2007年07月24日

ピーターパン

.

ミュージカル「ピーターパン」を観に
ひめを連れて東京国際フォーラムへ。
来年の名古屋の事業団の「オズの魔法使い」でご一緒させていただく
演出家松本祐子さんの手による作品で、親子でずっと楽しみにしていた。

全体的に子供向けに作られてはいたが、
大人でも十分楽しめる作品だった。
いや、子供よりむしろ大人のための作品といっても
過言ではないと思う。

その点はプログラムノートを読んで納得。
1904年に原作者ジェームス・マシュー・バリーによって、ロンドンで
ストレートプレイの戯曲「ピーターパン」が初演されたときには、
夜公演で子供がほとんどいなかったというのに、
満席の客から大絶賛を浴びたそうだ。

ミュージカルとしてブロードウェイで初演されたのが1954年。
ホリプロの日本語版はこのブロードウェイ版の曲を使っている。
ディズニーアニメなどの「ピーターパン」はいささか出来すぎた
ヒーローとして描かれているが、ミュージカルの方は
原作にあるような大人になれない少年の悲哀が盛り込まれている。
象徴的なのは大人になって飛べなくなったウェンディと
再会するラストシーンだ。

オリジナルを知らないので、どこまでブロードウェイ版を
踏襲しているのか分からないが、売り物の飛行シーンだけでなく、
生のドラムを使った演出などが魅力的だった。

「オズの魔法使い」にしろ「銀河鉄道の夜」にしろ
この「ピーターパン」にしろ
世代を超えて惹きつけられるファンタジーのストーリーには、
どこか共通したコアな要素が存在するような気がする。
それが何なのか簡単には言い表せないが…
また考えがまとまったらここに書こう。

ホールのロビーにはアトラクションが点在。
ひめはフック船長がキーパーを務めるサッカーゴールに
シュートを決めて、ピーターパン人形をゲット。ご機嫌だった。
posted by momo at 20:00| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

伯爵令嬢マリッツァ

名古屋市文化振興事業団主催の公演「伯爵令嬢マリッツァ」を
観るため、名古屋市芸術創造センターへ。
久しぶりに芸創に行きました。
070209As.jpg
この公演には、我が彩響舎のメンバーも3人出演。
「葉っぱのフレディ」岡崎・豊橋公演ダニエル役および
「銀河鉄道の夜」名古屋公演学者・青年・博士役の鏑木さん、
そして同じく銀河鉄道名古屋公演で、主役ジョバンニと
カンパネルラを演じてくれたあゆまゆコンビだ。

惜しむらくは、主役の感情を歌い込むような独唱部分で、
オケがかぶって歌がよく聴こえなかったこと。
生歌を基本としたオペラやオペレッタの音響は難しい。

彩響舎のメンバーはみんなそれぞれ
いい演技をしていい味を出していた。
同じ舞台を創り上げた仲間が、他の場所でも
輝いているのを観るのはとてもうれしいことだ。
posted by momo at 22:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

12個の多面体スピーカー

昨夜は日本電子音楽協会第13回定期演奏会を聴きに
すみだトリフォニー小ホールへ。
私も電子音楽協会の会員で、定演にもこれまで
第7回第8回第9回第10回、第12回と5回出品している。
第7回にはディズニー「美女と野獣」ベルの吹き替えなどで知られる
伊東恵里さん、第8回には邦楽界で今をときめく尺八の藤原道山さんに
私の作品を演奏していただいた。

トリフォニーの小ホールで行われる定演を
観客として聴きにいくのは第6回以来8年ぶりだ。
今回の第13回定演では「マルチチャンネル再生の可能性を探る」と題し、
会場に12個の多面体スピーカーを配置して音場を構成していた。
061027_1952~01.JPG

この多面体スピーカーは株式会社タグチというメーカーのものだ。
061027_1954~01.JPG

通常のスピーカーは一方向に鳴らすことを前提に作られているので、
聴く人は必ずスピーカーの前面にいなくてはいけない。
多面体スピーカーはあらゆる方向に音が飛ぶので、
どの方向にいても同じように聴くことができるのが特徴だ。

上演されたのは8人の作曲家の作品で、あらかじめ12chで構成されている作品と、
アクースモニウム」という、2chのソースを多チャンネルに
リアルタイム操作で展開させるシステムを基に作られた作品の両方があった。
アクースモニウム」はフランスで考案されたシステムだが、
最近日本では檜垣智也さんが先頭に立って普及に尽力されているようだ。

こういった電子音楽演奏会を聴くといつも感じるのだが、
幾多の音響的な試みが単なる実験のレベルに終始せず、
「音楽」として心に響いてくるところまで達するというのは
とても難しいことだと思う。
これはもちろんこれまでの自戒を込めてのことであるが…。
今回の演奏会で、いくつかの素晴らしい電子音楽作品に
巡り合えたのはとても幸運なことだった。
posted by momo at 20:00| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

OUR HOUSE

ミュージカル「OUR HOUSE」を観るため新国立劇場へ。
このミュージカルには、3月のフレディにダニエル役で
出てくれたきょんきょんが出演中。

ロンドン・ミュージカルの翻訳もので、
マッドネスというバンドの曲を使っているということ以外、
何も予備知識なしで行ったのだけど、結構面白かった。

魅力的なストーリー、効果的なセット、
ミュージカルでしかできない心象表現、
メッセージ性とエンターテインメントの絶妙なバランス、
そして何より、出演者の皆さんのパワーとチームワークに支えられて
随所に見所満載だった。

マッドネスはイギリスのスカバンドだった。
元々ある彼らの曲から、歌詞を変えることなく、
ミュージカルを構成する手法。
伴奏は日本人のミュージシャンによる生演奏。
日本語を乗せるとちょっと微妙に間が抜けるのが、
返ってよかったかもしれない。

やっぱりミュージカルはこうじゃなくちゃね
…と思わせる楽しい一夜だった。
posted by momo at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

李香蘭

夜、劇団四季のミュージカル「李香蘭」を観るため、
新名古屋ミュージカル劇場
rikoran.jpg

1999年にオープンしたこの劇場に行くのは初めて。
昨日下見に付き合ってくれた、我々のカンパニーの元メンバーである、
やよいちゃんがアンサンブルで出演。
彼女の四季での舞台を観るのは、オンディーヌに続き二回目だ。

日本人でありながら中国人の養女となり、
中国名で活躍した女優、李香蘭。
史実を基にしている上に、このところ騒がしい日中関係を扱っているので、
難しい題材だ。でもこういう時代だからこそ、
この演目を観て欲しいという、浅利慶太さんの強いメッセージを感じた。
構成・演出面でも参考になる部分が多かった。

先日きょんきょんに頼まれてアレンジした「蘇州夜曲」も、
もちろん歌われていた。
三木たかしさんによるオリジナルナンバーも
親しみやすいメロディで、特に「中国と日本〜」と歌われる
主題歌が、なかなか耳について離れなかった。
posted by momo at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

message

3/28フレディ公演のダニエル役きょんさんが出演する舞台を
夕方に吉祥寺シアターまで観に行った。
演目はオリジナル新作ミュージカルの「message」。
きょんさん演ずる月子は、アルツハイマーで自殺してしまった女性。
とても難しい役どころだったが、持ち前の歌声を活かし見事に演じていた。

これまで自分が創ってきた舞台作品は、原作のあるものばかりで、
こういったオリジナル脚本は経験がない。

自分の創作スタンスとしては、原作の表現を
できるだけ崩さすに歌詞を構成するよう心がけている。
フレディや宮沢賢治のような優れた文学は、
そこに綴られている言葉の一つ一つが珠玉の味わいを持っているので、
それらを触媒として音楽的イメージが膨らんでいき、
自然に作曲に入ることができるパターンが多かった。

それに比してオリジナル脚本、特にこの「message」のような、
シリアスなストーリーをミュージカルとして創り上げるのは、
とても大変だと思う。
でも何を置いても、日本においてオリジナルミュージカルを
確立させようとするその姿勢と意気込みに脱帽。
とても刺激になった。

いつか機会があれば、自分もこの分野に挑戦してみたい。
posted by momo at 23:59| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

New Style Concert

ローランド・デジタルピアノNew Style Concert
夜、紀尾井ホールに聴きに行った。

千住明さんと高田万由子さんの司会進行で、
映像とともにピアノの歴史を解説。
その間に、加羽沢美濃さんをはじめとする
ピアニストの演奏が入った。

千住さんの話術は巧みで、一般の音楽愛好家が
知っているようで知らないことを分かりやすく解説していた。
面白い試みだったと思う。
posted by momo at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

家なき子

ばばちゃんから芸劇のミュージカルのチケットをもらったので行ってきた。
宮川彬良さん作曲の「家なき子」。
先日のスウィングボーイズと同じ、ミュージカル月間の公演だ。

あの長編小説をどうやって2時間足らずのミュージカルに
仕立てたのかとても興味があった。
あともちろん音楽も。

休憩なしの1幕にまとめてられていて、
脚本と演出はなかなか工夫されていたと思う。
それに主題歌は耳に残るものだった。
今までに観た国産ミュージカルの中では、良い部類に入ると思う。
出演者の人数が多いから迫力が出るね。
とても刺激になった。
posted by momo at 23:59| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

John Zorn's Cobra 東京作戦

昨夜、渋谷のLa mamaに「John Zorn's Cobra 東京作戦 新春部隊」を
聴きに行った。

ジョン・ゾーン(John Zorn)は、存命中の音楽家の中で
私が最も敬愛している作曲家・即興演奏家。
Cobraとは、1984年にジョン・ゾーンが作曲した、
ゲームの理論を応用した即興演奏のシステム。
約10名のプレイヤーが半円形に一人の指揮者的人物プロンプターを囲み、
19枚のカードとそれに対応したサインによって音楽が作られていく。
詳しくはこちら

東京では巻上公一さんプロデュースの東京作戦シリーズが、
1993年からLa mamaで繰り返し上演されていた。
私が前回その東京作戦を聴きに行ったのは1994年だから実に12年も前だ。
今回東京作戦が開催されるのは2年半ぶりだそうだ。
mixiの<ジョン・ゾーン>コミュで東京作戦再開のニュースを聞き、
久しぶりに聴きに行くことにした。

開場18:30直前にLa mamaに到着。既に店の前には人だかりが。

cobra1.jpg

みんななぜか並んでいる風でもなく、
たまたま立ち位置が良くて開場後一番に入場できた。
La mamaには久しぶりに来たので、内装やステージ位置が
すっかり変わってしまっていた。

ステージ前に長いテーブルが置いてあって、
プロンプター巻上氏が使うカードが並べてあった。

cobra3.jpg

開演前ということで撮らせてもらった。上演中はもちろん撮影厳禁。

プロンプターは、オーケストラの指揮者と同じように
ステージを向いて客に背を向けて座る。
プロンプター席のすぐ後ろも客席になっていて、
その真ん中の一番いい席をキープできた。

今回の編成は、フルート、クラリネット、テューバ、ヴァイオリン、チェロに、
篳篥(ひちりき)琵琶の和楽器、さらにボーカル、ドラム、ベース、ミニ・ムーグ
本当はもう一人ピアニストがいたらしいが、インフルエンザで欠席。
それでもライブが成り立つののもCobraならではだ。

Cobraの面白いところはアンサンブルのヒエラルキーが突如変化するところ。
通常の音楽なら指揮者やバンドマスターが絶対的な権力を持っている。
でも、Cobraにおいては指揮者=プロンプターにプレーヤーが
いろいろと注文をつけ、しかもプロンプターの権限を奪うゲリラが現れる。
それらのやり取りは、全て手のサインで行なわれるから、
観客はプレイヤーとプロンプターの手の動きから目を離せない。
聴覚だけでなく視覚的にも楽しめるのが特徴だ。

もちろん、個々のプレイヤーの即興演奏も素晴らしい。
それぞれが専門の楽器で卓越した演奏技術を持っているのは言うまでもなく、
途中では、テューバの人が縦笛やスライド・ホイッスルを吹いたり、
ヴァイオリンの人がMax/MSPで音響処理を始めたり、
みんなで発声したりと、ありとあらゆる演奏手段が取られる。
そこには予定調和など何もない。常に新鮮な感動があるのだ。

たっぷり2時間堪能させてもらってライブは終了。
前回聴いたときはジョン・ゾーン本人が演奏メンバーだったが、
今回は残念ながらの本人の登場は無かった。
彼は本国アメリカと東京・高円寺と半々ぐらいで生活しているらしいので、
ひょっとしたらと思ったのだが…。
ジョン・ゾーン出演の東京作戦は5月だそうだ。時間が合えば聴きに来よう。
posted by momo at 17:05| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

モオツァルト その3

音楽が人間の生理に及ぼす影響については、
音楽療法の分野で詳しい研究が為されているし、
それらの効用はもちろん看過できない。
ただ、TVなどの多くのメディアの罪は、物事のある一側面だけを切り取って、
正に「クローズアップ」して見せることにより、
視聴者にそれを全景だと思い込ませてしまうところだ。

「モーツァルトの音楽は脳波にいい影響を与える。
 それがモーツァルトが支持される理由」
と短絡的に結論付けてしまって良い訳はない。
まず第一に聴く人の音楽的嗜好によって結果は違ってくるだろう。
クラシックが嫌い、モーツァルトなんて聴きたくないという人を被験者にし、
モーツァルトを聴かせてみて、良い結果が得られるだろうか?
もしかしたらその人にとっては、ツェッペリンビル・エヴァンスを聴いた方が、
脳波にいい影響が出るかもしれない。
モーツァルトを好きな人がモーツァルトを聴いて精神が安定するのは当然。
嫌いな人にまで効果があってこそ、上の論理は成立する。

私自身モーツァルトが胎教にいいという説に騙されて(?)
以前300円の名曲選CDを買ったのだが、
胎内でモーツァルトを聴いて育った姫は、
別段モーツァルトが好きになったわけではなく、
むしろプリキュアの歌の方がお気に入りだ(笑)。

脳波とか胎教とかいうのは、お手軽なイメージを植えつけるための、
セールス戦略に過ぎず、それをマスメディアが助長する。
そんなことで優れた聴衆が育つはずはないのだ。
posted by momo at 16:34| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

モオツァルト その2

今週月曜にNHKのクローズアップ現代で
モーツァルトを取り上げているのを観た。
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku2006/0601fs.html

モーツァルトが人々に支持されるのは
聴く人の脳波にいい影響を与えるからだという、
この手の番組にありがちな切り口。
その道専門の学者が脳波の測定グラフを横に、
いかにも最もらしいことを言う。

一見科学的で説得力があるように思えるが、
このような捉え方は感覚的で根拠のないものだ。
例えば、モーツァルトの音楽を聴くより、
小鳥のさえずりを聞く方が脳内にα波を発生させるとしたら、
モーツァルトより小鳥の鳴き声を聞くほうがいい、
ということになってしまう。

「音楽は世界共通言語」という考え方を否定はしないが、
それが人間の本能に全て根ざしていると断定するのは、
時代錯誤の西洋中心主義としかいえない。
我々がモーツァルトをはじめとする西洋音楽
(クラシックだけでなく、ロック、ジャズ、ラテンなど
 ポピュラーも含めて)
に感動したり、美しいとかカッコいいと感じるのは、
そういう音環境の元で生まれ育ってきたからに他ならない。
未開の土地の住民にモーツァルトを聞かせても、
単なる騒音としか感じないだろう。
音楽と脳波を結びつける論理のほとんどには、
そういう視点が完全欠如している。

モーツァルトの魅力というのは、そんな表面的なものではないのだ。
posted by momo at 10:26| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

モオツァルト その1

今年はモーツァルト生誕250年ということで話題になっている。
それで、ちゃんがモーツァルトのCDを聴きたいというので、
CDラックを探してみたが見当たらない。
1000枚近くあるCDの中に何とモーツァルトが1枚もないのか…?

モーツァルトは、高校時代に自分がピアノを弾くにあたり、
解釈の参考としていろいろなピアニストのレコードを買って聴いた。
だから岡崎の実家に帰れば、モーツァルトのLPレコードは腐るほどある。
中でもグールドの弾くモーツァルトは擦り切れるほど聴いたっけ。
ピアノ曲だけでなくシンフォニーや室内楽も聴いてみた。
演奏家や指揮者による解釈の違いで、視える世界がまるで違ってくるのが
面白くて仕方なかった。
高校生の自分にとってモーツァルトは格好の教材だったのだ。

それが大学に入りレコードからCDになって現在までは、
よく考えてみると古典派のCDってほとんど買ったことがない。
1000枚近くのCDはほとんどが20世紀のクラシックで、
17〜18世紀よりはむしろ16世紀のルネッサンス期の方が多いくらいだ。
テレビやラジオで常に流れていてすぐ聴けるような曲には触手が伸びなくて、
巷ではあまり耳にできないようなものを主に買っている。

ところが、ラックの棚をくまなく探していると、
一枚だけモーツァルト名曲選みたいなCDが見つかった。
思い出してみると、姫が生まれる前モーツァルトが胎教にいいというので、
新宿駅南口のコンコースで300円で買ってきたやつだ。
とりあえずそれをちゃんに渡しておいた。
posted by momo at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

へそくりRockハウス

きらきら公演でオオカミ役を演じてもらってる中井さんの出演する、
へそくりRockハウス」という演劇を観に、愛知県芸術劇場小ホールへ。
前にISEAの演奏会でこのホールを使ったことがあるが、
手ごろな大きさで使いやすい。

3日公演の今日が楽日。セットがなかなか凝っていた。
中井さんが仕込みが大変と言っていたのも頷ける。
内容も面白かった。おつかれさまでした。
オオカミもよろしくお願いします。
posted by momo at 20:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

一粒の種

「銀河鉄道の夜」のメンバーまちこちゃんが出演している、
愛・地球博瀬戸会場日本政府館で絶賛上演中の
群読叙事詩劇“一粒の種”」を観に行った。
万博期間中1日20公演を、1日交替のシフトで演ずるというハードな舞台。
その合間を縫って、まちこちゃんは銀河鉄道の方もリハ〜本番と
ホントに良くやってくれた。

万博開催中の地元愛知県には公演準備のため何度も来ていたが、
時間がなくて万博会場へは行くことができなかった。
9日の銀河鉄道公演が終わってやっと余裕ができたので、
念願の「一粒の種」を観ることができた。

想像をはるかに超える、パワー溢れる舞台に圧倒された。
音響、照明、映像、演出、そして役者たちのチームワーク。
どこを取っても妥協のない洗練された仕上がり。
何度も観に来るリピーターが多いというのもうなずける。
舞台作品の創作に携わる者として、深い感銘と強烈な刺激を受けた。

まちこちゃん、おつかれさま!

posted by momo at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

ウルトラマン

渋谷から帰宅して夕食を食べた後、テレビを付けたら、
東京MXテレビウルトラマンをやっていた。

今ちょうどスペースシャトルで船外作業をする様子が
ニュースで伝えられているが、同じように
宇宙でハヤタ隊員が機外に出るシーンがあり、
そのあまりの軽装備に笑ってしまった。

でも、この作品が自分の生まれる前に作られたかと思うと、
円谷プロはすごいと思った。
ウルトラマンシリーズも中断こそすれ、現在でも脈々と
新シリーズが続いているのも、これまたすごいことだ。
posted by momo at 23:55| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

オンディーヌ

学校周りの後、夜は劇団四季オンディーヌを観劇するため、
愛知厚生年金会館へ。
昨年、私の作品「葉っぱのフレディ」のフレディ役を何度も演じてくれた
やよいちゃんの四季初舞台だ。
四季の原点であるフランス物のストレートプレイで見応えがあった。
3幕で3時間近くのステージを飽きさせない進行、ド派手なセットを駆使した演出、
そして四季のスター役者たちの演技、すべて見事だった。

やよいちゃんは、オンディーヌの妹分の水の精や、宮廷貴婦人の役で登場。
石丸幹二さんの膝の上で歌うシーンもあり面白かった。
身内の贔屓目でなく、水の精の歌の中で彼女が一番だった。
普段のやよいちゃんと違う芸風で楽しめた。

3幕もあると、さすがに休憩時はトイレに行きたくなったが、
何と通常男性用のトイレを女性用にして、男性用は身障者用一箇所のみ。
それでも女性は行列していた。四季の客層の女性率の高さを物語るね。

終演後、やよいちゃんに面会。舞台女優の貫禄が漂ってた。
一週間の名古屋公演の後は、また日本全国を回る日々。
体に気をつけてがんばってね。
posted by momo at 22:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月30日

映画鑑賞

新聞屋に貰った映画のタダ券の期限が明日までなので、池袋の映画館に観に行った。
11時開始なら本編は11時10分くらいから始まるだろうと思って
そのくらいに映画館に到着したら、情報が間違ってて10時40分開始だった。
残念ながら始めの部分を見逃した。

観た映画は「四日間の奇蹟」。
劇場公開される実写の邦画を映画館で見るのは、何年ぶりだろう。
ネットで評判をチェックしたらボロボロだったので、
たいして期待しないで行ったらまあそれほど悪くなかった。
でも、実際にはありえないようなファンタジックなストーリーが、
普通のドラマのようなタッチで進行するのは少し違和感を覚えた。
加羽沢美濃さんの音楽は秀逸。ピアニストが主人公の映画だけに力が入っていたかな?
posted by momo at 15:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

DVD

今日は一日自宅作業。銀河鉄道の広告物制作、依頼された弦アレンジなど。
夕方息抜きも兼ねて、幼稚園から帰宅した姫を連れて、自宅近くのTSUTAYAへ。
自分が必要だった資料とともに、セーラームーンのDVDを借りさせられた。

セーラームーンが未だに幼児に人気があるのは驚き。かなりのロングセラーだよね。
15年ほど前にセーラームーンのキャラターゲームの音を作ったことがあって、
スタジオに月野うさぎ役の声優・三石琴乃さんを呼んで、声録りしたっけな。
懐かしく思い出しました。
posted by momo at 18:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする