2015年12月01日

Sweets × Sweets Memories

11/29(日)に故郷・愛知県岡崎市のカフェ「華乃庵」で開催されたライブ「Sweets × Sweets Memories」の中の一コマ。高校の同級生と一年下の後輩で構成したバンド「れんこんと愉快な生野菜たち」です。

12322536_650426531765942_1832598108656793362_o.jpg

ヴォーカルのれんこんは、中高の後輩で中学時代からNo.1アイドル。初めて身近で見つけたスーパーヴォーカリストでした。30年のブランクを経て立った今回のステージでは、私のプロレベルの要求をことごとくクリアし、中高時代にも勝る天使の歌声を響かせてくれました。

ヴァイオリンのKOHTENは、プロのヴァイオリニスト。高校時代は吹奏楽部の私の次の代の部長で、クラとサックスを吹いてました。これに先立つソロステージでも、素晴らしいパフォーマンスを披露してくれました。今後もいろいろなところで共演していけたらと思ってます。

ギターの中口くんは、歌、鍵盤、ギター、ドラムと何でもこなすマルチプレーヤー。高校時代は関わりがなかったけど、近年いろいろなところで関わらせてもらってます。普段は某局にお勤めで多忙な毎日を送る中、JKNという音楽ユニット活動を展開中。

ベースの梅田くんは、高校1年のとき同級で音楽的嗜好が似てました。音楽の授業で2人でフリーの即興演奏を発表し、調律したてのピアノをズタズタにして先生を半泣きにさせたのも良い思い出。

パーカッションのちゃんかずは、高校時代からなぜか知ってましたが、近年突然Twitterをフォローしてくれて高校時代と結びつかず長らく謎の人物でした。今回楽器演奏経験無しの段階から私の罵声に耐え、しっかりとリズムを支えてくれました。

素晴らしい仲間たちに感謝!!

12304370_784886321640683_8664964669091114121_o.jpg
posted by momo at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月21日

岡崎高校同窓会

本日、母校岡崎高校の同窓会が岡崎市・竜美丘会館にて開催されました。
今年は我々38回生が幹事学年ということで、たくさんの同級生が集結しました。

同窓会.jpg

お馴染み岡崎混成合唱団のオープニングアクトで幕開け。
プログラムの一つに加えていただいたのが、
私のミュージカル作品「音楽劇“銀河鉄道の夜”」より主題歌「夜空に輝く星たちよ」。
この日のために書き下ろしたアカペラスペシャルアレンジバージョンを
素晴らしいハーモニーで演奏していただきました。



同窓会に続く38回生の同年会では、
一学年下のヴァイオリニストKOHTENとアトラクション演奏。

piano.jpg

KOHTENは、 名古屋を中心に活躍するプロのヴァイオリニスト。
高校時代は吹奏楽部の私の次の代の部長で、クラとサックスを吹いてました。
今回私の誘いを快く引き受けてくれて、久しぶりの共演が叶いました。

本当は同級生のオペラ歌手、松林宏子さんも共演する予定でしたが、
どうしても抜けられない公演稽古と重なってしまい、やむなくビデオ出演。

松林.jpg

松林さんが歌うビデオ映像に、生でKOHTENと私が伴奏する曲芸的な演目。
これはこれで面白かったです。

岡崎高校の後輩で衆議院議員の重徳和彦氏とも再会。
妹の大学の同級生でもあり、今でも職場でよく会うとのこと(笑)
同窓会2.jpg

順番が前後しますが、同窓会最後の校歌斉唱でも伴奏を担当。

♪理想を高く空に掛け 向上の途辿らんと
岡に集えば我が行く手 望み輝き渡るかな

本当にいい校歌だと、しみじみ想いながら伴奏しました。



たくさんの旧友や後輩と再会できて、思い出深い同窓会・同年会となりました。
posted by momo at 23:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月25日

みうらまいこライブ

最近よくご一緒させていただいている、
名古屋出身のシンガーソングライター
みうらまいこさんのサポートで、
六本木モーフのステージに立ちました。

このライブの一部がTV放映されるとあって、私も緊張。

本番前のキーボード

IMG_2348.jpg

本番のステージ

10407176_499673973523716_6058054487691212606_n.jpg

おなじみのオリジナル三曲を演奏。
どこか懐かしさを感じさせるキャッチーなメロディの曲ばかりです。

みうらまいこさんのブログはこちら。
「みうらのえくぼ」
http://mmaiko.toplite.main.jp
posted by momo at 21:00| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | アレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

運動会とレコーディング

今日は息子の幼稚園の運動会。
にわか雨で中断しましたが、何とか最後の競技まで辿り着きました。
土曜は大抵仕事が空かないので、
一昨年、昨年と運動会に行けなかったのですが、
最後の年にやっと参加できました。

夕方からは渋谷で自作品の合唱伴奏レコーディング。
来週本番で、私はバックで鍵盤ハーモニカを吹くのですが、
本番まで合唱の皆さんとの練習に全く参加出来ません。
そこで、ピアニストの若葉様にご足労いただき、
二人で演奏した伴奏を合唱練習用に録音させていただきました。
手筈もスムーズ、いい感じで録れましたo(^-^)0

録音終えて、夜は学校に出勤して事務作業。
ただ、メンテナンスのために20時でサーバが止まってしまったので、
予定していた作業は持ち越しでした。
 
posted by momo at 23:30| 東京 ☀| Comment(0) | アレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

PRESENT豊川公演のお知らせ

omoteM.jpg uraM.jpg acf.jpg


11日のライブ「PRESENT」東京公演、終了しました。
ご来場いただきました方々ありがとうございました。

来る12月23日、会場を愛知県豊川市フロイデンホールに変え、
すばらしいゲストシンガーのお二人を迎えてお送りします。

東京公演同様、第一部は岩本やよいさんの脚本・作曲による『PRESENT』という新作二人ミュージカルをお届けします。日常のさりげない一言、相手を想う気持ち、見過ごしてしまいがちなところに大切なプレゼントが隠されている…そんな心温まる内容です。

第二部は、ミュージカル・ナンバー、ポップス、クリスマス・ソングをオムニバスで。ゲストを交え、多彩なラインナップでお届けします。

出演者一同、心を込めてお送りいたしますので、もしお時間ございましたら、是非ご来場くださいませ。ご予約はメールでお受けします。

♪クリスマスミュージカルコンサート“PRESENT”
[日時]2010年12月23日(木・祝) 開演17:00 開場16:30
[会場]豊川市小坂井文化会館フロイデンホール
〒441-0105愛知県豊川市伊奈町新屋97-2
Tel.0533-78-3000
http://www.city.toyokawa.lg.jp/enjoy/froiden.html

大きな地図で見る
[入場料]一般2500円、中学生以下1000円
[出演]岩本やよい、岡村麻未(以上 Vocal)、安藤衣里(Violin)、桃井聖司(Arr.&Piano)、太田智子、西野誠 (以上Guest Vocal)
[プログラム]
 ★第一部 ミュージカル『PRESENT』
  岩本やよい/脚本・作曲 桃井聖司/編曲
 ★第二部 ライブ
  恋人たちのクリスマス
  僕こそ音楽
  夢やぶれて
  I will never leave you
  etc.
[ご予約]
 メール/sks@composer.jp

たくさんのご来場をお待ちしております。
posted by momo at 18:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

PRESENT

omoteM.jpg uraM.jpg oricen.jpg

またしても間際のご案内になってしまいましたが、今週末11日に恵比寿アート・カフェ・フレンズでライブに出演します。

ボーカルが岩本やよいさんと岡村麻未さん、ヴァイオリンが巻渕麻利子さん、ピアノが私です。いつも共演させていただいている皆さんですが、この四人の組み合わせは初めてなので、新鮮な気分でリハーサルに臨んでます。

第一部は岩本やよいさんの脚本・作曲による『PRESENT』という新作二人ミュージカルをお届けします。日常のさりげない一言、相手を想う気持ち、見過ごしてしまいがちなところに大切なプレゼントが隠されている…そんな心温まる内容です。

第二部は、ミュージカル・ナンバー、ポップス、クリスマス・ソングをオムニバスでお聴かせします。

四人で心を込めてお送りいたしますので、もしお時間ございましたら、是非ご来場くださいませ。ご予約はブログコメントでお受けします。

♪クリスマスミュージカルコンサート“PRESENT”
[日時]2010年12月11日(土) 開演19:30 開場18:00
[会場]アート・カフェ・フレンズ
   〒150-0022渋谷区恵比寿南1−7−8 恵比寿サウス・ワンB1F
   Tel. 03-6382-9050
http://www.artcafefriends.jp

大きな地図で見る
[入場料]Charge3000円+1stDrink500円
[出演]岩本やよい、岡村麻未(以上 Vocal)、巻渕麻利子(Violin)、桃井聖司(Piano)
[プログラム]
 ★第一部 ミュージカル『PRESENT』
  岩本やよい/脚本・作曲 桃井聖司/編曲
 ★第二部 ライブ
  恋人たちのクリスマス
  On my own
  Remenber the kiss
  etc.

たくさんのご来場をお待ちしております。
posted by momo at 11:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

世界一の美女からの手紙

1545079388_30.jpg


8月2、3日の二日間、文京シビックホールで行われる、お芝居と歌によるファミリーコンサートに出演します。

「You've got mail(ユー・ガット・メール)」と題して、年に一回開催されているコンサートで、今回で8回目だそうです。これまでの公演も「『怪人二十面相』からの手紙」とか「『浦島太郎』からの手紙」とか、サブタイトルが付いているのですが、今回は「『世界一の美女』からの手紙」。どんな美女から手紙が届くのか楽しみです。

この公演での私の役割は「ピアニスト」。作曲家でもアレンジャーでも公演企画者でも演出でもない、ただの「ピアノ弾き」です。こういう立場での参加って実はかなり久しぶりで、逆に新鮮だったりします。

とはいってもコーラスアレンジなどで少しだけ譜面書いたりしたのですが、でも基本的には言われたとおりにピアノ弾けばいいので、気楽に楽しくやらせていただいてます。出演者の皆さんも実力者ぞろいでとっても刺激になります。

手紙の朗読を担当される柳沢三千代さんは、TVアニメ「アンパンマン」のカレーパンマン役声優の他にも、ニュース番組などで活躍されている方です。今まで何人かのナレーターとご一緒しましたが、柳沢さんほど音にこだわる方は初めてで、お芝居部分の要となる「手紙」の朗読がピアノのBGMとベストマッチングになるように、綿密な打ち合わせをさせていただいてます。

そんなこんなで観所満載のユー・ガット・メール。
お近くの方、ぜひ観に来てください。

以下詳細です。

=====

♪You've got mail #8 『世界一の美女』からの手紙

日時;8月2日(月)19時、3日(火)14時、19時
会場;文京シビック小ホール
チケット;\3500

毎年、夏に届くあの「手紙」たち。今年は・・・
『世界一の美女』からの手紙
歌と手紙が織り成すファミリーコンサート

出演;山田展弘、岡田誠、岩田元、板垣辰治、
   林蘭、岩本やよい、福原美波 
朗読:柳沢美千代
スペシャルゲスト:Talia Bennett、Madison Greenlund
ピアノ:桃井聖司
パーカッション;柳沢“マーヤ”麻千代

脚本・演出;福原正美
お問合せ・申込み;03-3818-5811(内藤/金子)
posted by momo at 13:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

Libraコンサート終了〜フレディ三日連続稽古・激励会〜帰京後稽古

先週7月16日金曜日、岡崎市リブラホールでのコンサート「Musical Flower 〜ミュージカル名曲の花束〜」無事終了いたしました。集客がギリギリまで心配でしたが、多勢のお客様にご来場いただくことができました。本当にありがとうございました。

1542443302_63.jpg

メインの麻未ちゃん、ゲストの佐野さん、ヴァイオリンのまりちゃん、それぞれの個性がぶつかり合い、密度の高いアンサンブルをお聴かせ出来たのではないかと思います。才能溢れる音楽家の皆さんと共演出来て、幸せな時間でした。

リブラは公共のホールにしては珍しくPAを使ったコンサート専門のホールで、音質やバランスもGood。ステージ上のモニター環境も快適で、とても気持ちよく演奏することが出来ました。また機会があったら使ってみたいと思います。

公演を終えて世間は三連休でしたが、名古屋で今月末に控えた「葉っぱのフレディ」公演の三日連続稽古でした。三日間の濃密な稽古を経て、池山奈都子さんの熱がこもった演出と、若い歌い手の皆さんの頑張りのおかげで、とてもいい感じに仕上がってまいりました。

最終日夜は激励会ということで、オペラ協会幹部の方々が出演者・スタッフを美味しい中華料理店へ連れて行っていただきました。飲み放題メニューに、名前を忘れたのですが56度のお酒を発見して注文してみました。私はどちらかというと中国系の酒が苦手なのですが、このお酒はなかなか美味しかったです。名前を覚えておけばよかったな。

そして今日は朝9時から夕方まで、8月2日、3日に文京シビックホールで行なわれる「ユー・ガット・メール」公演の稽古。こちらについての詳細はまた。
posted by momo at 23:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

千代田チャリティコンサート

先週3月17日、千代田チャリティコンサート
「あの感動をもう一度〜ミュージカル曲に秘められた思い出」が
無事終了いたしました。

受付に設置していただいた看板。
1447258675_245.jpg

開演前の出演者三人の固い表情。
1447258675_148.jpg

終演後のリラックスした表情です。
1447258675_21.jpg

ボーカルの麻未ちゃんとは何度も共演してますが、
ヴァイオリンの麻利子ちゃんとは初共演。
といっても私の書いた譜面をこれまでに何度か弾いてもらっていて、
その音色と演奏に惚れ込み今回の共演をお願いしたという経緯です。
予想に違わず素晴らしい演奏をしてくれて、三人がそれぞれ主張しながらも
一体感のあるアンサンブルが出来たのではないかと思います。

今回は古い名作ミュージカルの曲を中心にプログラムを組みました。
「ミュージカルに秘められた思い出」という副題が付いたこともあり、
曲間に作品の成立に関するエピソードや我々の作品に対する
思いを語ることにして、MCは麻未ちゃんと私で分担。
おおまかな台本を書き、進行に慣れるため前日公開リハを行いました。
その甲斐あって、内容も好評いただけたようです。

コンサートの模様はコンサート事務局のサイトで、
詳しくレポートされてます。
http://charity.c-technol.co.jp/report/report2010-03-17.html

打ち上げではうな重を御馳走になりました。
主催企業の千代田テクノルさんの社長さんやコンサート実行
委員の方々と懇談できて、とても楽しいひとときでした。

今回のプログラム、近いうちにまた同じメンバーで再演したいと思ってます。
でもまだ夢想段階なんですが、実現したらここで案内させていただきます。
posted by momo at 20:10| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

うれしいニュース

私のサイトのトップでもお知らせさせていただいてますが…

私が全曲のアレンジとピアノ演奏を手がけた日向由子さんのデビューCD

アル・ディ・ラ〜美しきイタリアン・メロディ

hinataindex.jpg

が、何と第22回ミュージック・ペンクラブ音楽賞にて、
クラシック部門の「ベスト・ニュー・アーティスト賞」
を受賞しました!!
http://www.musicpenclub.com/prize22.html

日向さん、おめでとうございます!!!
素晴らしいアルバムの制作に関わることができて光栄です。

このCDは昨年11月18日に発売されました。
カンツォーネからモリコーネ作品までのイタリアン・ポップスの名曲を、
サロンオーケストラとピアノをバックに、日向さんが美しい声で歌い上げてます。

このCDのアレンジとレコーディングの時期が、
ちょうど昨年6月の銀河鉄道公演の稽古時期とぴったり重なってました。
それに、ホールでオケを弾き振りしながら歌を録るというのも
私にとって初めての経験でした。
思い出すといろいろ大変なことがありましたが、
日向さんの受賞は何よりうれしく、苦労が報われた想いがします。

日向さんは、藤原歌劇団などオペラの分野でも活躍されるメゾソプラノ歌手ですが、
大学でイタリア語講座を担当したり、イタリア語通訳も務めるほどの
イタリア通の方です。
CDでもイタリア語のきれいな発音が聴けますよ。
ご興味をお持ちの方は、是非購入して聴いてみてください。

あとちなみに、日向さんの弟さんは
某国営衛星放送の「うたのおにいさん」をされています。
未就学児のお子さんをお持ちの方なら、
たぶん一度はテレビで観たことがあると思います。
ご姉弟でご活躍なのも素晴らしいですね。

日向さんとは、一昨年から度々お仕事をご一緒させていただきましたが、
歌手としてはもちろん、人間的にもとても魅力的な方です。
今回の受賞を弾みに、これからますますご活躍されることでしょう。
本当におめでとうございました!!
posted by momo at 14:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

千の風になって

すっかり新年のご挨拶も出遅れましたが、
皆様本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年末も例に漏れず仕事を抱えたまま年越しのパターンで、
初詣には10日になってから、やっと自宅近くの神社に行くことが出来ました。

そんな中、先週1月6日午後に名古屋市熱田文化小劇場に於いて
「映画『千の風になって』&鏑木勇樹テノールminiコンサート」が、
無事終了しました。
いつもお世話になっている鏑木さんのテノール独唱に、
私は編曲とピアノ伴奏で、花を添えさせていただきました。
出演者二人ということで、何と個室楽屋(^^)
VIP待遇で恐縮でした。

写真は独りぼっちの楽屋風景です。
gakuya.jpg

私は今回全く集客に貢献できなかったので、
客入り状況をギリギリまで心配していたのですが、それは杞憂でした。
蓋を開けてみると前売券完売、満席御礼!!
年始とはいえ平日昼間の公演なのにすごい集客力です。
改めて鏑木人気の根強さを実感しました。

ステージでは、よく知られた日本の冬の歌や、
鏑木さんが来月出演するオペレッタ「チャルダッシュの女王」の曲を演奏。
そして、今回の公演はタイトルに見られる通り
映画「千の風になって」上映と同時開催だったので、
メインプログラムとして最後にヒット曲「千の風になって」を演奏しました。

この曲は06年の紅白でテノールの秋川雅史さんが歌ってブームに火がついたことで、
多くの人たちは秋川さんの曲だと勘違いしているのではないかと思いますが、
もともとは01年に新井満さんというシンガーソングライターが、
アメリカに伝わる作者不詳の詩を訳して作曲し歌った作品です。
今回上映された映画も04年制作なので、紅白以降のブームとは全く関係なく、
挿入歌としては、新井満さんのオリジナルが使われています。

私自身も、紅白で歌われる前に、
この曲の弦楽オケ伴奏のアレンジの依頼を受けたことがあります。
当時はまだ知る人ぞ知るという存在の曲で、
私もアレンジ依頼を受けてから初めて聴いたのですが、
シンプルなピアノ伴奏をバックに素直なメロディを切々と歌い上げていて、
とても好感を持った覚えがあります。
今回の演奏にあたり、改めてオリジナルを聴き返してみて、
初めて聴いたときの瑞々しい印象が蘇り、作品の魅力を再認識できました。

♪千の風になって 新井満


今回の公演でも、できるだけシンプルなピアノ伴奏編曲を心がけました。
同じテノールでも秋川さんとは違ったテイストで
さわやかに歌い上げた鏑木さんの歌声は、
満員の客席を埋めたお客さんの心の隅々まで染み渡ったことでしょう。

それでは、今年一年また元気にがんばってまいります。


posted by momo at 20:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

ゾウ列車が走って60年記念音楽会

11月29日に名古屋市・つるまいプラザ(愛知県勤労会館)にて行なわれた
「ゾウ列車が走って60年記念音楽会」に出演してまいりました。

私は、第一部「ぞう列車を未来につなぐ若きソリストたち」のうち、
河崎麻栄さん(東京での活動名は岡村麻未さん)のピアノ伴奏を担当。
共演者は他に、男声の西野誠くんとヴァイオリンの伊東かおりさんで、
私の作品「音楽劇“銀河鉄道の夜”」より「夜空に輝く星たちよ」に続き、
有名ミュージカルのデュエット曲を二曲演奏しました。

写真は西野誠くんとのリハ風景。
img1B20091108192108.jpg

第三部では、藤村記一郎さんの作曲された合唱構成「ぞうれっしゃがやってきた」が、
全国から集まった300名の大合唱団と、長野県松本市の吹奏楽団「松本ウィンズ・コンソート」、
そして奥村晃平さん、伴真由子さんはじめ気鋭のソリストさんたちにより演奏されました。
この作品は、日本全国で歌われ続けている作品です。
舞台で通して聴かせていただいたのは初めての経験だったのですが、
やはり素晴らしい作品だな、としみじみと感じました。
何より合唱団の皆さんの作品を愛する気持ちがひしひしと伝わってきて、
とてもいい演奏会になりました。
これだけ多くの人たちに愛されている作品を作曲された藤村先生に、
改めて敬意を表させていただきます。

カーテンコールでは我々第一部の出演者も加わって、
再び大合唱で幕を閉じました。
終演後のレセプションでは、若い歌い手や演奏家の方々と交流でき、
有意義な時間を過ごすことが出来ました。

写真左から、長江真弥さん、伴真由子さん、私、河崎麻栄さん、鷲見真純さん。
zou.jpg
それぞれ、精力的に活動されている歌い手さんたちです。
またどこかで共演できる機会を持ちたいと思いました。
posted by momo at 22:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

鏑木勇樹テノール・リサイタル

0318.jpg


私の作品上演に欠かせない歌い手のお一人であり、大学の先輩でもある鏑木勇樹さんのリサイタルに出演します。

第二部の<日本の十二箇月〜もうひとつのアプローチ>は、日本人の作曲した日本語の歌を十二の月に合わせて選曲したプログラムで、池山奈都子さんが構成・演出、私が編曲・ピアノを担当します。

お近くの方、お時間ございましたら是非足をお運びください。
チケットお申込は私まで。

以下詳細です。

■鏑木勇樹テノール・リサイタル

・日時:2009年3月18日(水) 19:00開演(18:30開場)
・会場:名古屋・電気文化会館 ザ・コンサートホール
    (地下鉄「伏見駅」C番出口より徒歩2分)
・入場料:大人¥4,000 高校生以下¥2,000(全自由席)

 音楽監督・編曲/桃井聖司 構成・演出/池山奈都子

 ピアノ/森恵美子、桃井聖司
 ヴァイオリン/伊東かおり チェロ/中尾恵子
  
 〜プログラム〜

 <第一部>
  オペレッタ「ボッカチオ」より “恋はやさし野辺の花よ”
  オペレッタ「メリーウィドゥ」より “昔あるところに”
  オペレッタ「微笑みの国」より “君は我が心のすべて”  
   他

 <第二部>
  日本の十二箇月〜もうひとつのアプローチ
   「さくら横ちょう」加藤周一作詞・中田喜直作曲
   「夜空に輝く星たちよ」桃井聖司作詞・作曲
   「秋桜」さだまさし作詞・作曲
   「落葉松」野上彰作詞・小林秀雄作曲
   他
posted by momo at 14:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

武豊春の音楽祭

私がアレンジ・ピアノを担当する公演の案内です。
お近くの方は是非足をお運びください。

=====

☆武豊春の音楽祭 Classicの日

鏑木勇樹テノールコンサート
〜美しく懐かしい日本の四季の歌〜

2009年2月22日(日) 開演14:00 開場13:30
全席自由1,000 円

ゆめたろうプラザ(武豊町民会館)響きホール
〒470-2555愛知県知多郡武豊町字大門田11
Tel 0569-74-1211
・名鉄河和線 知多武豊駅より徒歩20分
・JR武豊線 武豊駅より徒歩25分
・知多半島道路 武豊I.C.より車で5分

出演:
鏑木勇樹(テノール)
桃井聖司(ピアノ、編曲)

演奏曲:
♪さくら横ちょう/ 加藤周一作詞・中田喜直作曲
♪秋桜/ さだまさし作詞・作曲
♪落葉松/ 野上彰作詞・小林秀雄作曲
♪夜空に輝く星たちよ/ 桃井聖司作詞・作曲


チケット申込:ゆめたろうプラザ(0569-74-1211)

詳細はこちら↓
http://www.town.taketoyo.lg.jp/kaikan/biennale/program/0222kabu.pdf
posted by momo at 16:28| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | アレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

ライブのお知らせ

summer_live.jpg

今月末7月31日の夜、高田馬場でライブをやります。

メインボーカルは岡村麻未さん。
「銀河鉄道の夜」「うつくしい のはら」の各初演時に主演を務めた、桃井作品には欠かせない歌い手さんです。これまでさまざまなミュージカルステージやコンサートでずば抜けた歌唱力を披露してきました。ライブでは、私の作品以外にも、ポップス、ミュージカルナンバーを聴かせてくれます。

ゲストボーカルは松原剛志さん。
東宝ミュージカル「レ・ミゼラブル」フイイ役や、ウルトラマンTVシリーズの主題歌で活躍中。ライブでは、ポップス、ミュージカルナンバーのレパートリーに加え、ウルトラマンシリーズの主題歌も歌ってくれます。

ゲストヴァイオリンは鈴木智子さん。
6月14日の「宇宙からの贈りもの」で共演したオーケストラのコンサートマスターを務めた、若手実力派のヴァイオリニストです。桃井作品を演奏してくれるのは初めてなので、どんな融合反応が起きるのかとても楽しみです。

以下詳細です。


【〜ASAMI and MOMOI Summer Live〜】

▼日時
2008年7月31日(木)
オープン 19:00 スタート 19:30
▼場所
四谷天窓.comfort (高田馬場駅徒歩3分)
新宿区高田馬場3-4-11 BaBahatch5階
TEL:03-5338-6241
▼チケット
前売:2500円、当日:3000円
+(1drink)500円
▼出演
岡村麻未(Vo)、桃井聖司(Pf)
ゲスト:松原剛志(Vo)、鈴木智子(Vl)
▼プログラム
♪音楽劇「銀河鉄道の夜」(原作:宮澤賢治 脚本・音楽:桃井聖司)より
 「夜空に輝く星たちよ」「沈没」etc.
♪ウルトラマンシリーズ主題歌より
 「ウルトラマンメビウス」
 「ウルトラマンコスモス〜君にできるなにか〜」
♪ミュージカルナンバー
 「ポピュラー」(ウィキッド) 「愛せぬならば」(美女と野獣)
 「星のさだめ」(アイーダ) etc.
♪ディズニーナンバー
 「カラー・オブ・ザ・ウィンド」(ポカホンタス)
 「ホール・ニュー・ワールド」(アラジン) etc.
♪洋楽・邦楽ポップス
 「素顔のままで」「太陽の地図」「最後の雨」etc.


チケット申込は彩響舎 sks@composer.jp まで
ご来場お待ちしております!
posted by momo at 08:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

ロビーコンサート

新宿三井ビルのロビーコンサートでアンフィニオケと共演
スタバやマックに囲まれたロビーに配置された客席は満員。
立ち止まって聴いてくれる通行人も多かった。

前半はスイセイ・ミュージカルの歌い手さん二人と
サウンド・オブ・ミュージック
オリジナルミュージカル「広い宇宙の中で」の主題歌を演奏。
後半はシャンソンのサカイレイコさん、
カンツオーネの川村哲也さんと来週の公演曲の一部を演奏。

ロビーの残響はかなりのボリュームで、
弾いている方は気持ちよかったが、
マイクを通した歌やMCの言葉は
若干聞き取りにくかったのではないかと思う。

道行く人々に聴いてもらえるスタイルの演奏もいいものだ。
posted by momo at 20:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

ミックス

昨日15時ごろからネットを介して
GA社のNさんとオーディオデータのやり取り。
私がアレンジ&打ち込みした2曲を
Nさんにミックスしてもらっていて、
その最終チェックのためだ。

少し専門的なことを書くと、
@私が打ち込んだプラグインシンセの各パート(各曲15〜16パート)を
 個別に24bit96KHzのオーディオファイルにし、事前にDVD-Rで郵送
ANさんがそれらをミックス、バランス・EQ・エフェクトなど調整
Bミックス完了したものを、16bit44.1KHzのオーディオファイルで
 Nさんから私へデータ送信
C私が聴いてメールで修正点を指摘
D Aへもどる
…という手順になる

以上のやりとりを繰り返す中で、各楽器のバランスや音質など
あれこれ注文を出して、完成したのが夜中の1時半。
時間はかかったが、出来上がりは上々。
通常自分一人でミックスまでやっているが、
人の手が入るというのもいいものだ。

でも、私は自宅作業だからいいものの、
会社で作業していたNさんは無事家に帰れたのだろうか?
遅くまでありがとうございました。

入浴後エネルギーが余ったので、仕事部屋の配置換えに着手。
CDラックや本棚を移動。5時近くに就寝。
2時間ほど寝て、今朝7時に起床。
午前中他の部屋も模様変えて、午後に到着する荷物に備えた。
つづきは明日の日記で…

posted by momo at 23:59| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | アレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

新しい仕事

仕事の依頼が来た。

来年2月に上演されるミュージカルのアレンジ。
結構大きな仕事になりそうだ。
昨年の「銀河鉄道の夜」が良かったので、と言われた。
そんな風にお仕事をいただけるのは光栄。

演目は誰もが知っている20世紀前半のミュージカル古典中の古典で、
自分も大好きな作品。
元のミュージカルがあまりにも有名であるが故に、
それとの程好い「距離感」を模索する必要があるだろう。
アレンジの具体的な方向性は、脚本や演出の方針によるので、
まずは原曲を自分なりに研究してみようと思い、
早速アマゾンでDVDを注文した。

posted by momo at 07:00| 東京 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | アレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

ハシゴ

やよいちゃんの参加するバンドacopanのライブを聴くため、
午後から下北沢アレイホールへ。
ボーカル、ギター、アコーディオン、スティールパンという
特異な編成で、オリジナル曲を含む数曲を演奏。
冒頭に演奏されたCheapest Showの伴奏音源を私が作ったので、
リーダーの吉田亮さんが招待してくれたのだ。

彼ら以外にも演劇を含むいろいろなユニットが出演していて、
楽しめたが、次の予定のためニ部前の休憩で退席。
休憩で振舞われたサンドイッチが美味しかった。

15時半からは4月共演予定のアンフィニオケのライブを聴きに、
西新宿芸能花伝舎へ。
カンツォーネの川村哲也さんとシャンソンのサカイレイコさんの
ための歌伴アレンジを私が担当。
今日は4月に演奏する中から数曲を事前公開。
27日の「花名所百景」MAが終わってから
突貫工事で間に合わせた5曲分のアレンジだ。

公演終了後、花伝舎のロビーで軽く打ち上げ。
オケメンバーや歌い手の方々と歓談。
残り約10曲分は今月一杯の〆切。
4月の本番では私がピアノを担当する。
posted by momo at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月31日

新宿の杜の中で

新宿御苑100周年記念の夕涼みコンサートに
3月のフレディ公演でお世話になったサロンオケの皆さんと共に出演。

御苑の芝生の上にテントを張った特設ステージ。
生ピアノはなくて電子ピアノを演奏した。

TS3700480006.JPG TS3700470005.JPG

この2枚の写真は準備風景。
暗くなるころにはは多勢のお客さんが詰め掛けてきていた。
お客さんは芝生に直座り。涼しくて気持ちよさそうだった。

「雷鳴と稲妻」「南国のバラ」などのクラシック曲演奏の合間に、
シャンソン歌手の方々とも共演。
歌伴奏のアレンジは私が担当させてもらった。

野外ステージは音響バランスの調整が難しい。
いろいろトラブルもあったが、気持ちよく演奏できた。
posted by momo at 22:00| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | アレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする