2015年05月25日

みうらまいこライブ

最近よくご一緒させていただいている、
名古屋出身のシンガーソングライター
みうらまいこさんのサポートで、
六本木モーフのステージに立ちました。

このライブの一部がTV放映されるとあって、私も緊張。

本番前のキーボード

IMG_2348.jpg

本番のステージ

10407176_499673973523716_6058054487691212606_n.jpg

おなじみのオリジナル三曲を演奏。
どこか懐かしさを感じさせるキャッチーなメロディの曲ばかりです。

みうらまいこさんのブログはこちら。
「みうらのえくぼ」
http://mmaiko.toplite.main.jp
posted by momo at 21:00| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | アレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

忘れ得ぬあの日

友人Oくんの結婚式に出席するため愛知県岡崎市の実家へ帰省した。
土曜の仕事を渋谷で20時に終え、東京駅から最終のひかりに乗車。
普段の帰省には東名高速バスを利用することが多いが、
翌日は朝から結婚式だ。
しかも披露宴でピアノを弾かなきゃいけない。
夜行疲れの眠気まなこでは、いい演奏はできないだろう。
そう考えて豊橋までの指定席を予約してあった。

豊橋で新幹線から名鉄に乗り換えて、
東岡崎駅に着く頃には日付をまたいでいた。
父に駅まで車で迎えに来てもらい実家へ。
翌日の結婚式での演奏に備えて、入浴後すぐに眠りについた。

明けて結婚式当日、1月15日(日)。
当時「ハッピーマンデー」という
月曜に祝日を集中させる制度はまだ無くて、
毎年1月15日が成人の日で祝日だった。
だから、毎年の結婚記念日を仕事休みでお祝いできる、
というのがO夫妻がこの日取りを選択した理由。

新郎新婦ともに僕の高校の同級生で、長い交際期間を経ての挙式。
彼らの晴れの宴でピアノ演奏をリクエストされた僕は、
発売されたばかりの「Dolphin Blue」という
映像作品のために作曲した曲を演奏。
イルカが群れをなして大海を泳ぐシーンに付けた曲だ。
彼らが自然をテーマにした映像を
好んで観ていることを知っての選曲。
打込みで作った原曲からピアノアレンジ譜を書き起こし、
今ほど人前でピアノを演奏する機会が無かった当時の僕は、
仕事の合間に練習を重ねて本番に臨んた。
その準備の甲斐あって、O夫妻にはとても喜んでもらえた。

15日が日曜で祝日だったため、16日は月曜だけど振替休日。
実家でのんびりと過ごした。
翌火曜日は朝から打ち合わせが入っているため帰京。
打ち合わせに備えて、帰りも新幹線移動を選択した。

豊橋から朝一番のひかりに乗車するためには、
午前6時7分東岡崎発の名鉄急行に乗らなくてはいけない。
早起きして父の車で送ってもらうことになった。
そして1月17日(火)午前5時45分ごろ、先に玄関を出た僕は、
一人助手席で父が来るのを待っていた。

そのときだった。
車が大きく縦に揺れた。
今まで経験したことのない揺れ方だった。
初めは地震だと気付かず、
誰かが外で車を揺すっているのかと思ったくらいだ。
でも違った。地震だった。長い長い揺れだった。

揺れが収まって父がやって来た。
「今の地震だったのかな?」「そうだろうな」
電車の発車時刻が迫っていた僕は、
地震についてそれほど深く語っている余裕は無く、
車が駅に着くと急いで電車へと向かった。

あの揺れが関西地方で起こった大地震だと知ったのは、
東京へ到着してからのことだった。
朝一番の新幹線で、震源の方角とは真逆へ移動したため、
列車の遅れは全くなかったが、
その後の新幹線のダイヤは混乱を極めていた。
始発に乗っていなければ、東京までの道のりは
恐らくものすごく長い時間を費やしただろう。

何より、震源から何百kmも離れた岡崎の地が、
あそこまで激しく揺れたことに驚いた。
そして、その自分が直に感じた揺れで、
何千人もの人の命が失われたことがショックだった。

あれから今日でちょうど20年。
改めて阪神淡路大震災で亡くなられた方々の
ご冥福をお祈りいたします。

10917447_833367940035527_9000413705460664815_n.jpg
posted by momo at 12:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月29日

「蛇の目鮨」下見

6/14(土)の寿司食べ放題LIVEの会場となる「蛇の目鮨」さんへ下見に行って参りました。
下見ついでに「創作寿司定食」をいただきました。
盛り付けも美しいですが、お味の方もとても美味しかったです。

10353538_715906175115038_3767319370721011776_o.jpg

おかげさまで一部二部ともに満席となりました。
我々のユニット「Scent of Unripe Peach」も
メンバー三人気合い入れて臨みます!

10321621_715906331781689_3144134977485035395_o.jpg

ちなみに、このライブイベントは以下の団体各位の主催・企画によるものです。皆様のご努力に惜しみない敬意を払わせていただきます!
主催:岡崎明大寺商店街振興組合
企画:ひがおかRevive事務局(後援等略)
【REVIVE LIVE PROJECT】
プロデュース・運営:鶴田公男(会場店主)・中口潤(イベント統括)及びREVIVE事務局有志(個人名略)
FACEBOOKページはこちら
https://www.facebook.com/higaoka.re/?fref=ts

10317701_715906235115032_5905730597820290233_o.jpg
posted by momo at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月02日

桜満開

自宅の前の石神井川の桜が満開になりました。
引っ越してちょうど一年になりますが、
昨年は桜の時期が早かったので、
この風景を見ることが出来ませんでした。
朝玄関を開けると色鮮やかな桜の木々に出迎えられる
というのはとってもいいものですね。

1397549_687602731278716_1654435092_o.jpg

1956691_687602917945364_196991762_o.jpg

1966304_687602971278692_1531026927_o.jpg
posted by momo at 11:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月20日

HALPOM "Power of Music"

一昨日の夜に行われた学生のライブイベント"Power of Music"
私も最後の教官バンドに参加しました。
学生自身が企画運営して、我々はゲストに招かれただけ。
学年や学科の枠を超えた、とてもよいイベントになりました。
みんな、お疲れ様でした!

1795814_389548997852172_513375139_o.jpg
posted by momo at 08:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | HAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月23日

JSEM 電力芸術演奏会2013

表面.jpg 裏面.jpg

来る12/8に名古屋・伏見の電気文化会館にて、所属する日本電子音楽協会の定期演奏会が行なわれ、電子音楽の新作「Motet 2013」を出品します。

今回の作品では岡崎市在住のソプラノ歌手、平康悦子さんに独唱をお願いしました。
悦子さんの生の歌声とリアルタイムコントロールされるハーモナイザーによるポリフォニーを中心に展開され、曲中には彼女の声をサンプリングしたバーチャルシンガー(「メカえっちゃん」と呼んでます)との即興セッションもあります。そして、バックグラウンドも全て、悦子さんの声をシンセサイザー加工した音源により演奏されます。
「全ての楽音が一人のソプラノ歌手の声から生成される多声音楽」が今回の作品コンセプトです。

日曜の夜というタイミングですが、お時間ごさいましたら是非聴きに来て下さい!!
チケットご希望の方は、メッセージでお知らせいただければご用意させていただきます。

♪JSEM 電力芸術演奏会2013
◆日時:2013年12月8日(日)17時半開場 18時開演
◆場所:名古屋電気文化会館イベントホール
◆入場料:3,000円
◆主催:日本電子音楽協会(JSEM)
http://jsem.sakura.ne.jp/
◆作品出品者:三輪眞弘、水野みか子、大谷安宏、福島諭、岡本大典、門脇治、中川善裕、桃井聖司
posted by momo at 18:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本電子音楽協会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月08日

映画「Father」岐阜にて先行上映!

f_pr.jpg f_pr2.jpg f_dachi_pr.jpg

私、桃井聖司が音楽を担当した映画「Father」
いよいよ全国に先駆け岐阜県にて一般公開されます。
http://www.father-movie.com/

映画「Father」は「父の愛」をモチーフに展開する三話のオムニバスストーリー。
そのうち、私は「俺の屍を越えてゆけ」「手を伸ばせば」二話の音楽を担当。
そして「手を伸ばせば」の音楽は、愛知県岡崎市を中心に活動するピアノトリオユニット、“Triade”(Vn:伊東かおり、Vc:中尾恵子、Pf:桃井聖司)が演奏しています。

<映画「Father」上映情報>
★6/12(水)19:00(開場18:30)
岐阜県土岐市駄知公民館大ホールにて初上映!
※上映後舞台挨拶
第一話「ヴァージンロード」より、桜木梨奈、松田ジロウ
第二話「俺の屍を越えてゆけ」より、尾関伸嗣、水野直
第三話「手を伸ばせば」より、青柳尊哉、花ヶ前浩一、正木佐和、月野木隆監督

★6/29(土)〜7/12(金)
岐阜CINEXにて2週間ロードショー!
http://www.tochiko.co.jp/
<上映時間>毎日14:50より
※6/29、30は上映後
桜木梨奈(第一話「ヴァージンロード」主演)
尾関伸嗣(第二話「俺の屍を越えてゆけ」主演)
による舞台挨拶、トークショー予定

岐阜県庁のサイトにも上演情報が掲載されています。
併せてご覧いただければ幸いです。
http://www.pref.gifu.lg.jp/kanko-bussan/shiru/film-commission/

岐阜県、愛知県にお住まいの方、是非足をお運びください!
posted by momo at 08:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画「Father」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

おりべえ会の記事が中日新聞に掲載されました!

oricon_kiji.jpg

本日の中日新聞夕刊の社会面(後ろのTV欄を開いたところ)右側に、5/5日曜日に岡崎市民会館で開催される「織部一良先生退職記念演奏会」の記事が掲載されました。西三河だけでなく東海三県全体での掲載です。

織部先生は35年の間、西三河の吹奏楽の発展に寄与され、今年度で退職されます。先生が赴任された岡崎市内の4中学校+1小学校の卒業生が、先生への感謝の意を込めて演奏会を企画しました。公立の小中学校で、しかも学校の枠を超えてこういった企画が実現するのは、全国的にも例を見ないことだと思います。

私は、先生の教え子のプロの音楽家の皆さんと共に、第二部アンサンブルステージでピアノを弾きます。また、第三部で現役中学生と卒業生の合同吹奏楽団で演奏される「甲山・美川・岩津・北 〜 四校の校歌によりメタモルフォーゼ」は、私が今回関わった4中学の校歌を1曲につなげてアレンジした、この演奏会のためのスペシャル楽曲です。

東海地区にお住まいの皆様、本日の中日新聞夕刊の記事を是非お読みください。
そしてお時間ありましたら、5/5(日)14時から岡崎市民会館で開催の「織部一良先生退職記念演奏会」へ、是非足をお運びください。入場無料です。

演奏会を企画するおりべえ会の公式サイトです。
http://oricon.mm-op.com

★ 演奏会チラシ画像 ★

oricon_omote.jpg oricon_ura.jpg
posted by momo at 18:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 吹奏楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月29日

あさももライブ終了!!

asamomo1.jpg asamomo2.jpg

昨日あさももライブ、無事終了いたしました!
おかげさまで満席のご来場をいただき、お客様の温かい拍手と声援に包まれて、
出演者一同気持ちよく楽しんで演奏できました。
ご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました。

共演の麻未さん、睦美さん、ゲストの里香さん、
同じステージで演奏できて幸せでした。
言い尽くせないくらいの感謝の気持ちでいっぱいです。

そして岸田敏志さんとの「きみの朝」と
「世界が終わる夜のように」(ミス・サイゴン)。
普段あまり緊張しない私ですが、流石に「本物」との共演は緊張しました(笑)
「きみの朝」はリハで「テンポが遅い」と言われていたのですが、
本番は速くなりすぎたようです。
また機会があったら、リベンジさせてください。
 
posted by momo at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | うつくしい のはら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

Asami and Momoi Spring Live 2013

間際のご案内となってしまいましたが、4/28(日)夜に
恵比寿アートカフェフレンズにてライブに出演します。

音楽劇「銀河鉄道の夜」や「葉っぱのフレディ」など私の舞台作品で、
たびたび主演を務めていただいている、ミュージカルシンガー岡村麻未さんとの
通称「あさももライブ」久しぶりの開催です。

メインプログラムは、漫画家・西原理恵子さんの作品を原作に、
私、桃井聖司が脚本・音楽を書いた、音楽詩「うつくしい のはら」です。
原作は、浦沢直樹さんの名作漫画「Pluto」に捧げられた美しい短編漫画で、
西原さんと版元の小学館さんのご快諾のもと、2008年に一人ミュージカルとして舞台化。
その後は東京、愛知をはじめ、各地でたびたび上演させていただいています。

他にも、私の「音楽劇“銀河鉄道の夜”」より「夜空に輝く星たちよ」、
岡村麻未さんのオリジナル楽曲「あなたに会えて」「ひかり」をはじめ、
ミュージカルナンバー、ディズニーソングなどを演奏します。

ヴァイオリンは、今回「あさもも」初参加の鈴木睦美さん。
ジャンルレス・ヴァイオリニストとして、
元カシオペアの向谷実さんとユニットを組まれていたり、
テレビドラマや特撮ヒーロー物の音楽の演奏も多く担当されています。

そして、ゲストシンガーは水野里香さん。
水野さんは、これまでに多くのミュージカルステージに出演し、
現在は劇団「ひまわり」の指導もされている実力派シンガーです。
迫力のソロナンバーと、岡村麻未さんとの息の合ったデュエットが
聴きどころです。

そしてそして、今回は岸田敏志さんがスペシャルゲストとして
遊びに来てくださいます。
岸田さんは、東宝「ミス・サイゴン」初演クリス役をはじめ
数々のミュージカルステージに出演される一方、
「1年B組新八先生」「渡る世間は鬼ばかり」などのドラマで、
俳優としてもご活躍されています。
「ミス・サイゴン」初演キャストの名調子に加えて
もちろん、あの往年のヒット曲も歌っていただく予定です。

GWのひととき、お時間ございましたら是非聴きにいらしてください。

以下詳細です。


〜Asami and Momoi Spring Live 2013〜

▼日時▼
2013年4月28日(日)
18:00 オープン. 19:30 スタート

▼会場▼
アートカフェフレンズ
(東京都渋谷区恵比寿南1−7−8恵比寿サウス・ワンB1
03-6382-9050 /恵比寿駅西口より徒歩2分)
http://www.artcafefriends.jp

▼入場料▼
Charge \3000円+1st Drink \500円

▼出演▼
岡村麻未(ヴォーカル)
鈴木睦美 (バイオリン)
桃井聖司(ピアノ)

▼ゲストヴォーカル▼
水野里香

▼スペシャルゲスト▼
岸田敏志

▼演奏曲▼
音楽詩「うつくしい のはら」(西原理恵子/原作、桃井聖司/脚本・音楽)
「夜空に輝く星たちよ」 〜 音楽劇“銀河鉄道の夜”より (桃井聖司/作詞・作曲)
「あなたに会えて」「ひかり」(岡村麻未/作詞・作曲)
ミュージカル「レ・ミゼラブル」「ミス・サイゴン」「ウィキッド」より
ディズニー「リトル・マーメイド」「美女と野獣」「ポカホンタス」より



ご来場を心よりお待ちしております!
 
posted by momo at 07:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | うつくしい のはら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

運動会とレコーディング

今日は息子の幼稚園の運動会。
にわか雨で中断しましたが、何とか最後の競技まで辿り着きました。
土曜は大抵仕事が空かないので、
一昨年、昨年と運動会に行けなかったのですが、
最後の年にやっと参加できました。

夕方からは渋谷で自作品の合唱伴奏レコーディング。
来週本番で、私はバックで鍵盤ハーモニカを吹くのですが、
本番まで合唱の皆さんとの練習に全く参加出来ません。
そこで、ピアニストの若葉様にご足労いただき、
二人で演奏した伴奏を合唱練習用に録音させていただきました。
手筈もスムーズ、いい感じで録れましたo(^-^)0

録音終えて、夜は学校に出勤して事務作業。
ただ、メンテナンスのために20時でサーバが止まってしまったので、
予定していた作業は持ち越しでした。
 
posted by momo at 23:30| 東京 ☀| Comment(0) | アレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

「音楽劇“銀河鉄道の夜”」博多公演稽古見

(前の日記からの続きです)

博多リバレインホール」下見のあと、
川沿いのお洒落なカフェでお茶をしてから、
稽古が行なわれるアクティブハカタさんの事務所に向かいました。
到着してからも稽古開始まで少し時間があったので、
社長の中村さんにご挨拶をさせていただき、
しばし「宮澤賢治」談義に花が咲きました。

今回の「音楽劇“銀河鉄道の夜”」博多公演は、
中村さん自ら演出をしてくださっています。
私が脚本と音楽を書いた作品ですが、当然のことながら
演出家が作品をどう解釈し、何をお客様に一番に伝えようと考えるかによって
上演されるものは大きく変わってきます。
今回の公演ではどんな「銀鉄」が育っているのか、とても楽しみです。

そしていよいよ稽古開始!
稽古場は予想以上に広く、余裕を持って稽古が出来る感じでした。
真島くんに案内されて私が入室したときには、
キャストもオケの皆さんもスタンバイ済み。

主役ジョバンニは中学生。そして相手役カンパネルラは小学生。
劇団四季の福岡公演にも出演している優秀な子役の女の子たちです。
今までこの作品のジョバンニ・カンパネルラ
(我々は「ジョバカンパ」と略して呼んでます)
は、大人の俳優が演じていました。
でも、彼女たちのように小中学生ならば、
ほぼ等身大で演じることができるのではないかと思います。

脇を固める役者の方々は子供と大人が半々くらい。、
特に年配の役者さんは、味のある芝居が期待できそうです。
オケのお三方も地元で活躍している奏者の方々で、
稽古前から入念なウォーミングアップ。
とても安定感のある音を出されていました。

小道具「プリオシン海岸」の看板。
kanban.jpg

しっかりとした造りですね。

そして、アクティブハカタさん所有の秘密兵器、
本番で使用するプロジェクタです。
projector.jpg

ボディの大きさにたがわず、かなりの光量でした。
このプロジェクタを使いステージ背面のホリゾントに
絵やムービーを映し出します。
写真右側でMacを操作されているのが、
アクティブハカタ社長であり演出家でもある中村さんです。

時間になったので、まず第一幕から稽古を進めていきました。
とりあえずは全体を見せてもらって、その後細かい部分を
指摘しようと考えていました。

芝居の稽古は、比較的段階が進んでいるように感じました。
賢治に造詣が深い中村さんの演出意図を、
役者の皆さんがしっかり汲み取り演技できていたと思います。

その一方で、歌に関しては、これまでの稽古で
生オケと合わせる回数がそれほど多くなかったということもあってか、
キャストのオケの呼吸がなかなか合いません。
しかも曲のテンポが全て遅い。
歌い手と奏者がお互いに探り合うから尚更遅くなるんですね。

今回の博多公演では、公演時間制限が80分だったので、
それに合わせて脚本や楽曲をカットしました。
でも歌のテンポが遅くなると、せっかく削ったのに、
本番で時間オーバーしてしまう可能性があります。

しびれを切らせて、途中から私が指揮に入りました。
奏者三人のオケなので、この演目では指揮者を立てません。
でも、歌のテンポの重心が定まらないままの稽古を続けても意味がありません。
当初の方針を変更し、歌の表現の細かいところまで直しつつの
じっくりみっちり稽古に切り替えました。当然時間がかかります。
時計をちら見しながら最後までは行けないだろうなと思いつつも、
このままおざなりには済ませられないので、
一曲一曲丁寧に稽古をしていきました。

残念ながら第一幕が終わったところでタイムオーバー。
私が空港へ向かわなくてはならない時間となりました。
明朝の始発だとどうしてもその日の仕事に間に合わないので、
今日のうちに東京に帰らなくてはならなかったのです。

稽古見はあっという間でしたが、作者である私の想いは、
キャストや奏者の皆さんに充分に伝わったのではないかと思います。
第二幕を細かく私が見なくても、第一幕の流れで、
きっと理解してもらえるでしょう。

真島くんに空港まで送ってもらい、急いでお土産を買い、
飛行機に乗り込みました。

to be continued...
 
posted by momo at 21:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀河鉄道の夜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いざ博多へ

昨夜の平塚でのシネマ愚連隊「小人探偵 多羅小伴内」撮影の興奮も醒めやらぬ中、
本日は今月27日開催の「音楽劇“銀河鉄道の夜”」博多公演の稽古見のため、
羽田から福岡空港へと向かいました。

「音楽劇“銀河鉄道の夜”」は、宮澤賢治さんの代表作を題材に、
私が脚本と音楽を書いたミュージカル作品で、
05年に岡崎市コロネットで初演して以来、各地で再演を重ねています。

09年の東京公演で「鳥捕り」と「インディアン」の二役を演じてくれた真島邦英くんが、
現在は郷里の博多でアクティブ・ハカタという芸能プロダクションの一員として活躍中。
今回の博多公演はアクティブ・ハカタさん主催の下、真島くんの主導で企画を進めてくれました。
地元の中学生対象の鑑賞会として行なうホール公演です。

27日の本番は観に行けないのですが、稽古を一度見て欲しいとの依頼を受け、
17日の敬老の日で打診したところ、先方とスケジュールが合わず、
後は本番までで唯一空いていたのが本日23日秋分の日でした。


博多へ向かう機上から撮った「雲の絨毯」
 
cloud.jpg
 
二時間弱で福岡空港へ到着。早いものです。
 
fukuoka.jpg
 
羽田や成田と違って、結構街中に空港があるんですね。

程なくして真島くんが迎えに来てくれました。
稽古開始までまだ時間があるので、まずは博多駅へ。
 
hakata.jpg
 
駅ビルの中にあるラーメンストリートで、老舗「だるま」の
本場博多ラーメンをご馳走になりました。
 
daruma1.jpg
 
有名人のサインが所狭しと並んでます。
 
daruma2.jpg
 
さすがに本場の味は違いますな。
 
daruma3.jpg
 
ご馳走さまでした!

その後、アクティブハカタさんが来月10月にオープンする予定の
博多リバレインホール」へ特別に案内していただきました。
 
riverain.jpg
 
ファッションビルの一角に新しく登場したホールが博多のカルチャーを牽引していく、
…そんな意気込みを感じる充実した設備でした。
博多でミニライブ開催などお考えの皆さん、
この「博多リバレインホール」絶対オススメですよ。

そして、いよいよ稽古見の時間がやって参りました…
to be continued...
posted by momo at 17:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀河鉄道の夜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月22日

撮影本番!

本日は満を持しての「小人探偵 多羅小伴内」主題歌歌唱シーン撮影日。
ヒロイン百合絵が、自らの誕生日パーティで
かつての恋人一馬を想いながら熱唱する重要なシーンです。

普段私は作曲家として、出来上がった映像に音楽を付けるのが任務です。
でも、今回は何と作曲家役として映像本編にも出演することになりました。
初めは百合絵が歌うバックでのピアノ演奏だけのつもりでしたが、
送られて来た脚本を読むと、私にセリフがあるではありませんか!
相談も無しにセリフを入れるとは監督もお人が悪い^^;
登場シーンは少しだけなんですけど気が抜けません。

ロケ現場に出向く前に、まず渋谷のスタジオで、
百合絵役の桜木梨奈さんと二人で歌の最終合わせをしました。

梨奈さんは女優であって歌手ではないので、ピアノ伴奏で歌うのは今回が初めて。
昨日からの度重なるリハで、ピアノ伴奏に慣れて来てはいるのですが、
どうも歌から「固さ」が取れない…

そこで、試しに歌詞を台詞として読んでもらいました。
すると、読みながら梨奈さん号泣T_T
どれだけ彼女が役に対して想いを込めているのかが分かります。
「その感情を素直に歌に乗せればいいんだよ」とアドバイスしたところ、
固さが取れていい感じに仕上がりました。

リハ終了後、平塚へ移動。
昨日の下見では暗くなってからのロケ現場到着だったので
明るいうちに外観をもう一度撮ってみました。
 
hiratuka02.jpg
 
やはり素敵な洋館ですね。

出番の前にユカ役の吉田裕美さんとツーショット。
 
yuka.jpg
 
ユカにもベートーベンのソナタ「月光」第二楽章を弾くシーンがあって、
裕美さんに若干の演奏アドバイスをさせてもらいました。

私の出番は、まず百合絵との会話シーンから。
緊張はしなかったのですが、演技というものに慣れていないので、
加減がわからず無我夢中のうちに終わりました。

そして肝心要の歌唱シーンは、伴奏しながら鳥肌が立つほどの出来。
度重なるリハーサルの甲斐がありました。
多くは語りません。完成映像をどうぞ楽しみにしていてください。

今回の撮影には、シネマ愚連隊の映画を彩った歴代の主演女優さんたちも、
友情出演で駆けつけてくれました。
 
actresses.jpg
 
左から、真美子さん、三坂知絵子さん、正木佐和さんです。
これだけの美女に囲まれると、やはりいい気分ですね^^

作曲家というのは、映像関係のお仕事では基本的に「ポスプロ」に属する職種なので、
撮影現場に出向くことは滅多にないのでですが、今回撮影に参加できてとても刺激になりました。
関係者の皆様、どうもありがとうございました。
 
posted by momo at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | シネマ愚連隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

撮影下見

明日の歌唱シーン撮影の下見のために、平塚にある旧横浜ゴム平塚製造所記念館へ。
到着したころには暗くなっていましたが、想像していた以上のとても素敵な洋館でした。
中では今日も撮影が行なわれています。
 
hiratuka01.jpg
 
広間のピアノはヤマハのグランドでしたが、思ったよりコンディションがよかったので、
カメラに写らない位置にマイクを立てて、本番の演奏を収録することにしました。
明日は仕込みが大変だ。
 
posted by momo at 23:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | シネマ愚連隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする