを...ホント素晴らしいです。桃井さん
先程 ググって、さっそく聴いてみました カッコイイ曲ですねぇ
演奏したくなる気持ちが すごーーく わかります
吹奏楽での生演奏も聴きたいです!!!
それにしても。その女子高生は、一生の思い出になるでしょうね


♪♪♪♪♪♪

MOMO 2008年08月04日 08:05

>MKちゃん
大人になってからの出来事は昨日のことすらよく思い出せないのに、
高校時代のことって結構記憶に残っているものなんですよね。
彼女たちにとって、良い思い出になってくれるといいなと思います。

>HEさん
彼女はいろいろなことを吸収してくれていると思います。
現在、曲構成のやりとりをしている中でも、音に関する感性がとてもいい。
将来有望な高校生です。
どんな演奏をしてくれるか、定期演奏会が私も楽しみです。

>TYさん
お忙しそうですね。暑い中お体に気をつけてくださいね!
お褒めいただきありがとうございます。
でも私一人の力でなく、皆さんが誠意を持って対応していただいた結果だと思います。
「おまえがゆく道」聴いていただいたんですね。ありがとうございます。
ネットにいろいろな形態でアップされているので、
どんな音で聴いていただいたのか気になりますが…


♪♪♪♪♪♪

MR 2008年08月04日 09:57
すごいなぁ、桃井さん、本当にすごいなぁ。
こころ温まるお話をありがとうございました。


♪♪♪♪♪♪

NA 2008年08月05日 13:07

なんか名前がある!(^^)テレテレ・・・。

なんかちゃんと物語になってますね!
すばらしいなぁ、音楽の世界って。

おいらもなんか活動したいなぁ・・・なんてね。
↑意外と地味でも活動やめないアマチュアタイプ


♪♪♪♪♪♪

MOMO 2008年08月06日 06:38

>NAさん
プロ・アマ関係なく音楽を通して心が通い合うことってありますよね。
それはお金や名誉には変えられない部分だと思います。
もちろんお金や名誉あってのプロだという前提で言えることですが…


♪♪♪♪♪♪

SP 2008年08月07日 00:06

毎回、ドキドキしながらこの記事を読ませていただきました
彼女達の心を動かした「おまえがゆく道」も素晴らしいし、
演奏できる様に動かれた桃井さんはすごいです
音楽で繋がっていけるって本当に幸せですね
定期演奏会が待ち遠しいですね


♪♪♪♪♪♪

MOMO 2008年08月07日 02:16

>SPさん
長い日記を読んでいただきありがとうございました。
音楽の神様に感謝しなくてはいけませんね。

まだアレンジ作業が残っているので、
そんなに安穏とはしてられないのですが…
まだ歴史の浅い吹奏楽部のようなので、
平易に演奏できるよう配慮しなくてはいけません。
楽器も少ないのでやりくりが大変です。


〜 つづきはこちら 〜
「新・女子高生からのメール ☆ 演奏実現編 その@」
http://solid.seesaa.net/article/286250516.html?1344746267
 
posted by momo at 16:05| 東京 🌁| Comment(0) | 吹奏楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

続々々・女子高生からのメール

(※同日のmixi日記からの転載です)

<女子高生からのメール> シリーズ第四回です。
初めてお読みになる方は、ここから読んでも話が見えないと思いますので、
できましたら第一回からお読みくださいませ。

<女子高生からのメール>
http://solid.seesaa.net/article/286229890.html
<続・女子高生からのメール>
http://solid.seesaa.net/article/286236010.html
<続々・女子高生からのメール>
http://solid.seesaa.net/article/286237238.html

※四回目でタイトルどうしようか迷ったのですが、結局「続々々」にしました。


前回の日記に載せたsato makiさんからの本人情報メールに、
その前後に私が出したメールを合わせて、
先週末メテオス制作会社Q社に転送しておきました。
そして、週が明けて担当Hさんより以下の返信が到着。

============
お世話になっております。

返信遅くなり申し訳ありません。
吹奏楽で演奏したいとおっしゃっている方の情報了解いたしました。
丁寧にご対応いただき誠にありがとうございます。

確認の上、演奏は問題ないと判断できました。
★★★★様にもその旨お伝えいただけますと有難いです。

以上、よろしくお願いいたします。
============

Great!! 許諾降りてよかった!

HさんはQ社の開発部長のようなポジションで、
現在は発売を控えた音楽ゲームの開発のため、
休みなしで連日深夜まで働いているそうです。
そんな中、この許諾のためにご尽力いただいて本当に頭が下がります。
丁重にお礼のメールを返しておきました。

で、早速sato makiさんに許諾連絡メールを出しました。

============
★★★★さま

メテオス制作会社の担当者の方よりメールが届き、
「演奏は問題ない」とお返事をいただきました。
これで「おまえがゆく道」を演奏するのに、
外部的な障害は無くなったわけです。
ひとまずよかったですね。

この後は★★さんの方で、顧問の先生への説明と、
他の部員の方々の了解を得る作業をしていただけますか?
ステージで演奏する機会はすぐでなくてもいいですよ。
とりあえず練習してみたいというのでも構いません。
H高校吹奏楽部の総意として、
「おまえがゆく道」を演奏したいという依頼をいただければ、
編曲・楽譜作成に取り掛からせていただきます。

正式な依頼をいただくにあたっては、はじめに送ったメールに書いたように、
一度顧問の先生からご連絡をいただけますと幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。
============

そして、昨晩sato makiさんから返事が来ました。

============
桃井様

こんにちは。
連絡、ありがとうございました。本当に嬉しいです!
今日、顧問の先生に大体の説明をし、
依頼の時に桃井さんの方へ連絡するように伝えておきました。

まだ日程、演奏できるかはあやふやですが、
こちらも全部員への説明等を早急に済ませようと思いますので、
先生から連絡が来た時にはよろしくお願いします。
============

makiさん、部員の人たちへの説明がんばってね☆
演奏実現まであと一歩です。

to be continued…


♪♪♪♪♪♪ ここからコメント欄 ♪♪♪♪♪♪

YY 2008年07月29日 09:50
音楽で広がる輪ですね♪
素敵o(^-^)o
演奏出来ると良いですね


♪♪♪♪♪♪

MOMO 2008年07月30日 04:41

>YYちゃん
ありがとう。
今のところ順調に進んでますが、
順調過ぎて逆に何かありそうで怖いですね。


♪♪♪♪♪♪

YN 2008年07月30日 06:11

おー!、いい感じで進んでますね。

次は、
先生からどういう連絡が来るか?
他の部員達の反応はどうか?
でしょうか。まだ興味深いところがありますね。


♪♪♪♪♪♪

MOMO 2008年08月01日 14:19

>YNさん
昨日ライブ本番だったので、レス遅くなり申し訳ありません。
実はこの回からもう話が進んでますので、近々続編アップしますね。


♪♪♪♪♪♪

MR 2008年08月01日 15:23

先生から絵文字入のメールが届いたりして :p


♪♪♪♪♪♪

MOMO 2008年08月01日 17:55

>MRさん
いえいえ、とても丁重なメールをいただいています。
詳しくは続報で!


〜 つづきはこちら 〜
「最終回・女子高生からのメール」
http://solid.seesaa.net/article/286241342.html
 
posted by momo at 09:10| 東京 🌁| Comment(0) | 吹奏楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

続々・女子高生からのメール

(※同日のmixi日記からの転載です)

前々回・前回の日記からの続き
<女子高生からのメール>
http://solid.seesaa.net/article/286229890.html
<続・女子高生からのメール>
http://solid.seesaa.net/article/286236010.html


昨夜、sato makiさんからメールの返事が届きました。

============
桃井様

お返事、ありがとうございました。
そして幾つか気を悪くするような文章があった事をお許し下さい。
今、答えられる質問は答えさせて頂きます。
私の本名は ★★★★と申します。
所属学校は 東京都立H高校です。

高校の行事の日程、その行事で演奏できる曲数まだ正確に決まっていませんので、
いつ演奏できるかはまだ決まっていません。また、大変恥ずかしい話ですが、
おまえがゆく道 を演奏したいというのも一部の部員での話であり、
顧問の先生や全部員に演奏したいという意思を伝えたというわけではありません。
無責任にこのような連絡をしてしまい、申し訳ありませんでした。
そして、適切な処置をして下さり、有難うございました。

また連絡・質問等がありましたら、気軽にメールを送って下さい。
よろしくお願いします。
============

とっても素直でいい子ですね。
で、今朝返事を送りました。

============
★★★★さま

ご連絡ありがとうございます。
別に気を悪くしてはいませんよ。

万事了解しました。
ではやはりメーカー許諾の結果を待ち、
OKが出たら顧問の先生にご相談いただくのがいいようですね。

許諾の結果が来たら連絡します。
よろしくお願いします。
============

そんなこんなで、あとはゲーム会社からの返事待ちです。

私自身、中学・高校と吹奏楽部に所属してました。
今回のやりとりで当時のいろいろなことを思い出しました。

中学では、顧問の先生が指揮・指導を行なうとともに、
事務的なことも全てしてくださっていましたが、
高校では、顧問の先生は飾り程度で、
生徒の中から指揮者を決め、仕切りは部長の仕事。
私は二年時に部長として事務手続一切を担当していました。

楽譜や楽器を買うための予算を申請するのもその仕事の一つ。
県立高でしたので、毎年の部活動費は微々たるもの。
生徒会から配分された部活動費の中ででやりくりして、
必要な楽譜や楽器を買い揃えなくてはいけませんでした。
おまけに私が部長のときに、生徒会顧問のY先生と揉めて、
予算を削られてしまったりして、悲しい思いをしました。

私にメールをくれた高校生は都立高のようなので、
たぶん同じように活動費は多くないのではないかと推測します。

そういえば、高校時代に著作権のことでも苦労しました。
コンクールの自由曲でプロコフィエフの曲を演奏しようとしたら、
著作権料20,000円と言われ、もちろん少ない活動費の中から払えるはずもなく、
泣く泣くその曲を演奏するのを諦め、他の曲に変更しました。
当時はまだプロコの版権切れてなかったんですね。

今となってはどれもいい思い出です。

それでは、次はメーカーの許諾結果が出たら続編アップします。


♪♪♪♪♪♪ ここからコメント欄 ♪♪♪♪♪♪

TK 2008年07月26日 12:25

素直ないい子ですね!!
今後が楽しみです。


♪♪♪♪♪♪

NA 2008年07月26日 17:19

いい教育者になってますね♪


♪♪♪♪♪♪

MR 2008年07月26日 17:21

maki さんが18歳になってMIXI始めたらこの日記読むかなぁ。
いい方向に話が進むといいですね。


♪♪♪♪♪♪

YN 2008年07月26日 21:25

いい感じですね。
都立なんですね。

メテオスをやってないので、失礼ながら、
問題の「おまえの行く道」を聞いてなかったのですが、
ネットで探して聞きました。
これは、makiさんが演りたくなるのもわかります。

各種手続き(makiさんがちゃんと先生や他の部員に話をする、も含む)が
的確に進んで、是非、演奏が実現するといいですね。
近くなら是非聞きに行きたい位です。


♪♪♪♪♪♪

MOMO 2008年07月27日 00:26

>TKさん
社会経験は未熟だけど、こちらの指摘を的確に受け止めることができる
頭の良い子だなと感じました。

>NAさん
教育と呼べるほどのことをしたかどうか分かりませんが、
この子に気持ちが通じてよかったなと思います。

>MRさん
そういえばmixiは18禁でしたね。普段は意識してませんでしたが…。
私の日記は全体公開していないので、彼女がmixiに入っても
読む確率は低いと思いますが、どうでしょうねぇ。
読んで欲しいような、欲しくないような…

>YNさん
「おまえがゆく道」どこで聴きました? 私もググってみましたが、
現在まともに聴けるのはニコ動にアップされているメドレーくらいかな。
検索して聴いてみてください。流れるコメントも面白いですしね。

他にいくつか引っかかったのは耳コピMIDIデータで、どれも音間違いが気になります。
外部ブログで話題にしたニンドリのサイトに、私が打ったサンプル音源がありますが、
バンブラの発音数や音域の限界から、かなりパワー不足です。
少し前まではメテオスオンラインのトップで曲の一部が聴けました。
でも現在ではオンラインサービスが終了してしまい載っていません。


♪♪♪♪♪♪

YN 2008年07月27日 07:54

<「おまえがゆく道」どこで聴きました? 
ご推察の通り、ニコ動のメドレー(前編)と、ニンドリのサイトです。
ニコ動のコメントはダメなときは全然ダメなんですが、
これは面白かったですね。(^^)


♪♪♪♪♪♪

MP 2008年07月28日 10:12

たぶんとてもきちんとした学生さんなんだと思いますよ。
でも、最近の若い子は(と言った時点ですでに「私はオバサンです」と告白しているようなものだが・・・)、メールという媒体に早くから触れているので、重要なお願いも「軽く」問い合わせちゃう傾向があるように思います。
私も時々初対面の人から「留学の情報ください☆」とか「このノルウェー語を翻訳して下さい♪」みたいなメールをいただきますけど、対応に困るときがあります。
個人的にはかなえてあげたいですけどね、一生懸命な人には。
でも忙しいときにボランティアはきつい。。。

しかし自分の曲を「演奏したい」と思う人がいるって作曲家冥利につきますね〜。


♪♪♪♪♪♪

MOMO 2008年07月28日 17:47

>YNさん
やっぱニコ動でしたか!
批判的なコメントが無くてホッとしました(笑)

>MP先輩
なるほどね! 我々の若いころとは感覚が違うんですね。
確かにフットワークが軽いという点では悪くない気がします。
今回もそれで山が動いたわけですからね。

> 作曲家冥利につきますね〜。
ホントにその通り。ありがたいことです。


〜 つづきはこちら 〜
「続々々・女子高生からのメール」
http://solid.seesaa.net/article/286239034.html
 
posted by momo at 11:58| 東京 🌁| Comment(0) | 吹奏楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

続・女子高生からのメール

(※同日のmixi日記からの転載です)

前回の日記「女子高生からのメール」の続報です。
http://solid.seesaa.net/article/286229890.html


皆様からいろいろご意見をいただきましたが、
基本的に何とか演奏させてあげる方向で動くことにしました。

まずメテオス制作会社Q社に女子高生のメールを転送し許諾を依頼。
早速担当のHさんから、「個人的には問題ないかと思いますが、
Q社内と発売元B社の許諾確認を取りますのでお待ちください」
とのお返事をいただきました。

それで、依頼主である女子高生には以下の返事を返しました。

============
sato makiさま

メール拝見しました。

「おまえがゆく道」を、気に入っていただきありがとうございます。
作曲した私としても、メテオスの楽曲の中で特に思い入れの深い曲なので、
makiさんのような多くのメテオスファンから支持されているのは、
ありがたいことです。

吹奏楽で演奏したいという気持ちもとてもうれしいですし、
できればそれが実現できるといいなと思っています。
でも、一般的なゲームミュージックの多くは作曲者ではなく、
ゲームを制作または発売した会社が著作権を持っているのです。

ですので、メテオスの制作会社に私から連絡しました。
まだ先方から演奏していいかどうかの返答が来ていないので、
しばらくお待ちください。

makiさんに、いくつかお願いがあります。

まず、makiさんの正確な氏名と、所属する学校名、
そして、どのような日程や場所で「おまえがゆく道」を演奏する予定なのか
早急にお知らせください。
このような依頼を行なうにあたっては、
はじめに自分が何者なのかをきちんと名乗るのがエチケットかと思いますので、
今後は気をつけてくださいね。

そして、makiさんもメールに書いているように、
そちらの吹奏楽部の編成に合わせて楽譜を作るのは、案外大変な作業になります。
一般的な吹奏楽団から比べて小編成ですし、
あまりにも演奏が難しい楽譜にならないように配慮しなくてはいけませんしね。
本来ならば、そこで相応の編曲料が発生してしまいます。
でも今回に関しては、メールを送ってきてくれたmakiさんの熱意をふまえて、
お金をいただくようなことは考えていません。
ただそれが特別なことなのだと、わかってください。

最後に、もしゲームメーカーから演奏の許諾がもらえたらの話ですが、
吹奏楽部の顧問の先生など、責任が持てる大人の方に事の詳細を伝え、
(このメールを印刷して読んでいただくのがいいかもしれません)
その方から私までご連絡をいただくようお願いいたします。

私の連絡先を一通り記しておきます。

以上、よろしくお願いいたします。
============

今のところはそんな状態です。
続報またアップします。


♪♪♪♪♪♪ ここからコメント欄 ♪♪♪♪♪♪

HE 2008年07月25日 11:58

こんにちは

著作権、難しすぎ
音楽の仕事をしていると
「これは合法」とか
「ちょっと違反」とか考えなくてはいけない場面がよくありますよね

今回の件、興味津々で読ませていただきました
桃井さんの音楽を愛するがゆえの暖かい判断に拍手
・・・ですが、本当に特別なことですよね

発表会で弾く曲にまで規制がかかるとは
この先悩みは増える一方

さっき元師匠から電話があって
発表会の歌の伴奏をたのまれ
「楽譜送るから」って言われました
まちがいなく「copy」の楽譜が届きます

これもNGですよね
ううっ


♪♪♪♪♪♪

YN 2008年07月25日 12:17

すばらしい返事ですねー。
送られてきた文面を見る限り、これで変に受け取るような子ではないでしょう。

この後、
ゲームメーカーの対応がどうなるか、
sato makiさんからどんな返事があるか、
など、興味は尽きませんが、
顧問の先生の反応も楽しみです。
顧問の先生は知っているのか(知らないと思いますが)
その先生に一般的な音楽活動についての知識がある
(=桃井さんにどんなことをお願いしているのか?を理解している)場合に、
どんな反応をするか、とか。

ゲームメーカーが×を出して終わり、という
最もつまらない結末にならないよう祈りつつ、
続報を楽しみにしてます。


♪♪♪♪♪♪

TK 2008年07月25日 12:33

こんにちは!

興味深く読ませてもらっています。
以前ニュースかなんかで読んだのでは「教育現場での使用に関しては著作権は問わない」という物でした。

その時は漫画を授業に使う為にコピーして配布する事に関しての記事でしたが、音楽も同様だと締めくくっていました。

教育が主な使用目的であり、営業とは異なるという判断だった様です。
この辺の基準が現在どういう状態になっているのか不明ですが、確かに「学校の発表会で演奏する主な目的はお金を儲ける事では無い」と思えば、著作権の適応外なのかな?…とも思いますが、どうなるんでしょうね…

当然僕なんかがドラムを教えている教室では営業に当たりますから、そういう質問に回答する事はNGとなります。
生徒にも市販の楽譜を持ってきた場合「その質問には答えられない」という事を説明しています。


♪♪♪♪♪♪

MOMO 2008年07月25日 20:03

>HEさん
そうそう、伴奏者にコピーの楽譜を渡したり、
オケのパート譜をプルートの数だけコピーをしたりするのはNGですね。
でも、私の個人的な意見を言わせてもらえば、
これは少々行き過ぎではないかと思います。
もちろん作曲家の印税収入を守るという大義名分はありますが、
どちらかといえば出版社の権益を守るための枠組みという意味合いが大きく、
音楽の普及という側面からは、明らかに障害となっている気がします。

>YNさん
「最もつまらない結末」にはならないような感触は得てますが、
一寸先は闇、どうなるか分かりませんね。
次の展開楽しみにしててください。

>TKさん
「教育現場での使用に関しては著作権は問わない」というのは、
あくまでも学内の使用に関してではないでしょうか?
学外の定期演奏会などで演奏するのなら、
入場料の有料・無料に関わらず、著作権処理は必須だと思いますよ。


♪♪♪♪♪♪

MR 2008年07月25日 23:23

makiさんはこの件ですごい勉強ができますね、いろいろと著作権以外まで。
いい経験になりそうです。


♪♪♪♪♪♪

TN 2008年07月26日 00:22

素晴らしい対応だと思います。頭が下がる思いです。

吹奏楽部で、やりたい曲がそれほど難しくなくできるのは何故だろう?と、
考えるきっかけになってくれれば嬉しいですね。

同じ譜面を演奏する仲間が全国にいて、そのために編曲という仕事をして譜面という
"商品"を作る人がいて…という全体図は、
ただ単に与えられた譜面をやっているだけでは気付きにくい現実なのかもしれません。
(元・吹奏楽部員の感想です)

大変な作業が残っていますが、頑張ってください


♪♪♪♪♪♪

NI 2008年07月26日 02:51

素晴らしい対応!権利を持つ会社やメールをくれた子に、この桃井さんの想いが正しく通じればサイコーですね!
結果が楽しみです。


♪♪♪♪♪♪

MOMO 2008年07月26日 10:33

>MRさん
中高生にとって吹奏楽やオケ、合唱などの部活動は、
音楽業界のしくみを知るいい機会になりますね。
自分も高校時代に吹奏楽部で部長をしていて、
著作権問題で四苦八苦したのを思い出しました。

>TNさん
TNさんも吹奏楽のご出身なんですね。
中高生のころの私は、誰それの編曲はいいとかコイツはだめだなんて
えらそうに言ってましたが、今思うと恥ずかしい限りで、
譜面を作り上げる苦労までは思いが至ってませんでした。
自分がその立場に置かれて初めて分かることってあるものです。

>NIさん
前の日記を書いたときにはどう処理しようか迷いがあったのですが、
NIさんのコメントに背中を押していただいた形になりました。
ありがとうございました。


♪♪♪♪♪♪

NA 2008年07月26日 17:18

すでに乗り遅れた話題になっている・・・。


♪♪♪♪♪♪

MOMO 2008年07月26日 23:49

>NAさん
いえいえ、乗り遅れてはいませんよ


〜 つづきはこちら 〜
「続々・女子高生からのメール」
http://solid.seesaa.net/article/286237238.html
 
posted by momo at 11:32| 東京 🌁| Comment(0) | 吹奏楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

女子高生からのメール

(※同日のmixi日記からの転載です)

昨夜、晩御飯を終えPCの電源入れてメールチェックすると、
見慣れないアドレスからのメールが…

----- Original Message -----
From: "sato maki"
To: <*****@momoi.**>
Sent: Tuesday, July 22, 2008 8:22 PM
Subject: こんにちは。

こんにちは、はじめまして。
吹奏楽部やってます高校生です。メテオスやってます高校生です。
「おまえがゆく道」が大好きで、これ聞く為だけにDSを起動させる事もしばしば。
そこで、おまえがゆく道を吹奏楽部で吹きたいと思っています・・・
楽譜を送っていただけると嬉しいんですが、大丈夫でしょうか?
問題がありましたら、許可を出さなくても構いません。
許可をする時にもしない時にも、返信をしてくださると嬉しいです。

返信は  にお願いします。

部員(楽器)は

クラリネット3人、フルート2人、チューバ1人、ユーフォニウム1人、
テナーサックス1人、アルトサックス2人、ホルン1人、
トランペット3人、トロンボーン2人、パーカッション2人 です。

それぞれの楽器のパート譜を作るのは大変だと思いますので、
返事はゆっくりで大丈夫です。

以上です、突然すみませんでした。
============

といった内容だった。

「メテオス」は2005年に発売されたNINTENDO DSのソフトで、
オープニングやメニューなど主にイベント系の曲を私が作曲した。
「おまえがゆく道」はメニューのBGMで、このゲームのテーマ曲とも言える。

※私の外部ブログ「音紡ぎ」に、
 「おまえがゆく道」の楽譜が雑誌掲載された際の記事があるので、
 よろしければご参照ください。
 http://solid.seesaa.net/article/26253352.html

私の曲をそれほどまで気に入ってくれたこの高校生。
気持ちは大変うれしいし、是非演奏させてあげたいと思う。
こうやって作曲者にメールしてくることも、相当勇気が必要だったであろう。

だが、何点か問題がある。


<1.著作権について>

私のようなフリーの音楽家がゲームミュージックの作曲を担当する場合、
作った楽曲の著作権がどこに帰属するかは、制作時の契約によるのだが、
通常は発売元のゲームメーカーが版権ごと買い取るという契約を結ぶことが多い。
でないと、二次商品を作るときなどにややこしいことになる。
「メテオス」も例に漏れず、発売元のB社と制作会社のQ社が版権を所持しているので、
私が許可を出せば演奏できるというものではないのだ。

もし学校内で演奏するだけなのなら、
それほど細かいことを気にしなくてもいいのではと思われるかもしれない。
だが、以前どこかの学校で卒業記念に学年全員でプールの底にミッキーマウスを描いたら、
ディズニーからクレームが来て、泣く泣く塗り潰したという事例もあるので、
学校内で演奏するだけだとしても、ちゃんと許諾を取った上でするのが最善だと思う。
少なくとも私が許諾無しで楽譜を送るわけにはいかない。


<2.アレンジについて>

文面から察する限り、この高校生は無償で「おまえがゆく道」の楽譜を
送ってもらおうと考えているようだ。
たしかにこの曲は、打ち込みでありながらオケを想定したアレンジを施してあるので、
吹奏楽にそのまま置き換えて楽譜を作るのは、それほど難しくはない。

ただし、メールにある楽器編成は一般的な吹奏楽団に比べかなり小編成なので、
相当な音減らしが必要だ。特に「ホルン1」というのがつらいな…
あとこの学校の演奏技術によっては、簡単に吹けるように配慮しなくてはいけない。
だからたぶん面倒なアレンジ作業になるであろう。

私は、もし上記の許諾問題がクリアになったとしたら、
この子の熱意に免じて無償でアレンジしてもいいと思っている。
ただ、それがどういうことなのか、この子にちゃんと理解をしてほしいのだ。


<3.マナーについて>

このメールには、はっきりとした差出人名がない。
送信者の欄で「sato maki」という名前は見て取れるが、
「佐藤まき」なのか「真木さと」なのかも不明。
性別も書いてないが、ローマ字名から考えると女子高生だろう。
また、この子が何県のどこの高校に通っているのかも全く分からない。

高校生といえども、見ず知らずの他人にものを依頼するときには、
所属する学校名と氏名をきちんと名乗ってから本題に入るべきではないだろうか。


以上のことを踏まえ、彼女を傷つけないような返事を書こうと思案中。
それに、やはり彼女の所属する吹奏楽部の顧問の先生を介して、
交渉を進めた方がいいだろうな。

返事を出して、何か進展があればここで報告します。


♪♪♪♪♪♪ ここからコメント欄 ♪♪♪♪♪♪

TN 2008年07月23日 08:11

ご無沙汰しています。お元気ですか?

なかなか難しい問題ですね。似たようなことが自分にもありました。
(「あなたがアレンジした曲をライブでやるために耳コピしてます!難しいですね!」という
メールが送られてきて、頭を抱えてしまいました…)

色々な人が作品に関わり、それぞれの権利があって、表からは見えない苦労が
たくさんあって、やっと音楽が完成している…という事は、アマチュアさんや若い人たちには
なかなか伝わりにくいのかもしれませんね。
それを教えるはずの教育も、どうかしてしまっている、というのが率直な感想です。

ご健闘と、万事上手く行くことをお祈りします。


♪♪♪♪♪♪

NI 2008年07月23日 19:29

学校の吹奏楽で演奏したいなんて、ステキな話ですね!版権元の会社に声掛けしてあげたらいかがでしょうか。桃井さんが少し手間にはなっちゃいますが、、
似た話がうちの版権物にも以前あって、楽しそうだったのでOK出したことがあります。吹奏楽アレンジや指導なんてのも面白そうですね。


♪♪♪♪♪♪

NA 2008年07月23日 23:26

悩まれますね・・・。
話が通れば、の中に、「誰が」ってのはありますよね。
youtube他では、むしろ推進派と、むしろ保護派も分かれていて、大変悩ましい気がします。

冷たいようなんですが、おいらの場合、「誰」がわからないと何もしない、なんてのが大人からの無言のメッセージのような気もしますが・・・・。

ちなみに、学校って、結構な無法地帯ですよね。教育ならなんでもあり、見たいな・・・。

書きたいこと書いちゃいました。


♪♪♪♪♪♪

MR 2008年07月24日 00:44

やっと文化に対しても理解が広がってきた昨今なので、そろそろ学校で著作権っていうものの教育をしてもいい頃になってきたかしれませんね。
ついでに著作隣接権のことも付随させておいていただければ、スタジオ仕事をやってきたもんとしてはうれしい限りです。

続報をいい意味で楽しみにしています。


♪♪♪♪♪♪

MOMO 2008年07月24日 01:18

お三方それぞれのご意見参考になりました。ありがとうございます。

>TNさん
ご無沙汰です。いつもお忙しそうですね。
うちにも耳コピMIDIデータが送られてくることがありますが、
「ごくろうさま」と言ってあげます。音間違いは指摘しますが…。
他の芸術分野は、創り手⇒受け手の関係が割りとシンプルなのに対し、
音楽は、作曲⇒編曲⇒演奏⇒鑑賞と段階が多いのも、問題が複雑化する要因ですかね。
プロの音楽家でも版権のことを細かく把握してない人もいるくらいなので、
アマチュアの人たちにはなお一層伝わりにくいのでしょう。

>NIさん
私もできるだけ彼女の夢を叶えてあげる方向で考えてますし、
いろいろ周りを巻き込んで話を大きくするのもありかなとも思います。
ゲーム会社がどこもみんな、NIさんの会社のように
「楽しければOK」みたいな大らかさを持っていればいいのですが、
N社さんのように、子供がピアノ発表会で大好きなMリオの曲を弾くのも
許さないみたいなところもあるのは寂しい限りです。

>NAさん
前世紀の権利ビジネスモデルは、この時代には最早通用しないのに、
未だに頭の転換ができない人たちがいるのには困ったものです。
本当の意味で創り手の権利が守られ、受け手が芸術資産の恩恵を享受できる、
そんな体制が早く確立できたらいいなと思います。


♪♪♪♪♪♪

YN 2008年07月24日 01:20

いろいろお世話になっております。

いやー、何はさておき、ネタとしてものすごく
「面白い」
ですね。(失礼!)

3.マナーの観点だけでも、
「大丈夫でしょうか?」とか、
「許可を出さなくても」とか、
表面的にはかなり失礼な物言い。
がんばって、丁寧に、敬語を使おうとしている気持ちは
伝わってくるんですが..

動きがあったらぜひ教えてください。


♪♪♪♪♪♪

MOMO 2008年07月24日 01:34

>MRさん
コメントすれ違いでした。ごめんなさい。
TNさんやMRさんのご指摘のように、
音楽教育のあり方を根本的に見直す時期なのかもしれません。
著作隣接権の保護も確かに重要ですね。

>YNさん
面白く感じていただきありがとうございます。
いやいや、一般高校生に社会人並みの敬語を期待するのは無理なので、
言葉遣いはご愛嬌ですね。ご指摘の通りで寧ろ微笑ましい。
でも最低限「ちゃんと名乗れよ」というのは、柔らかい言い方で返そうと思います。


さてさて、こんなに反響があると続報アップせざるを得ませんね。
皆様、しばしお待ちくださいませ。


〜 つづきはこちら 〜
「続・女子高生からのメール」
http://solid.seesaa.net/article/286236010.html
 
posted by momo at 07:11| 東京 🌁| Comment(0) | 吹奏楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする