2010年03月03日

雛祭り菓子「いがまんじゅう(伊賀饅頭)」

私の出身地である愛知県岡崎市周辺では、雛祭りの時期に「いがまんじゅう」と呼ばれる和菓子を食べます。

これがその「いがまんじゅう」。

iga.jpg


白い餅生地の饅頭にあんこが練り込まれていて、赤、黄、緑の3色に着色された餅米が乗せてあります。もちもちした饅頭の生地と、中のあんこ、そして上に乗っている少し固めの餅米の食感のバランスが絶妙なのです。

この季節になると、岡崎市内の和菓子屋さんはもちろん、スーパーやコンビニでも売られるようになります。子供の頃から当たり前のように食べていたので、特に地域限定のものだと思ってなかったのですが、東京に出てきてからは、雛祭りの季節になっても巷で全く売られていないことに気づきました。不思議に思って母に尋ねたら、母の実家のある名古屋にも無かったとのことで、三河地区、特に岡崎市周辺に特有のものだと初めて知った次第です。

でも「いがまんじゅう」の「いが」とは何なのでしょう? 子供のときは餅米が「いがいが」しているからだと思い込んでいたのですが、実はそうではなくて、漢字で書くと「伊賀饅頭」となるのです。

岡崎市には「伊賀八幡宮」という神社があって、その周辺の地名が「伊賀町」、その横を「伊賀川」という川が流れています。伊賀川の堤の桜並木が咲き誇る姿は圧巻で、花見の名所でもあります。どうやら「伊賀饅頭」という名前は「伊賀八幡宮」に因んで名付けられたようです。

「伊賀」といえば、愛知県のお隣三重県の忍者の里「伊賀上野」が有名です。調べてみると、岡崎市の「伊賀」も三重の「伊賀」と全く無関係ではなく、実はとてもつながりが深いことが分かりました。

岡崎といえば徳川家康の生誕の地であり、戦国時代は徳川家の祖である松平家が治めていました。文明2年(1470年)家康より五代前の松平親忠が、三重の伊賀の国から岡崎へ社を移して、松平家の氏神として創建したのが「伊賀八幡宮」です。だから元々は伊賀の国にあった八幡宮なんですね。その後、徳川将軍家の守護神としても受け継がれ、現在の社殿は三代将軍家光が寛永13年(1636年)に造営したもので、国の重要文化財に指定されています。

伊賀の国と岡崎のつながりは、伊賀八幡宮だけにとどまりません。親忠の曾孫で家康の祖父である松平清康は、伊賀忍者で足利将軍家に仕えていた服部保長を、伊賀からわざわざ岡崎に呼び寄せ配下としました。その保長の孫が、江戸城の半蔵門に名を残した「服部半蔵」です。伊賀の国にゆかりのあった服部半蔵がいたからこそ、徳川家康は「本能寺の変」の際に伊賀忍者に守られ、大阪・堺から岡崎まで逃げ帰ってくることができたわけです。もし服部半蔵がいなければ、家康は明智光秀の追手に命を奪われ、その結果江戸幕府は開かれず、日本の歴史は大きく変わっていたかもしれません。

そんな歴史ロマンに思いを馳せつつ「いがまんじゅう」を食してみると、また味わいが違ってくるのではないでしょうか。

「いがまんじゅう」は雛祭りの季節に、岡崎市の和菓子屋「備前屋」や「旭軒元直」などで買い求めることが出来ます。店ごとにそれぞれの伝統や特色や味わいがあって、食べ比べてみると面白いと思います。

私のオススメは康生通りの三井住友銀行近くの「和泉屋」の「いがまんじゅう」です。一個100円と他店にくらべ安いのに、もちもち感抜群でとても美味しいのです。

「和泉屋」は和菓子以外に赤飯を販売していて、このシンプルな赤飯の味が絶品なんです。私の赤飯好きは、幼い頃から「和泉屋」の美味しい赤飯を食べていたせいかもしれません。

ちなみに「いがまんじゅう」という和菓子は、埼玉県北部の行田市周辺にもあって、こちらの「いがまんじゅう」は岡崎の「伊賀饅頭」とは違い、何と赤飯で饅頭を包んだお菓子です。雛祭りに関係なく一年を通して食べられていて、名前の由来は、赤飯が「いがいが」しているからというのが有力なようです。

また余談ですが、愛知県には「おこしもの」と呼ばれる雛祭り菓子もあります。

こちらがその「おこしもの」です。

okoshi.jpg


熱湯でこねた米粉を鯛や扇などの木型などに入れて成型し、蒸し器で蒸しあげた後に食紅で着色します。これを網で焼いて、砂糖醤油を付けながらかじりつきます。

「おこしもの」は店で買うというより、各家庭の手作りが一般的。写真の「おこしもの」も、うちの奥さんの実家で作って送ってきてくれたものです。名前の由来が諸説ある中で、木型から「起こす」からというのが有力なようです。
posted by momo at 23:59| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

時任家の坦々麺

夜はローランド東海センターのマネージャーT谷さんに
坦々麺の美味しい店「時任家」へ連れて行ってもらった。

tokitoya1.jpg

昼間下見に行ったアートピアのすぐ南側、
繁華街の路地を入ったところに時任家はあった。
普通の民家のような佇まいで、ちょっとした隠れ家的な雰囲気を漂わせている。

目的の坦々麺を注文。

tokitoya2.jpg
スープを辛めで注文したら、かなり辛かった。
でもさすがに美味しかった。機会があればまた食べに行きたい。
posted by momo at 22:00| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

フィリックスガム

幼い頃から、マルカワフィリックスガムが好きだ。

g0201.gif

昔から変わらない一個10円という値段と
あたりが出るともう一個もらえるお得感。
最近サンクスでこのガムを扱うようになってずっと気になっていた。

岡崎の家の近くに昔「ひかりセンター」という
ショッピングセンターがあってよく利用していたのだが、
今はサンクスに変わってしまっている。
今日たまたまその店に行ったので、フィリックスガムを一つ買ってみた。

店を出て早速包み紙を開けてみた。
あたりかハズレか? どきどきする瞬間だ。

しかし何ということだ!
急に突風が吹いて来て、包み紙とガムの間に挟まっていた券は、
あたりかハズレか確かめる間もなく飛ばされていってしまった。
唖然としているところへ、ちょうど自転車に乗った
小学校三年くらいの女の子が通りかかった。

私の手にあるフィリックスガムの包みを目に留めた彼女は、
まるで友だちに話しかけるかのように
「ガムのあたり?」と私に尋ねてきたのだった。
突然の事態に、ただ微笑み返すしかなかった私に、
彼女は「そうかぁ、いいなぁ」とつぶやきながら、
小さな自転車をコキコキして去って行ってしまった。

その無邪気な彼女の様子に、楽しみにしていたガムのあたり券を
風に飛ばされた悔しさもどこへやら、
とてもほのぼのとした暖かい気持ちになった。
もう二度と彼女に会うことはないだろうが、
大人になっても純真な気持ちを失わないでいてくれたらいいなと思う。
posted by momo at 23:59| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

名古屋麺屋横丁

明日のセミナー準備のため、ローランド東海センターへ。
祝日は本来休業日なのだが、他のセミナーをやっていて
開いているとのことだったので、部屋を借りることにした。

昼食は一人で、名古屋麺屋横丁へ。
新横浜のラーメン博物館に似た、
昭和初期の街並みを再現したような造り。

yokocho.jpg

迷ったあげく、青森から出店の「まるでん」で食べた。
味噌ラーメンを注文したが、札幌ラーメンとは違う
魚介ダシの利いた味で美味しかった。

maruden.jpg

今日は比較的時間の余裕があったので、
名古屋駅〜栄の間を行き帰りとも歩いた。
自分が名古屋で生活していたころとは街並みも随分変わり、
ここにこんな店がという発見もあり、面白かった。
posted by momo at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

担々麺

明後日の公演で、演台を大きな誕生日プレゼントの箱に見立てるために、
その演台に貼るためのこれまた大きな紙が欲しくて、
名古屋駅の高島屋の中の東急ハンズに行った。
ちょうどいい黄色い紙が見つかって一安心。

その後、毎度お世話になっているローランド東海センターに立ち寄り、
四川料理の錦城という店に連れて行ってもらった。
いくつか料理を食べた後、看板メニューの担々麺を注文。
結構辛かったが美味かった。また行きたい。
posted by momo at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月07日

大阪へ

ファンタスティック・ピアノコンクールの審査員研修を受けるため、
朝から大阪梅田のローランドRMS音楽教室関西センターへ。

このコンクールは昨年から二次審査を担当している。
今年はまだどこの大会へ行くか決まっていない。

ランチはセンターと同じ大阪駅前第一ビルのトライに。
999円でステーキランチが食べられる。結構お気に入りの店。

その昔、関西センターの女性講師二人と一緒にここに食べに来て、
自分が一番食べ終わるのが遅くて馬鹿にされた因縁の店だ。
自分も大概食べるのが早いと思うが、関西の女性の早食いには舌を巻いた。

その後は駅前第二ビルにあるミクロという喫茶店でお茶。
ここはサンドイッチも売りだが、さすがにステーキの後には食べられないので、
これまた名物のミックスジュースを頼んだ。濃厚な味がたまらない。

ササヤにも寄って楽譜あさり。
駅前ビルはグルメの宝庫。なかなか行く機会がないが、楽しい場所だ。
posted by momo at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

とろとろ

生徒のきみよさんから、ラ・テールの完熟とろとろマンゴーをいただいた。

mango.jpg

九州の友枝さんという農家が、完熟して自然に落果するまで樹上で栽培した
とびっきりおいしいアップルマンゴーを使ってなめらかなプリンに仕立てたデザート。
甘みが抑えてあって、とても美味しかった。名の通りとろとろの食感が楽しめる。

ご馳走様でした!!
posted by momo at 10:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

監禁

2、3日前のニュースになるが、先日食べに行ったばかりのラーメン店「青葉」の店主が、
同じくラーメン店「秋葉家(あきばけ)」の店主に監禁暴行される事件が勃発。
詳しくはこちら

秋葉家なんて聞いたことないマイナーな店。でも、この事件で知名度が急上昇。
店主は逮捕されてしまったが、連日行列が出来ているとかいないとか…。
実際食べてみたいが、大森なんてめったに行かないからなぁ。
posted by momo at 10:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月09日

呑み

渋谷でのレッスンを終えた後、20時過ぎにN'gjaさんと合流。
最初行った店が満席で、魚魯魚魯に行った。

N'gjaさんはドラマーだが、若い頃同じゲーム会社にいたことがあり、
私は音楽を、N'gjaさんは効果音を主に作っていた。
また、それが縁でいっしょにレゲエバンドをやったりしていたが、
最近は会う機会が少なく、前に会ったのは昨年の前半くらいだったかな。

久しぶりに飲んで、音楽や映画の話、昔話などで盛り上がった。
お酒も旨く、楽しいひとときだった。
posted by momo at 23:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

七夕

★七夕の夜におすすめの酒
http://www.meimonshu.jp/modules/xfsection/article.php?articleid=107

純米大吟醸『銀河鉄道』は是非飲んでみたい。

今日は銀河鉄道公演の告知物作成に忙殺された。

去年の七夕は、名古屋市科学館のプラネタリウムでコンサートをやった。
あれからもう1年とは、時の流れは早い。
posted by momo at 23:00| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月26日

青葉

中野に本店がある有名ラーメン店「青葉」が
池袋サンシャインの地下にオープンしたので、行って来た。

050626_1536~01.jpg

中野本店では必ず行列に並ばないと食べられない。
今日行った池袋店でもやはり行列が出来ていたが、30分程度待って座ることができた。
「中華そば」「つけめん」それぞれ具の多い「特製中華そば」「特製つけめん」
以上4種だけのシンプルなメニューも、本店と同じ。迷わず特製中華そばを頼んだ。
ほどなくして出てきたラーメンは、正に本店と同じ味。

いわゆる東京系のラーメンをこれまでいろいろ食べてみたが、
この「青葉」が一番だと自分は思う。
魚系のダシと鶏ガラ・豚骨の動物系のダシをブレンドしたスープは
こってりでもさっぱりでもない絶妙な味わいを作り出している。
そのスープとベストマッチングの中太のちぢれ麺、
さらに具のチャーシュー、半熟卵、メンマのそれぞれが絶品だ。

大抵のラーメン店では一度食べて美味しいと感じても、
二度目に食べたときは「この程度だったか」と思うものだ。
でも「青葉」は何度食べても「また食べたい」と思わせる。
スープの一滴まで残せない。中毒になる味だ。

よくランキングなどでは新宿の武○が1位を取っているが、
なぜあそこが人気なのか良く分からない。
全国的にみても、旭川で食べた「蜂屋」と、新横ラーメン博物館に来ていた
和歌山「井出商店」と並ぶ旨さだ、

本店のある中野はうちから微妙にアクセスしにくい位置にある。
おまけに「青葉」本店はスープが切れると18時くらいに閉店してしまう。
だからなかなか行くことができなかった。
池袋なら自分の生活圏内だから行きやすいし22時まで営業するようだ。
当分この中毒症状は収まりそうにない。
posted by momo at 16:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする