2017年03月08日

国際女性デーに寄せて

今日は国際女性デー。性差別を解決する方法はただ一つ、全ての人々が多様性を寛容的に甘受することしかない。

異性を愛する人(ヘテロセクシャル)、同性を愛する人(ホモセクシャル)、両性を愛する人(バイセクシャル)、両性とも愛さない人(ノンセクシャル)と、性の在り方にはいろいろな形があり、旧来の男女感に基づく「男らしい」生き方や「女らしい」生き方にとどまらず、さまざまな性のあり方が衆知され一般化されてきている。そして、今後その傾向は進んでいくだろう。

そういった流れの中で性に対する偏見は薄らいで来たとはいえ、未だ日本社会にも隠然と偏見は残っている。謂れなき偏見には、断固NOを突きつけるべきなのは間違いない。

ただ、性差別をする差別主義者も、性差別を断じる反差別主義者も、「多様性を認めない」という点においては同じ穴のムジナである。要するに了見が狭いのだ。だから、過剰な表現弾圧が生じ無用な反発を産む。

「男らしい」生き方や「女らしい」生き方を誰かに強制するのは明らかに間違っている。と同様に「男らしい」生き方や「女らしい」生き方を好んで追求している人や団体に対して、「それはやめろ」というのも明らかに間違った姿勢である。

その昔、ソナタ形式の「第一主題」と第二主題」を、「男性主題」と「女性主題」と呼んだのを、後輩作曲家のRさんに咎められ撤回したことがあった。両主題の対比的な性格を旧来の男女感になぞらえる呼称、…子供の頃にどこかで学習し何の疑問も持たずにそれを使っていた。

Rさんはジェンダー論者なので、旧来の男女感を持ち出すこと自体に異議を唱えたのだろうが、私が撤回を受け入れた理由はそこに納得したからではない。音楽的に見て多種多様な対比性を持っている第一主題と第二主題の性格を、旧来の男女感というステレオタイプの二元論に嵌め込むことの愚を悟ったからである。

第一主題と第二主題が男性的・女性的というような二元論に押し込められるべきではないのと同様に、男性・女性の在り方も二元論に留まらず多種多様であるべきだ。しかし、第一主題=第二主題ではない(むしろ対比性を求められる)のと同様に、男性=女性とはならないのは自明の理である。

男性、女性、そしてトランスジェンダーの人たちが、それぞれに尊重し合う社会を築くために、行き過ぎた反差別主義とは今すぐに決別すべきだ。重箱の隅をつつくような表現弾圧からは何も生まれない。より自由でポジティブな発想で我々の未来を創り上げて行こうではないか。
posted by momo at 23:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

行き過ぎた表現狩りへの警鐘

「ちびくろさんぼ」という童話があります。イギリスのヘレン・バンナーマンという作家によって書かれ1899年に刊行された作品で、かつて日本でも多くの翻訳書が発売されていました。
私は幼いころ「ちびくろさんぼ」が大好きでした。クライマックスで獰猛な虎たちがバターに姿を変える意表を突いたファンタジックな展開にワクワクしたものです。

ところが、1988年にとある団体から「人種差別だ」との抗議を受け、日本国内全ての出版社が「ちびくろさんぼ」を廃刊にしてしまう悲しい事態が勃発しました。それから永らくこの本は国内では手に入らなかったのですが、2000年代に入り相次いで数社から復刊が為され、日本でもまたこの素敵な童話を楽しめるようになりました。

中でも瑞雲舎からの発売の書籍は、私が小さいころに読んだ装丁のままです。復刊の際には、まだ幼かった娘のためにこの本を買い求めました。(画像はリンク先のもの)
http://www.zuiunsya.com/archives/fukkan/chibikuro.html

ちびくろ・さんぼ 表紙 ちびくろ・さんぼ 内容サンプル1

有色人種を題材にした作品が「人種差別」に当たるというなら、「オテロ」も「マダム・バタフライ」も「ミス・サイゴン」も上演禁止にしなくてはなりません。どれも芸術性の高い素晴らしい作品であるだけに、非常に勿体無いことです。想像しただけで悪寒が走りますが、でも現実にそういう事態を招きかねないところまで状況は進んで来ています。

ここ最近、さまざまな作品が「差別表現」だとの「表現狩り」を受け、公開中止に追い込まれたり、云われなき中傷を受けたりしているのを、皆さんご存知のことと思います。私はそういったニュース記事を見るたびに、幼いころに親しんだ「ちびくろさんぼ」のことを思い出します。

こんな事態が続けば表現行為は死を迎えます。表現者の一人としてこの危機は看過出来ません。決して対岸の火事ではないのです。いつ何時、自分が関わった作品に火の粉が降りかかってくるか分かりません。当事者意識を持って、この悪しき傾向にどうにか歯止めをかけなければならないと考えている今日この頃です。

<参考リンク>
[特別寄稿]ちびくろ・さんぼが帰ってきた
(「瑞雲舎のほんだより」から)
http://www.zuiunsya.com/archives/column/chibikuro_returns.html
posted by momo at 07:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

祝!中日優勝

昨夜、中日ドラゴンズが見事セ・リーグ制覇を決めました。

延長12回表、すごかったですねぇ。

まさに「燃えよドラゴンズ」の

♪一番荒木が塁に出て 二番井端がヒットエンドラン
 三番福留タイムリー 四番ウッズがホームラン

を地で行く怒涛の連打!
シビれました!!

ちょうど愛知にいたので、テレビで優勝の瞬間を観ようと思ったら、

何と・・・やってない・・・

NHKのBSでしか放送されていなかったのです。

地元で優勝決定戦が普通の地上波で放映されないなんて、
昔じゃ考えられないこと。
仕方がないので、AMラジオ聴きました。
終了後、スポーツニュースで観た
落合監督とウッズの抱擁、胴上げ、そして優勝監督インタビュー
思わずもらい泣きしました。

日本シリーズもがんばってほしいです。
posted by momo at 18:28| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

絵文字でセクハラ?!

徳島大学で教授が女性職員にハート絵文字入りメールを送り、
セクハラ認定で戒告処分。

http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1650342/detail?rd

メール内容がセクハラ的だったわけでなく、
ただの業務メールに絵文字入れただけでセクハラだって?
女性も嫌なら直接本人に伝えればいいのに、
わざわざ大学に訴えるとは、相当の悪意を感じるね。
この教授もかわいそうだ。たかが絵文字くらいで。

セクハラなんて所詮相対的な価値観。
坊主憎けりゃ・・・じゃないけど、同じことをされても、
相手が嫌いならセクハラと感じるだろうし、
嫌じゃなければ気にならないこともあるだろう。

絵文字や顔文字は、通常の文字で伝えられないような
行間の隙間を埋めてくれる便利なツールだと思う。
でも、絵文字一つで一つ間違えば自分の地位も
失いかねないような事態になるとは、
暮らしにくい世の中になったものだ。
自分の身に、この教授のような災難が降りかからないよう、
気をつけるしかないのかな。
posted by momo at 00:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

閑話休題

あまり休題になってないかもしれないが…

=================昨日のニュースより=================
 千葉県浦安市が成人式を東京ディズニーランドで行ない、
 ミッキーマウスなどのキャラクターが式に出演したことで、
 某A新聞の夕刊コラムに書かれた一節。

 「浦安の新成人。遊園地のネズミ踊りに甘ったれた顔して
  喜んでるようじゃ、この先思いやられる」

 それに対し、浦安市からA新聞に対し、
 「本市の新成人に対する中傷だ」として、
 謝罪や掲載に至った経緯などの説明を求める
 抗議文が出された。
================================================

夕刊コラムの一節だけを切り取って問題にしているので、
全体の文旨がわからない。
我が家はこの新聞とってないので確認はできないが、
前後の文脈で意味が変わるようなものでもなさそうだ。

妹も他社の新聞記者なので他人事ではないが、
クリスマス・イブのブログでも触れたように、
新聞のコラムや社説は人々に夢と希望を与えるようなものであってほしい。
ネット=ブログ社会で一億総文筆家のような時代の中、
物書きのプロとして世に問えるのはそういう部分ではなかろうか?

そんな道理も分からない無分別の記者が、
紙面の顔たるコラムを担当しているようじゃ、
この新聞も先が思いやられる。ホントに…。
posted by momo at 23:35| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

身辺整理

最近いろいろなニュースで、犯罪容疑者が捕まると、
その動機や手口を解明するため所有しているPCを押収
…なんて話をよく耳にする。

PCのHD内を赤の他人に見られることなんて考えてないから、
メールの送受信記録、書き散らかした文書類、etc.…
普段未整理のまま放ってある。
もしこれらが捜査の名目で、白日の下に晒されるとしたら、
かなり嫌な気分だ。
新聞に犯罪者として顔写真が載るより嫌かもしれない。

例え自分自身が凶悪犯罪を犯さなくても、仮に行方不明になってしまったり、
まかり間違って殺されてしまったりしたら、
間違いなく手がかりとしてPCは警察に持ってかれるだろう。
だから、普段からPC内の身辺整理はしておくべきだね。
いつデータを他人に覗かれてもいいように…。

HD内だけじゃなく、データ保存されてるメディア類も、
もちろん捜査対象なんだろうな。
もし警察が自分を殺した犯人を見つけるために、
山のように溢れる、FD、MO、CD-R、DVD-Rなんかを、
くまなくチェックしていくとしたら膨大な作業量。
正に同情を禁じえない。
posted by momo at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

同情

これも少し前のニュースだが、名古屋国税局の主査が
東岡崎駅のベンチで朝まで寝込み、重要書類を紛失。
くわしくはこちら

自分もよく電車内に忘れ物をしたりする。
さすがにベンチで寝込むことはないが…。
失くした物は見つかることもあるし結局出てこないこともあるが、
今のところ自分が痛い思いをしただけで、人様に迷惑をかけたことはない。
この人、実名こそ出てないけど全国的に報道されちゃって立場ないよな。
最近、ちょっとした不祥事が大事になるケースが多い気がする。

自分が幼いころからよく利用し、そして現在も頻繁に乗降する駅での
出来事だけに、何となく同情をしてしまう。
と同時に他山の石として、自分も忘れ物には気を付けよう。
posted by momo at 15:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月23日

地震

17時に池袋であさえちゃんと待ち合わせ。
家を出ようとしていた矢先に地震。かなり強い揺れだった。

とりあえず地下鉄の駅に向かったが、案の定止まっていた。
おまけに携帯も通じないし、メールもできない。
待ち合わせの17時を過ぎても全く動く気配がなかったので、
一旦家まで引き返して、自転車で池袋に行くことにした。

家から池袋まで自転車で20分強。たまに自転車を使うこともある。
駅から家まで歩いて引き返した時点で、17時15分を過ぎていたので、
池袋についたのは17時40分くらい。かなり待たせてしまった。

自転車で池袋に近づいたとき、あさえちゃんから電話が入った。
彼女も携帯が通じなくて困っていたらしい。

メトロポリタンプラザ地下のエクセルシオールで1時間ちょっと打ち合わせ。
終わって出てきても、まだ地下鉄は動いてなかった。
自転車にして正解だった。


posted by momo at 20:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

開票結果

朝刊を見たら、自分が投票した候補者は当選してた。

投票率は43.99%で、前回の50.08%を下回り、
都議選史上二番目の低さだそうだ。
数年前から投票時間が延びて朝7時から夜8時までやってるのに、
あまり効果がないのだろうか?

自分は国政、地方に関わらず、投票権があるものは全て参加している。
よっぽど重病でもない限り、投票に行かないことなど考えられない。

もっと投票率が上がって欲しいものだ。
posted by momo at 11:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月03日

選挙

p_suzuki_s.jpg

近所の中学校まで、東京都議選の投票に行って来た。

投票を終えて校門を出ると、外に立っていた女性から声をかけられた。
「NHKですけど出口調査にご協力いただけませんか?」

生まれて初めて出口調査というものを体験した。

質問は6項目
@年代は?
A誰に投票したか?
B普段支持している政党は?
C小泉政権を支持しているか?
D石原都政を評価しているか?
E都政に一番力を入れて欲しい分野は?

今まで出口調査ってどこでどういう風にやっているのか
謎だったが、疑問が解けてよかった。
posted by momo at 15:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする