2016年10月18日

「合唱劇"銀河鉄道の夜"」総集編

8/27・28に愛知・瀬戸にて上演された「合唱劇“銀河鉄道の夜”」(脚本・作曲/桃井聖司)の総集編が、地元のケーブルテレビで今月末まで放映されるそうです。

GCTV(グリーンシティケーブルテレビ)
『ハロー!マイタウン』
(10月15日から31日まで放送)
<そらまめ12ch>
毎日 9:40〜/13:10〜
<そらまめ11ch>
水・日 26:00〜(木・月 2:00〜)
木 27:00〜 (金 3:00〜)

放映地域の方、是非ご覧ください!

残念ながら放映地域外にお住まいの方々にもYouTubeで観ていただくことができます。

「合唱劇"銀河鉄道の夜"」総集編
setoyoutube.jpg


私も早速拝見しましたが、公演の記憶が蘇ってきます。
ピース合唱団の皆さんの熱演、よろしければ観てくださいね。
posted by momo at 08:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀河鉄道の夜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月02日

終着駅

8/27・28に愛知・瀬戸で上演された桃井聖司脚本・作曲の「合唱劇“銀河鉄道の夜”」。無事終着駅にたどり着きました。お忙しい中ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。
ピース合唱団の団員・スタッフの皆様の和気藹々としたファミリーな感じがとっても居心地が良くて、打ち上げも夜遅くまで楽しませていただきました。ほんとうに感謝に堪えません。またいつか同じ汽車に乗って旅が出来ることを切に願っています。

ゲネの様子
stage.jpg

スタッフ楽屋
gakuya.jpg

ピアノ・歌唱指導の野村知子さんと
tomoko.jpg

女優陣と
girls.jpg

窯のひろばでの打ち上げ
kama.jpg

打ち上げでも合唱
piano.jpg
posted by momo at 08:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀河鉄道の夜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

宮澤賢治生誕百二十年

明治29年(1896年)8月27日に生まれた宮澤賢治。本日は賢治の「生誕百二十年」に当たります。記念すべきこの日に愛知・瀬戸の地にて、私が脚本・作曲を担当した「合唱劇“銀河鉄道の夜”」が上演されます。

8年ほど前に、賢治生誕の地・岩手県花巻市を訪れる機会があり、その際に賢治の生家を訪ね、賢治の姪御さんとお話をさせていただくことができました。「宮澤賢治」というと一般的には「ストイックで気難しく寡黙な人だったのでは?」と思われがちですが、姪御さんによると実際の賢治さんはそんなイメージとは正反対で、ユーモラスでよくしゃべり明るい性格の方だったそうです。

「銀河鉄道の夜」を題材にした舞台作品や映像作品はこれまでに数多く作られています。原作のテーマの重厚さと「死」を扱うこともあってか、必要以上に全体のトーンが重く暗くなる傾向があるように感じていました。それに対し、私の音楽劇では何よりも「明るく楽しい銀河鉄道の旅」を描きたいと考え、その中で原作の持つ多重なテーマを分かりやすく伝えることに注力しました。

今回も演出の田中美代子先生はじめピース合唱団の団員・スタッフの皆さんのパワー全開の楽しい舞台に仕上っています。昨日の夕方に合流し通し稽古を観せていただき、成功を確信しました。

setosasori.jpg

「宮澤賢治生誕百二十年」の今日、賢治の代表作「銀河鉄道の夜」を舞台で鑑賞しませんか? 私たちと一緒に「銀河鉄道」の旅に出発しましょう。たくさんの乗客の皆様のご乗車をお待ちしております。

〜〜〜☆〜☆〜☆〜〜〜
ピースフェスティバルin瀬戸 ステージ企画
「合唱劇“銀河鉄道の夜”」

原作:宮澤 賢治
脚本・作曲:桃井 聖司

指揮:山本 高栄
演出:田中 美代子
ヴァイオリン:伊東 かおり
チェロ:中尾 恵子
ピアノ:野村 知子
瀬戸ピース合唱団

ステージング:田中 りえ
舞台監督:梶野 真男
照明:坂下 孝則
音響:間瀬 卓哉

日時:28年8月27日(土)18:30〜
      8月28日(日)10:30〜
        8月28日(日)14:30〜
      〈開場は各回30分前です〉

会場:瀬戸蔵 つばきホール
   (愛知県瀬戸市蔵所町1―1)
http://www.city.seto.aichi.jp/docs/2014040200076/

料金:大人 2000円
   大学生以下 1500円
〜〜〜☆〜☆〜☆〜〜〜

瀬戸銀河鉄道チラシ.jpg
posted by momo at 09:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀河鉄道の夜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

再び瀬戸へ

本日、瀬戸ピース合唱団・合唱劇『銀河鉄道の夜』の稽古にお邪魔しました。

13680348_1119142088124776_7580663472560809542_o.jpg

来月に本番を控え、稽古も大詰め。前回伺ったときより、芝居も合唱もかなりまとまって来ました。ソロ曲も難曲ぞろいのところ、キャストの皆さんが良く歌い込んでくれていて格段に進歩してました。
来月の本番までにどのように銀河鉄道が形作られ変化していくのか、とても楽しみです。
公演は来月8/27土・28日@瀬戸蔵つばきホール。
お近くの方も遠方の方も、是非観に来てくださいね!
〜〜〜☆〜☆〜☆〜〜〜
ピースフェスティバルin瀬戸 ステージ企画
合唱劇『銀河鉄道の夜』
原作:宮澤 賢治
脚本・作曲:桃井 聖司
指揮:山本 高栄
演出:田中 美代子
振付:田中 りえ
ヴァイオリン:伊東 かおり
チェロ:中尾 恵子
ピアノ:野村 知子
瀬戸ピース合唱団
日時:28年8月27日(土)18:30〜
      8月28日(日)10:30〜
        8月28日(日)14:30〜
      〈開場は各回30分前です〉
会場:瀬戸蔵 つばきホール
   (愛知県瀬戸市蔵所町1―1)
http://www.city.seto.aichi.jp/docs/2014040200076/
料金:大人 2000円
   大学生以下 1500円
〜〜〜☆〜☆〜☆〜〜〜

13510752_860368234069449_9209010290800481675_n.jpg
posted by momo at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀河鉄道の夜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月30日

瀬戸銀河鉄道稽古にアポなし突撃

瀬戸銀河鉄道、ごとごとごとごと天の川を疾走中〜
アボ無しで稽古場へ突撃しましたが、熱の入った稽古を見せていただきました。
本番まで4ヶ月弱。いい公演になりそうな予感。

♪瀬戸ピース合唱団企画公演2016
合唱劇「銀河鉄道の夜」

原作:宮澤 賢治
脚本・作曲:桃井 聖司
指揮:山本 高栄
演出:田中 美代子
振付:田中 りえ

日時:8月27日(土)夜・28日(日)午前・午後 三公演
会場:瀬戸蔵つばきホール

<出演>
ジョバンニ:安藤 優由
カンパネルラ:高井 栞/宮本 千愛里

瀬戸ピース合唱団
ヴァイオリン:伊東 かおり
チェロ:中尾 恵子
ピアノ:野村 知子

公演時間など固まり次第、告知します。
お近くの方、予定空けておいてくださいね!

13138758_1071062182932767_4933554503966103533_n.jpg


13124871_1071062189599433_2759410750409404344_n.jpg


13133257_1071062242932761_4106911297888056812_n.jpg


13083285_1071062269599425_3796331472692066609_n.jpg
posted by momo at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀河鉄道の夜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

「音楽劇“銀河鉄道の夜”」博多公演稽古見

(前の日記からの続きです)

博多リバレインホール」下見のあと、
川沿いのお洒落なカフェでお茶をしてから、
稽古が行なわれるアクティブハカタさんの事務所に向かいました。
到着してからも稽古開始まで少し時間があったので、
社長の中村さんにご挨拶をさせていただき、
しばし「宮澤賢治」談義に花が咲きました。

今回の「音楽劇“銀河鉄道の夜”」博多公演は、
中村さん自ら演出をしてくださっています。
私が脚本と音楽を書いた作品ですが、当然のことながら
演出家が作品をどう解釈し、何をお客様に一番に伝えようと考えるかによって
上演されるものは大きく変わってきます。
今回の公演ではどんな「銀鉄」が育っているのか、とても楽しみです。

そしていよいよ稽古開始!
稽古場は予想以上に広く、余裕を持って稽古が出来る感じでした。
真島くんに案内されて私が入室したときには、
キャストもオケの皆さんもスタンバイ済み。

主役ジョバンニは中学生。そして相手役カンパネルラは小学生。
劇団四季の福岡公演にも出演している優秀な子役の女の子たちです。
今までこの作品のジョバンニ・カンパネルラ
(我々は「ジョバカンパ」と略して呼んでます)
は、大人の俳優が演じていました。
でも、彼女たちのように小中学生ならば、
ほぼ等身大で演じることができるのではないかと思います。

脇を固める役者の方々は子供と大人が半々くらい。、
特に年配の役者さんは、味のある芝居が期待できそうです。
オケのお三方も地元で活躍している奏者の方々で、
稽古前から入念なウォーミングアップ。
とても安定感のある音を出されていました。

小道具「プリオシン海岸」の看板。
kanban.jpg

しっかりとした造りですね。

そして、アクティブハカタさん所有の秘密兵器、
本番で使用するプロジェクタです。
projector.jpg

ボディの大きさにたがわず、かなりの光量でした。
このプロジェクタを使いステージ背面のホリゾントに
絵やムービーを映し出します。
写真右側でMacを操作されているのが、
アクティブハカタ社長であり演出家でもある中村さんです。

時間になったので、まず第一幕から稽古を進めていきました。
とりあえずは全体を見せてもらって、その後細かい部分を
指摘しようと考えていました。

芝居の稽古は、比較的段階が進んでいるように感じました。
賢治に造詣が深い中村さんの演出意図を、
役者の皆さんがしっかり汲み取り演技できていたと思います。

その一方で、歌に関しては、これまでの稽古で
生オケと合わせる回数がそれほど多くなかったということもあってか、
キャストのオケの呼吸がなかなか合いません。
しかも曲のテンポが全て遅い。
歌い手と奏者がお互いに探り合うから尚更遅くなるんですね。

今回の博多公演では、公演時間制限が80分だったので、
それに合わせて脚本や楽曲をカットしました。
でも歌のテンポが遅くなると、せっかく削ったのに、
本番で時間オーバーしてしまう可能性があります。

しびれを切らせて、途中から私が指揮に入りました。
奏者三人のオケなので、この演目では指揮者を立てません。
でも、歌のテンポの重心が定まらないままの稽古を続けても意味がありません。
当初の方針を変更し、歌の表現の細かいところまで直しつつの
じっくりみっちり稽古に切り替えました。当然時間がかかります。
時計をちら見しながら最後までは行けないだろうなと思いつつも、
このままおざなりには済ませられないので、
一曲一曲丁寧に稽古をしていきました。

残念ながら第一幕が終わったところでタイムオーバー。
私が空港へ向かわなくてはならない時間となりました。
明朝の始発だとどうしてもその日の仕事に間に合わないので、
今日のうちに東京に帰らなくてはならなかったのです。

稽古見はあっという間でしたが、作者である私の想いは、
キャストや奏者の皆さんに充分に伝わったのではないかと思います。
第二幕を細かく私が見なくても、第一幕の流れで、
きっと理解してもらえるでしょう。

真島くんに空港まで送ってもらい、急いでお土産を買い、
飛行機に乗り込みました。

to be continued...
 
posted by momo at 21:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀河鉄道の夜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いざ博多へ

昨夜の平塚でのシネマ愚連隊「小人探偵 多羅小伴内」撮影の興奮も醒めやらぬ中、
本日は今月27日開催の「音楽劇“銀河鉄道の夜”」博多公演の稽古見のため、
羽田から福岡空港へと向かいました。

「音楽劇“銀河鉄道の夜”」は、宮澤賢治さんの代表作を題材に、
私が脚本と音楽を書いたミュージカル作品で、
05年に岡崎市コロネットで初演して以来、各地で再演を重ねています。

09年の東京公演で「鳥捕り」と「インディアン」の二役を演じてくれた真島邦英くんが、
現在は郷里の博多でアクティブ・ハカタという芸能プロダクションの一員として活躍中。
今回の博多公演はアクティブ・ハカタさん主催の下、真島くんの主導で企画を進めてくれました。
地元の中学生対象の鑑賞会として行なうホール公演です。

27日の本番は観に行けないのですが、稽古を一度見て欲しいとの依頼を受け、
17日の敬老の日で打診したところ、先方とスケジュールが合わず、
後は本番までで唯一空いていたのが本日23日秋分の日でした。


博多へ向かう機上から撮った「雲の絨毯」
 
cloud.jpg
 
二時間弱で福岡空港へ到着。早いものです。
 
fukuoka.jpg
 
羽田や成田と違って、結構街中に空港があるんですね。

程なくして真島くんが迎えに来てくれました。
稽古開始までまだ時間があるので、まずは博多駅へ。
 
hakata.jpg
 
駅ビルの中にあるラーメンストリートで、老舗「だるま」の
本場博多ラーメンをご馳走になりました。
 
daruma1.jpg
 
有名人のサインが所狭しと並んでます。
 
daruma2.jpg
 
さすがに本場の味は違いますな。
 
daruma3.jpg
 
ご馳走さまでした!

その後、アクティブハカタさんが来月10月にオープンする予定の
博多リバレインホール」へ特別に案内していただきました。
 
riverain.jpg
 
ファッションビルの一角に新しく登場したホールが博多のカルチャーを牽引していく、
…そんな意気込みを感じる充実した設備でした。
博多でミニライブ開催などお考えの皆さん、
この「博多リバレインホール」絶対オススメですよ。

そして、いよいよ稽古見の時間がやって参りました…
to be continued...
posted by momo at 17:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀河鉄道の夜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

双子と初対面、そしておりべえ会合同練習へ

今日は何時にも増して慌しい一日でした。

午前中は岡崎リブラのスタジオにて、
11月の「銀河鉄道の夜」稲沢学校公演に出演していただく、
双子の星役のお二人と初顔合わせ。
ポウセ童子役の佐藤磨穂さんは、以前に幸田町のミュージカルでも
同じポウセ役を演じたとのことで、不思議な縁を感じました。

午後からはおりべえ会の月例会と合同練習で岡崎北中学へ。
写真は学校の会議室に掲示してあったもの。
 
IMG_0192.jpg
 
賢治つながりで撮らせていただきました。
なかなか考えさせられる内容です。

17時に練習を終えて、18時5分の東岡崎発名鉄特急に飛び乗り、
豊橋からひかりで東京に戻ってまいりました。
これから、今週クランクインする映画の顔合わせ。
今回は音楽を作るだけでなく、作曲家役としてのセリフと、
ヒロインの歌のピアノ伴奏をするシーンがあるので、楽しみです。
 
posted by momo at 22:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀河鉄道の夜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

スパンキー演劇部公演「銀河鉄道の夜」

leef001.jpg


2月11日の建国記念日に中野の小劇場で行なわれた
スパンキー演劇部第2回公演「銀河鉄道の夜」を観に行ってきました。

西野誠くんが歌唱指導に行っている声優養成専門学校の演劇部の公演で、
脚本は書き下ろしのオリジナルですが、
私の作品「音楽劇“銀河鉄道の夜”」の中から歌を6曲提供いたしました。

自分が音楽劇の脚本を書いたせいか「銀河鉄道の夜」を扱った他の公演を観ると、
どうしても脚本に辛い評価を付けてしまいがちなのですが、
ソニックソングスの松井秀樹さんが書かれた今回の脚本は
よく出来ていると感じました。
事前に見せた私の脚本から構成など参考にしている部分もあるのですが、
より一歩踏み込んだ表現で伝えたいことが非常に明確になっています。
賢治フリーク、銀河鉄道フリークの人たちとっては、
原作に登場しない台詞を付け加えることに賛否両論あるでしょうが、
難解と云われる原作を上手く噛み砕いていて、好感が持てました。

今回の演劇公演のために打ち込みカラオケを制作し、
二度ほど稽古場へ歌唱指導に赴きました。
演じるのは声優の卵の学生たちなので、歌は本職ではありません。
初めに行ったときは歌の仕上がりが正直ちょっと心配になったのですが、
何週かおいて二回目の指導に行ったときには、
みんなとてもよく練習してあって進歩著しく驚きました。

本番は昼夜二公演の予定で、昼公演を岡村麻未ちゃんと観に行きました。
客席が広くなかったのでお客様が入りきらず、急遽夕方に一公演追加したそうです。
昼公演は初回だったせいか少し固さがありましたが、
みんな稽古の成果を十二分に出し切って熱演していました。
夕公演、夜公演と固さが取れてさらに練り上げられていっただろうと思います。

今回の公演の成功でドラマCD化の話も出てきたようです。
声優を志す人たちなので、きっと面白いものが出来るでしょう。

*****

今回のスパンキーさんの公演でも使用した「音楽劇“銀河鉄道の夜”」主題歌です。
音楽劇初演から幾度となく主役ジョバンニを演じてくれている
岡村麻未ちゃんの歌でお聴きください。
(PCから聴けます 携帯でお読みの方ごめんなさい)

♪夜空に輝く星たちよ

作詞・作曲/桃井聖司
歌/岡村麻未
Violin/伊東かおり Cello/中尾恵子 Piano/杉浦雅子

<Windowsの方(MediaPlayer再生)>
http://composer.jp/music/yozora.asx

<Macintoshの方(QuickTime再生)>
http://composer.jp/music/yozora.mov
 
posted by momo at 20:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀河鉄道の夜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

音楽劇「銀河鉄道の夜」東京公演

70680_258027559.jpg

来る6/26、27に下北沢にて、私の作った音楽劇「銀河鉄道の夜」を上演します。

2005年の初演以来、愛知県で再演を重ねてまいりましたが、
今回が東京地区初公演となります。
お時間許しましたら、是非観に来て下さい。

〜音楽劇“銀河鉄道の夜”東京公演〜

日時:2009年6月26日[金] ・27日[土]
<第一回公演> 26日[金] 開演19:00 (開場18:30)
<第二回公演> 27日[土] 開演14:00 (開場13:30)
<第三回公演> 27日[土] 開演18:00 (開場17:30)

会場:北沢タウンホール(下北沢)
入場料:前売 一般/3500円 中学生以下/2000円(当日500円up)
※親子前売割引 一人あたり各500円引

出演/岡村麻未 岩本やよい 北村がく 池谷京子 西野誠 寺西紀子 真島邦英
  村井香保里 緒川真生 佐藤ザンス 相川佳巳 須藤香菜 局田奈都子
Violin/鈴木智子 Cello/佐々木大輔 Piano/川村紀子

原作/宮沢賢治 脚本・音楽・演出/桃井聖司
振付・演出補/西崎果音
Illustration/木ノ下夜 都筑ゑり子 映像/遠藤湖舟
照明/Lighting JAM 音響/mosaictone
主催/彩響舎 協力/CLA・アンフィニ・スタジオ

チラシ画像はPCから以下をご覧ください。
http://composer.jp/ginga.html
posted by momo at 16:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀河鉄道の夜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

ライブのお知らせ〜3/12渋谷"March March"

omote.jpg ura.jpg

3月12日(木)の夜に渋谷でライブに出演します。

ミュージカル・シンガー岩本やよいさんと村井香保里さんの
ジョイント・バースディライブ。
何と生まれ年も誕生日も血液型も全く一緒だというこのお二人!
同じ星の下に生まれた二人が、息の合ったハーモニーを聴かせます。

ピアノと全ての楽曲アレンジが私。
ヴァイオリンは、昨年のあさももライブからお世話になっている
鈴木智子さん、通称もこちゃんです。

第一部は、ミュージカルナンバーから、ロックの名曲やJ-POPまで
ヴァラエティに富んだ構成。
6月に公演を控えた私の舞台作品「音楽劇“銀河鉄道の夜”」からも
2曲を演奏します。

第二部は、ロイド=ウェバー作曲で国内未公開のミュージカル
「Tell me on a sunday」を岩本やよいさんの翻訳・脚本でお送りします。

お近くの方、お時間ございましたら是非お越しください。

以下詳細です。

========

〜March March〜

日時:3月12日(木)19時開場 19時30分開演
会場:公園通りクラシックス
http://www.radio-zipangu.com/koendori/index.php

出演:岩本やよい、村井香保里(以上Vocal)、
   鈴木智子(Violin)、桃井聖司(Piano、Arrange)

チャージ:3,000円(1drinkにご協力お願いします)

プログラム
 <第一部>
 ♪Light in the piazza
 ♪Somebody to love
 ♪女性Duoメドレー
 ♪「音楽劇“銀河鉄道の夜”」(脚本・音楽:桃井聖司)より
  他
 <第二部>
 ♪短編二人ミュージカル「Tell me on a sunday」
  (作曲:Andrew Lloyd Webber、翻訳・構成・脚本:岩本やよい、
  編曲:桃井聖司)
posted by momo at 10:36| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀河鉄道の夜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

銀河鉄道学校公演

last.jpg kippu.jpg sasori.jpg

先週土曜日11/8に、私の作品「音楽劇“銀河鉄道の夜”」を
愛知県稲沢市の中学校で上演してまいりました。

今まで愛知県の公演の場合、名古屋の役者さんたちを中心に編成していたのですが、
今回は東京のメンバーを中心にして、東京で稽古を行い、
本番前日から車で移動するという旅公演形式を試みました。
でも、楽器奏者は三人とも愛知県岡崎市在住なので、
オケ合わせが前日の数時間のみという状態。
でも奏者のお三方には2005年の初演から何度も演奏をお願いしているので、
歌い手の気分でテンポがゆれる難しいナンバーもバッチリ合わせてくれました。

東京組、名古屋組と別れた役者陣も、少ない稽古の中で、
私の出す無理な注文にも応え、クオリティの高い演技を披露してくれました。
自作品ながらラストは涙が止まりませんでした。

学校公演の場合、学校によって先生方や生徒さんたちの反応もまちまちなのですが、
今回はとてもよい感想をいただき、ホっとしました。
出演者&スタッフの皆様、本当にありがとうございました。
素晴らしいカンパニーと出会えたことは“ほんとうの幸い”でした。

またこの作品を上演できる機会を設けられるよう、尽力したいと思います。

==========

音楽劇“銀河鉄道の夜”主題歌です。
PCからしか聴けませんが、よろしければお聴きください。

♪夜空に輝く星たちよ
作詞・作曲/桃井聖司
歌/河崎麻栄
ヴァイオリン/伊東かおり
チェロ/中尾恵子
ピアノ/杉浦雅子
posted by momo at 09:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀河鉄道の夜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

公演終了!

A-149.jpg A-141.jpg

9月18日名古屋市アートピアホール
音楽劇「銀河鉄道の夜」
おかげさまで終了いたしました。

ご来場いただきましたお客さま、
ありがとうございました。
出演者・スタッフの皆さま、
おつかれさまでした。

また次のステップに向けて
歩き出したいと思います。
このところブログも止まってしまってましたが、
また再開したいと考えています。

どうぞよろしくお願いいたします。
posted by momo at 21:29| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 銀河鉄道の夜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

お役所へ

今年9月にアートピアで予定している公演に対する名義後援を申請するため、
名古屋市役所と愛知県庁へ。
自治体と教育委員会の両方の後援をいただくのが目的。

これまで後援申請した自治体だと、その場で申請書を書いて出せばOKだったが、
名古屋市の場合はいくつかの資料の添付が必要ということだったので、
申請書用紙だけいただいて後々資料とともに郵送。
愛知県の場合は申請書用紙をいただくのにまず資料の提出が必要で、これも郵送。
自治体の規模が大きくなると手続きも複雑だ。

後援といってもチラシやポスターなどに後援名義が載るだけで、
実質的なサポートは何もない。
でもこの後援名義があるかないかで、公演宣伝のしやすさが全然違ってくる。
我々の公演の性質上、学校や公共施設でのチラシ配布やポスター掲示を
お願いすることが多いが、それらの印刷物に
自治体や教育委員会の後援名義がないと、
にべも無くお断りされてしまう。
逆に名義が入っていると断られるケースはまず無くて、強力なお墨付きなのだ。
以前それで苦い思いをしたことがあったので、
今回もこの名義後援申請は欠かせないププロセスだ。
posted by momo at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀河鉄道の夜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

新年会

今日はカンパニーの新年会。
お馴染みの共演者もいれば初めてお会いする方もいて、
20人を超えるメンバーで歌や演奏や映像とともに新年を祝った。

こちらからお願いしたわけではないのに、
「銀河鉄道の夜」や「きらきらかがやくこころ」など私が作った歌を、
皆が繰り返し楽しんで演奏してくれたのがうれしかった。

これからこの仲間たちとたくさんのステージを創って、
多くのお客さんに感動を与え続けていきたいと
改めて決意させる一夜だった。
posted by momo at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀河鉄道の夜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

苹果の香り

銀河鉄道はジョバンニとカンパネルラが主役なのに、
二人のデュエットが少ない。

一幕は「僕は知っている」と「星めぐりの歌」の二曲。
二幕は先日追加した「二人歩いて行こう」改め
「ほんとうの幸をさがして」の一曲のみ。

そこで二幕にもう一曲デュエット曲を追加した。
燈台守からりんごを受け取って歌う「苹果(りんご)の香り」だ。

♪苹果の香りはお母さんの香り
 きれいなその手で皮を剥いてくれた
 苹果のような赤いほっぺをして
 頬張ったあの味忘れない

♪苹果の香りはお母さんの香り
 おやつの時間に作ってくれた焼菓子
 僕が美味しそうに食べるのを見て
 笑ったその顔忘れない

銀河鉄道の歌は、宮沢賢治の原文に近い形で歌詞を構成したものと、
情景に合わせて作詞をしたものの、二種類に分けられる。
この「苹果の香り」は後者だ。

ジョバンニのあさえちゃんとカンパネルラ役のまゆちゃんは、
大学の同級生で学生時代から大の仲良し。
あさえちゃんの誘いで、まゆちゃんは今回の公演に加わってくれた。
二人の息の合った二重唱が、きっとお客さんを
きらびやかな銀河の世界に誘うことだろう。
posted by momo at 12:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀河鉄道の夜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

代役

あさえちゃんと14時から渋谷で合わせ。ジョバンニの歌の細かいチェックをした。
あさえちゃんも代役の件は心配してくれて、二人で頭を抱えていた。

そこへまちこちゃんからメールが…。
ゆかちゃんが担当するはずだった燈台守役とマルソ役を
分けることにしたのだが、二役とも代役が見つかったとのこと。

燈台守役は、まちこちゃんと万博で「一粒の種」に出演中の男性。
マルソ役は、まちこちゃんと同じ舞音女というグループに所属する女性。

…とのことだった。

とりあえず、代役が見つかってほっとした。
まちこちゃんの人脈のおかげ。感謝感謝。
posted by momo at 18:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀河鉄道の夜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

アクシデント

とある事情で銀河鉄道キャストの一人であるゆかちゃんが、
公演に出演できなくなった。本番まで2週間余り。
今から代役を探さなくてはいけない。
果たして見つかるのだろうか?
posted by momo at 23:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀河鉄道の夜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

FM出演

9月9日の銀河鉄道公演に朗読で参加してもらうさちこさんが、
FMおかざきでレギュラーで担当している番組に、
公演宣伝のため、あさえちゃん、まちこちゃんとともに出演させてもらった。

公演のたびにFMおかざきさんにお世話になっているが、
生放送で話すのはいつも難しい。

今回はあさえちゃんの生うたを披露。キーボードを持ち込んで伴奏した。
放送を聴いて、足を運んでくれるお客さんがいるとうれしい。

VFSH0081.JPG

放送が終わった後は、チェロの中尾さんのお宅で楽器リハ。
あさえちゃんとまちこちゃんもそのまま同行してくれて、歌ってくれた。
いつも楽器だけのリハのときは、キーボードを持ち込んで、
自分がメロディを弾いていたので、今日は歌い手さんに来てもらって助かった。
posted by momo at 15:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀河鉄道の夜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

クライマックス

昨日のリハが終わった後、みんなでCannery Rowに行って夕食。
その席で、ジョバンニ役のあさえちゃん、カンパネルラ役のまゆちゃんと、
最後の別れのシーンにもう一曲デュエットがほしいね、という話をした。

それで昨晩帰ってから新曲「ふたり歩いていこう」を作った。
前半は1幕のデュエット曲「僕は知っている」のリプライズ、
後半はぐっと盛り上がり、かなりの高音でハモる新たな展開。
物語のクライマックスにふさわしい曲にできたと思う。

まゆちゃんは岐阜からリハに通っているが、昨日今日と2日連続になるので、
豊川のあさえちゃんの実家に泊まっていた。
リハは午後からなので、午前中は二人で自主トレするとか。
朝、そこへ出来立ての譜面をファックスした。

午後から昨日につづき、コロネットでのリハ。
二人ともバッチリ新曲の音取りをして来てくれたので仕上がりも早い。
あさえちゃんは、冒頭五連符で「カンパネルラ〜」と歌う箇所が気に入ったらしく、
本来の曲名はあまり浸透せず「カンパネルラ〜」の曲と
呼ばれるようになってしまった。

リハ後には、明日のFM出演の打ち合わせもあり、
コロネット1FのTip Topに行き、みんなでお茶。
明日は朝の放送なので、早起きだ。
posted by momo at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀河鉄道の夜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする